ダウンした後は 廿四味茶でケアをして

朝食はホテルの部屋でした。
早朝散歩の帰り、7:00頃から開く麵飽餅店(パン屋)に寄って、
蛋撻(エッグタルト)と巻蛋(ロールケーキ)と菠蘿飽(パイナップルパン)を買ってきて。
そうそう、
4~5年前までは、麵飽餅店へ朝食を買いに行くと、
あれもこれも・・・と6~7種類ものパンを
自分と太太の二人のために買い求めてきてしまう毎日だった僕。


それを思えば、
ここ数年で、朝食のパンを食べる量は、半分ほどになり、
やっと人並みになりました。
昔は、大食いし過ぎていました。

たくさん食べられなくなってきたこともあるけれど、
朝食からエンジン全開にしてしまうと、
楽しい昼食を思い切り美味しくいただけませんからね。
少し自重できるようになったのかもしれません。(笑)

・・・でも、この朝は、朝食もろくには摂れず・・・。
朝からなんだか食欲がわかなかったのです。

『二人で歩いて中環まで行って、
 その足でスターフェリーに乗って尖沙咀へ渡り、
 重慶大廈の中のカレー屋さんでいろいろ食べておこう・・・』
という朝の予定も自然消滅してしまい、
どうもお疲れ気味の自分の身体を休めようということにしました。



e0248743_7164073.jpg




スターフェリーと尖沙咀を諦めて、
太太に悪いなあという気持ちを持ちながらも、どうしても疲れを消せないので、
中環からまた歩いて上環のホテルに逆戻り。
上環近辺から太太は一人散歩に出るということで、
僕はホテルの自分の部屋へ。

幸い、部屋の掃除は終えられていたので、
まっさらなシーツに身体を横たえて、眠りこけました。

滞在のほぼ中間くらいになる8日目あたりになると、
疲れを自覚する自分が毎度なのですが、
ベッドに入って眠ったのは初めて。
3時間半ほどかな、眠りました。

夕方近くになって、目が覚めてとても身体が楽になっていたので、
もうひと押しこれ以上疲れを引きずらないようにしておこうということで、
ホテルを抜け出して、まだ明るい街へ。

涼茶舖のスタンドに陣取って、
今後のために念を入れて、廿四味茶(二十四味茶)を。
(お茶のことは、こちらに。)



e0248743_7275153.jpg


e0248743_728452.jpg


e0248743_7281615.jpg


e0248743_7284119.jpg


e0248743_7285717.jpg




おばちゃんが、スタンドの瓶から注ぎ入れてくれた真っ黒な液体を
ゴクゴク、ゴクゴク。
とてもとても苦い・・・というか、美味しくはない廿四味茶ですから、
ひと息で飲み干したかったのですが、
それは不可能というもので。。。
瓶から入れてくれたので、熱くて苦味倍増だったんですよね。(笑)

2度に分けて飲んだんだっけかなあ。
いや、3度かなあ。
けっこう量があるんです。
・・・なんとか飲み干して、スタンドをあとにしました。



e0248743_7311853.jpg




その後、散歩を終えて戻ってきた太太と落ち合って、トラムで天后へ。
晶晶甜品でデザートを食べ、元気に銅鑼灣を経由して灣仔まで歩き、
身体と気持ちとが回復したことに安堵しながら、
夜の街歩きを楽しめたのでした。
ただ、
残念だったのは、昼間の自分の体調。
でも、
こういう時は、早めに休むのがいちばんですものねえ。
香港に居られる「香港熱」で興奮している毎日が続いてて、疲れたのでしょう。
何事もほどほどに・・・が必要なのかもしれません。
気持ちが向くと、一直線でそこへ目指してしまう自分なので、反省です。
・・・重慶大廈での久しぶりのインド料理は、食べずじまいだったなあ。
夕食は、超級市場(スーパー)で買ってきておいた日清の激辛カップ麺でした。。。

かさばるので、自宅へのお土産用には決して買わないカップ麺。
いつも袋麺なのですが、
このときの訪港では、珍しくカップ麺を買ってきてありました。
このカップ麺は、なぜ買ってきたのか、
また、
ホテルの部屋でどうやって食べたのか。
そのあたりは、まだ別の機会に書きたいと思います。

042.gif
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by dandelion at 2014-01-17 09:12 x
こえださんがダウンするなんて!?とビックリしました。いつも元気で食欲全開な人が寝込んだら、太々さまもさぞ心配されたことでしょう…。男性は普段から飛ばし過ぎてる気がします。女性はもうちょっと八分目くらいに微調整しているような…。香港には気軽に立ち寄れる心強いスタンドがあっていいですね~!これからも体調に気をつけて楽しい旅を続けて下さいね♪


Commented by びろちん at 2014-01-17 18:02 x
私も一度だけホテルで数時間ダウンした事があります。無理は禁物ということでシャワーを浴びまっさらのシーツでZZZ。帰国後友達に話したらなんて勿体無い!!と言われましたが一人旅でしたし、健康第一ですもんね。こえださんのお気持ちよーくわかります。
Commented by chintau at 2014-01-17 20:39 x
疲れた時はお昼寝ですね。そして、廿四味。さすがこえださん、現地の方になっておられます(笑)
ちょっとした不調に、すぐ漢方茶が飲める香港って、やはりいいですね〜。
Commented by いずたまある at 2014-01-18 06:43 x
私も一人香港の時は大抵二日目の午後は早めに帰ってきて
16時ごろからプシュして寝ます。
翌朝早く目を覚まして、残りの街歩きを元気に楽しみます。
きっと移動と到着の安心感で疲れが出るのでしょう。
疲れた時は無理せず休んだ方が良いですね。
パートナーが居ると余計に感じます。
Commented by nicho at 2014-01-18 07:11 x
ダウンされたのですね、「香港熱」よ~く分かります!
基本独り旅な私も1日は早めに切り上げてホテルでのんびり。次の日がありますもの!翌日からを楽しむ為には身体も少し休めないと興奮しっぱなしですものね。
漢方茶とはさすがコエダさん!これにはまだ手をつけた事がないです。
名前からちして苦そうですね…。
Commented by ころた at 2014-01-18 07:14 x
食べるってことは人生の中でかなり重要な位置を占めていますが、ただし腹八分目なんて食べた方も大切で、わたくしもある意味やっと人並み。でもあれもこれも食べたいという好奇心は相変わらずで、その辺のバランスが難しい(笑)以前は香港から戻ってきて翌日から普通に仕事に迎えていたのですがここ数年は1日お休みを入れて。我が家はちょうど1週間の旅が多いですので、ちょうどこえださんがダウンしたころ。そういったものも受け入れないといけないのですよね(涙)
廿四味、日常生活の中でちょっとしゃきっとしないときこいつがそばにあったらと思うこと何回、いえ数十回、もっとかも。街もシステムも進化しても、こういうものが普通にある香港ってやはりいいなぁ。
でも重慶のカレーは残念でしたね。こっちも漢方的効果ばっちりだったろうから、そこまでたどり着けてれば・・・
Commented by ya_mei888 at 2014-01-18 08:05
わたしたちも4週間の旅行中のちょうど2週間目が終わる頃、
彼が体調を崩しました。
その日は香港人のお友達と行動する日だったので、前もって電話で彼が調子悪い事を伝えると、会ってすぐにその香港の友達が案内してくれたのが涼茶舖でした。
そして彼も奨められるままに廿四味を飲んで、その後2週間は何事もなく元気に過ごせました。
廿四味って本当に凄いと感じました。
その友達が案内してくれたお店が西環あたりのお店だったので、
偶然同じお店だと嬉しいなー。と思いながら記事を読みました。
Commented by Shangrila at 2014-01-18 10:10 x
二年前の晦日から元旦にかけて高熱を出しました。その日はそれでも友人と鍋に行き、カウントダウンを!元旦は寝正月でしたが部屋から一日中香港見てました。夫もこりゃ幸いくらいのもんでゆっくり寝てました。午後2時くらいにおきて、下のレストランでモーニングたべる!?と寝ぼけていたのがおかしくて病気も2人の楽しいおもいでです。。
Commented by sayachan28 at 2014-01-18 10:29
こえださん♪

在港の際に体調を崩されたのですね。
ホテルの部屋に暖房がなく
お布団も薄かったりする香港では風邪を引きやすくなりますね。

そんな時に
涼茶舗の感冒茶を店頭でサクサクっと飲みます。
ちょっと風邪をひいたなって言う時に
日本にも香港のようなスタンドがあるといいんですけどね。

ワタシも今回の渡港で風邪をひきかけ・・・
今回は涼茶舗には行かず
ワトソンで葛根湯の顆粒を買って飲みました。

Commented by 爽子 at 2014-01-18 21:21 x
ダウンされたのですね..。
でも夕方には天后まで足を伸ばせて良かったです。
やはり旅行中というのは普段より盛り沢山になりますから、ね。
結構長い滞在ですし..。
涼茶、効きましたか?
Commented by regina3pp at 2014-01-19 16:29
こんにちは

「良薬は口に苦し」の涼茶。中国語で「苦口良藥」です。
.....いろいろな涼茶はあまいですね。
例えば
[川貝雪梨杏仁茶], [清涼茶], [五花茶], [羅漢果茶]があるんです。飲みやすいので、甘い涼茶は「日常飲品」になりました。

[川貝雪梨杏仁涼茶」.....功能.滋潤肺,化痰
[川貝雪梨杏仁涼茶]が一番好きです。(おいしい..かな)(^+^)
Commented by miisan0414 at 2014-01-19 20:49
こんばんわんこ♪
HKという街のエネルギーって善くも悪くも強烈なんでしょうか。。
アタクシもそろそろ来るな....って気配を感じると廿四味など
飲んでみたりして香港熱を冷ましマス。
思うに。。食欲がなくなったら、まずは一日もしくは半日寝倒す。 これが一番いいようです。
Commented by らしくん at 2014-01-19 21:45 x
体調が悪くない時でも、亀ゼリーというか仙草ゼリーの味が好きで好んで食べます。
あの漢方薬のような味が大好きなのですが、さすがに日本だと食べられるお店は少ないですね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:28
♫ dandelionさん
ありがとうございます。そうなんですよね、きっと男性の方があれもこれもと欲張って突っ走ってしまう傾向があると思います。ちなみにウチの太太の旅先での口癖は、「旅行を快適に過ごそうと思ったら、何でも常に7~80%で。」です。dandelionさんのおっしゃるとおりです~。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:31
♫ ぴろちんさん
そうなんですか・・・でも、ぴろちんさんも僕もですが、数時間ゆっくりと眠るだけで快方に向かえて、よかったですよねえ。これで発熱していたり、病院へなんていうことになったなら、想像つかないほど心細いと思いますし。軽くでも体調不良を経験して、その後の旅に経験値として残りますね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:33
♫ chintauさん
ほんと、今回は(今回も・・・ですが)涼茶に助けてもらえました。逆に言うと、涼茶舖いがいの場所での頼り方を知らないので、涼茶舖だけが救いの方法なのですが。(笑)お詳しいchintauさんなら、こんなふうにならないように予防が出来たり、漢方医のところへ駈け込めたりできるから、いいですねえ。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:36
♫ いずたまあるさん
若かった頃はさほど気にならなかったのですが、近年、ホントに痛感するのは、到着日はすごく疲れるということです。おっしゃるように、移動や緊張感で体力に加えて気疲れもするという点が大きいのでしょうね。ビールを飲んでさっさと眠る・・・そういう切り替えをうまく出来るようになりたいです。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:40
♫ nichoさん
おっしゃるように、ほどほどにしておけるような「香港熱の冷まし方」を心得られるようになっていきたいものです。(笑)上のコメントではありませんが、男性は女性よりも突っ走ってしまうのかもしれません。涼茶、ぜひ活用してみられては?風邪気味を感じた時の感冒茶なんて、すっごく即効性を感じますよ。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:43
♫ ころたさん
おっしゃるような「腹八分目」の潔さ(笑)を心得て行けるようになりたいもんです。ただ、これが、今回のように痛い目をしてそうは思っていても、現地へ久し振りに行っちゃうと、なかなか出来なくって。。。大人になりたいです。(笑)なるほど、カレースパイス類にも浄化作用があるんですよね。次回是非行こうっと。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:46
♫ 一美さん
涼茶舖は、ほんとにそこここに存在してくれていて、頼もしい味方ですね。日本にもこういう気軽なスタンド、栄養ドリンクと同じくらいに普及してあるといいのですが。そこはやっぱり、歴史が違いますものね。廿四味茶は、あの味と色だけに、万能薬茶みたいな印象がありますね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 14:51
♫ シャングリラさん
ここに書いていただけた年末年始での出来事、そのことを書かれたときのシャングリラさんのおだやかなブログ文面を思い出します。元旦からダウン・・・でも、そういう時に相方が一人いてくれることで、とても安心出来るものかもしれませんね。思い出に出来るのも、相方あってのことですしね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 15:02
♫ sayachanさん
あ!ホントおっしゃるように、香港って暖房は無いし、部屋は乾燥しているし、ホテルの部屋の掛布団類は無いに等しいし・・・そう思うと、こと香港旅については、他国よりも自身で気を配っていかないといけませんね。葛根湯ですか~なるほど。そういう知恵を持ちあわせていませんでした。(笑)
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 15:06
♫ 爽子さん
ほんとに香港には涼茶舖という庶民の強い味方があって、いいですね。あれだけのお値段で、効能をちゃんと感じられて(って人によるのでしょうか?)、身体に優しそうでカロリーも低くて。などなど良い所ばかり目につきます。・・・その後ホントに体調はよくなって、天后からずっと歩けました。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 15:09
♫ reginaさん
ほんとにいつも思うのですが、reginaさんは日本語をよく勉強していらっしゃいますね。「良薬は口に苦し」なんて言い回し、もしかすると日本人でも若い方の中には使い方を知らない人がいるかもしれませんよ。そちらでは「苦口良藥」なんですね。やっぱり同じ漢字の国。全く同じですね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 15:12
♫ みんみんさん
そうかあ~食欲での判断ができればいいなあって思います。今回も前夜は食欲全開で食べてしまっていて、こんな朝が来るとは思いもしませんでした。そういうちょっとした変化を見逃してしまっているのも、がさつで欲深い僕のなせるところのような気がします。(汗)大人になりたい。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-20 15:15
♫ らしくんさん
おお、少ないということは、日本でも龜苓膏を食べられるところが存在するんですね。そっかあ。お味はどうなのでしょうね。同じように食べやすいのかなあ。らしくんさんはシロップはかける派ですか?シロップをかけてもいいものだということを僕は長年知らずにいたという経緯があります。(笑)
Commented by (゜@゜) at 2014-01-21 09:22 x
あはは
熱くて苦味倍増にうけちゃった (=@=)

マロもセントラルで一回、体験しました~~~(ーー゛) 確かに熱い。ただですら暑いのに~~
Commented by bravo1212 at 2014-01-23 10:56
疲れたら寝る!これが一番ですよね。
こえださんちは結構長い滞在だから 途中に休憩の日も必要
ですよね。
私も一人ブラブラの時は湾チャイで場所も良かったので、しんどい時っていうか 眠い時はお昼寝をして また行動開始です。
一度 街歩きでしんどくなった時 セントラルでお茶を飲んだんです。
めちゃ苦かったな~。でも その苦味が疲れを不思議ととってくれて
お茶ってすごいな~ってそのパワーを再認識したことがあります。
カレーは残念でしたね。
でも また次回の楽しみですよね。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-23 18:30
♫ (゜@゜)さん
あの苦めの感冒茶や廿四味茶って、冷たいのを飲むのと、熱いのを飲むのでは、どっちが飲みやすいんでしょうね~?両方経験はあるのですが、あまりのマズさに、いつも記憶が飛んでしまって、覚えていられないのです。(笑)あのスタンドの下に隠されているように埋め込まれている瓶からの注ぎたては、ホントに熱いですよね。腰に手を当てて一気にいきたいです。
Commented by hongkonggaffe at 2014-01-23 18:33
♫ ブラボーさん
眠るのがいちばんなのでしょうね。かなり楽になりますものね。だいたいが、僕の場合は、夜は早く眠りにつく方ですが、それにしても早朝に早く起き過ぎなのでしょうね。(笑)だから疲れもたまって来る。涼茶は、本当に不思議なほど効きますね。さすが歴史がある薬膳茶だと痛感します。カレーは次の課題です。アラカルトであれこれインディアンを食べたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2014-01-17 07:43 | 香港のみもの | Comments(30)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ