遊ぼう 使おう メニュー表 ~ お店で謎解きも楽しんじゃいましょう その1 ~

街歩きをしていてよく見かける、飲食店のメニュー表。
出入り口の近くに箱があって 無造作に入れてあったり、束ねて吊るしてあったり。
太太はこれをホテルや自宅に持ち帰って 読み解くのが趣味 なので、
通りかかって見つけると ヒョイっと取ってバッグの中へ。
いつからか僕も協力するようになり、
“ お一人様単独行動中 ” に見かけると取って来て、合流後に渡します。



e0248743_6243432.jpg


e0248743_625211.jpg


e0248743_6253612.jpg




彼女にとって店のメニュー表は 日本へ持ち帰る大事なお土産。
フェリーの中で眺めたり、バスを待っている間に眺めたり、ホテルに戻った後に眺めたり。
ふとした時に開いて、遊びながら読み解いています。
だから、飲食店に入ると、太太はメニュー表を開いて知恵を使い、僕はぼ~っとしてて、
全部お任せして候補を絞ってもらい、僕がその中から選ぶ他力本願の繰り返し。。。

なにも学んで来なかった僕、 “ お一人様単独行動中 ” にメニュー表を見ると迷うわけで。
そもそも1人で入店する時っていうのは、
よほど空腹(ガス欠)か、喉が渇いてる(オイル切れ)か、、、なので、
1人で読み解きしている余裕など まったく無い。
メニュー表の漢字を見ながらめまいを起こしてて、プスプスプスプス・・・思考回路停止。
「せっかくだから何か変わったものを」なんて言ってられない状態。
非常事態に読み解いている場合じゃないので、けっきょく同じパターンのものを注文。
今まで学習しなかったツケは、新規開拓の楽しさを奪うことにつながっているんでしょう。



e0248743_647391.jpg


e0248743_6473044.jpg




漢字の並ぶメニュー表を読み解く面白さって、
漢字で育ってきた日本人には、少しだけ親しめる謎解き かもしれません。
同じアジアでも、タイ文字やハングル文字だったら、もうお手上げ。
記号のようにクルクルしたあの文字は見るぶんには美しいけれど、読み解くのは難しい。
目までクルクル@@しちゃいます。
だけど漢字表記だと謎解きは楽しめます(ガス欠・オイル切れの非常事態は除外)からね。

例えば品名に 「茄」・「椰」・「韮」・「蒜」 などの1文字が入っていれば、
日本語でも使う漢字の一部分だから、「ああ、アレだね。」と想像できそう。
これが、
「菇」・「蠔」・「魷」・「蛋」・「粟米」・「青椒」・「米粟」等々見慣れぬ文字が入ってると???。
それぞれ何の食材を表す文字だか、想像できます?

ローカル店の飲食で生きている僕としては、ある程度の文字は知っていないと死活問題。
太太のように楽しめないけど、必要に迫られて学んでおかないといけない過去があります。
ちなみに、上の ( ↑ ) 7つの「  」だったら、
左から順に「シイタケ」・「カキ」・「イカ」・「タマゴ」・「トウモロコシ」・「ピーマン」・「タピオカ」。
無精者の僕でさえ、最低限でいいから、
「お、これ食べたい」や「こりゃあかん、食べられん」と判別できるようになってきた過去が。



e0248743_8491457.jpg




漢字と言えば、同じ品なのに店によって表記がまちまちな場合もあります。
表記の順番が前後してたり、まったく違う字があてはめられてたり。
これだと、基本(つまり自分の好きな物:笑)を見慣れてるので、
「へえ~、これって、こんなふうに書くのもOKなんだね」と知ったりして。

ミルクコーヒーは咖啡。でも店によって香濃咖啡とか招牌咖啡と書かれてて「なるほど」と。
ミルクティーだと奶茶。でも店によって西冷紅茶とか立頓紅茶とか経典紅茶とか。
「ウチじゃこう書くよ。」とこだわりがあるのか、たいしたことじゃないのか。
それぞれの店での書き表し方、香港で見かけるけれど日本でもありますものね。
・・・そう、たいしたことじゃないんだろうな。(笑)



e0248743_891026.jpg


e0248743_893972.jpg


e0248743_810384.jpg




自由に持ち帰って来て謎解きしたり 予習・復習したりできるメニュー表。
無料(免費)のお土産品です。
ローカル店ならではのお土産品なので、
レストランをはじめ 冊子になってたり置いていない店では、お土産品の入手は不可。

ぺらんとした紙がメニュー表になっているから、書き込みだって自由に出来ますよね。
品名が細か~い字でびっしり並んでて、指差しではピンポイントで伝えられなかったり、
ペン先を使っても正しく伝わらず 上下に載ってた品が来ちゃったり、
・・・だったら、囲みや下線を書き入れればいいかなあ・・・と。
持ち帰るメニュー表に書き込みが残っても、その記録が思い出と一緒に保存できます。
まっさらできれいなのを持ち帰って額装したい時は、1枚余分にもらってきたことも。(笑)



e0248743_8205645.jpg


e0248743_8212183.jpg




広東語が話せないウチとしては、飲食店のメニュー表は必需品&お土産品。
なにより、
大好きな香港の 飲み物・食べ物 が全員集合で載ってる夢のような紙。(笑)
眺めてニヤニヤしていられる地図のような遊び道具。
これからも飽くことなく取って来て、想いを馳せていくに違いない・・・と思っています。
カエルくんのクリックが、励みになります。よろしくお願いします~。039.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 杏♪ at 2015-05-27 12:54 x
MENUの読み解きって楽しいですよねぇ~♪
私はもっぱら、ブログアップの時に必要なので、写真とったり貰ってきたりするのですが。
私も自分がいただけないもの(内臓系)は、漢字でわかるようになりました。
あっ!この漢字は危険!!!!!って。(笑)
そして、きっとこういう感じのものが出てくるって想像してオーダー。
読み解いた通りのものがでてくると、なんかうれしいですよねぇ~!

私ね・・・搖柱蛋白炒飯 は、いつも書いた紙を持ち歩いています。(笑)
MENUになくても作ってくれるところが多いし。
大好きなんだも~ん♪(●^o^●)
Commented by zu-zu-tazu-99 at 2015-05-27 19:36
広東語では数も数えられないわたしですが、メニューとあらば別物!!読解とともに想像を思い切り膨らませるメニュー決めは、最も楽しめる香港時間です。
飲茶メニューも何度も持ち帰り、家で予習復習をしたほど!!この熱意がお勉強に向いたら・・・。
最近は、近くの人が食べている物を本人に聞いたりして注文することも!!これ、オススメですよー!!香港の人は、美味しいものを知っています!!
Commented by leslie339 at 2015-05-27 19:37
こえださん。
私も香港に行き始めの頃は必ずメニュー表持って帰って来て、解読していました。
初めて行った時は全然広東語解からなかったので、何処へ行っても雲呑麵(ワンタンミン)、日本語読みでも通じるし字も解るから・・・
正式に雲呑麵から卒業出来たのは3度目の香港からでした。(笑)
Commented by Shangrila at 2015-05-28 08:23 x
おお。栗米と米栗がありますね。笑
危ない危ない
教えていただいてありがとうございます。
この頃はこえだ夫妻のおかげでドリアも見分けられるようになりました
Commented by ya_mei888 at 2015-05-29 21:25
わたしもこえだ様の奥様に影響されたのか、やたらもらって来ています。
茶餐廳の配達用だけでなく、
飲茶とかだと注文票以外にもいろいろあって、1店舗で何枚も手に入りますよね。
最近は写真入りも多くて嬉しいです!
Commented by らしくん at 2015-05-30 00:55 x
漢字のメニュー、日本人なので当然読めはするのだけれど意味は分からず、当てずっぽうで注文して何度はずしたことか...
マカロニスープとか、分かってたら注文しないものを結構食べるはめになっていますが、まあそれも香港旅行の楽しみのひとつと言えますね。
Commented by ころた at 2015-05-30 06:42 x
そうそう、そうなんですよね。
この店先にあるメニュー、必ずお持ち帰りしております。
あと、酒楼の入り口にある宴会メニューとかね。
そして解読
ホテルの部屋や帰国してから広東語の本(指差しなんとかね)を横においてこんな風に発音するんだろうなぁ~、なんて一人で注文するシチュエーションの練習…ぶつぶつ、ぶつぶつ。
まぁ、それが実践で通じる場合はほとんどなく、「これ」と「個数」ぐらいの広東語になってしまうのですが(笑)

お好みシートに具をチェックする鍋のお店。「日式蟹柳」というのがあり、「おお蟹じゃん!やっすい!」とちょっとは疑いもありチェックを入れたのですが、きたのは「カニカマ」でした。


お写真のお二人用や四人用のセットメニューのものって、吉野家のですか?いろいろなメニューがあるのは知っていましたが、こんなのもあるんですねぇ。
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 12:39
♫ 杏♪さん
杏さん♪がいつも書き残していらっしゃるブログ記事からは、杏♪さんが、きちんと&興味深くメニューを解読して注文品を選んでらっしゃることが伝わるんです。ちゃんとそのたびに品名を写したり持ち帰ったりしているんですね。僕もそこからメモさせていただいたことが。(笑)やっぱりそういうこと地道にしないと記録に残せないし自分の印象に残らないしなあ。そうそう、【杏♪さん=あの搖柱蛋白炒飯】というイメージまであるくらい。そうだったのかあ、持ち歩いてるんですね。いつ眺めても美味しそうな搖柱蛋白炒飯の写真。作ってもらえるっていうパターンもありなのですね。このメモ持って行きます。(笑)
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 12:54
♫ カシタニさん
カシタニさんも持ち帰る派なんですね。あれほど素敵な和食をこしらえてしまうんだから、そこに “ 美味しいもの情報 ” が足されちゃったら、、と考えると、お世話係様が羨ましいです。日本だと香港のように持ち帰れるメニュー表がある店って少ないような?太太は「こりゃ美味しい or 面白い。」っていう品が目の前に出た時は、目の色が変わってて何日後かに似たようなものを作ってくれることがあります(似た【ようなもの】っていうところがポイントね:笑)・・・香港の人、【美味しいものを知って=それを出してくれる美味しい店を知ってる】ということですね?Openriceよりいいかも。
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 13:44
♫ 花襲人さん
今は滞在中にさほど不自由することはない花襲人さんだと思うのですが、ウチはまだまだメニューとにらめっこ。もちろん、記事に書いたようににらめっこすること自体が楽しいとか面白いわけなのですが、ウチはやっぱり喋れないのは致命的ですよ。(笑)花襲人さんが雲吞麺一辺倒だとすると、自分は叉焼飯一辺倒。(笑)これこそ花襲人さんがおっしゃるように【叉焼】そのものですものね。でもきっと香港へ行ったことがないかたは【日本とは違う叉焼】とか【日本とは違う燒肉(飯)】だということは想像しにくいのかな。ウチの両親などは「燒肉はローストポーク」と説明してもどうしても通じません。。。
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 14:03
♫ シャングリラさん
同じ文字なのに前後反対になるだけで、全く違うんですものねえ。焗飯って、けっこうお腹に重たいですよね。だから何軒も食べ比べられないので、予習は必須です。店に入っちゃってから「チーズ味のしか置いてない!」とかだと悲しいので、あらかじめ取っておいたメニュー表を見て「この店なら複数焗飯から選べる」と目を付けておいての入店です。(笑)去年と今年で探したのは、鴛鴦焗飯が置いてある店。やっぱり1皿で2度美味しいっていうのは良いですからねえ。・・・って、焗飯を熱く語って返コメ全てが終わるという・・・この偏り返コメもシャングリラさん家ならば分かって頂けます?
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 14:19
♫ 一美さん
お久しぶりです!お?配達用っていうのがあるんですか?それは気にしたことがないような。そうなのかあ、お店のメニュー表以外に配達用があるというのは初めて知りました。あの山東餃子館でも事前に取っておいたメニュー表そのものが店内で使われていますが、配達用をもらえないか聞いてみます。・・・写真入りのは本当に増えましたね。写真がこんなに使われていなかった頃って、漢字だけが頼りだったけど、今だと写真と文字とを合致させて学習できるので勉強しやすくなって。写真が印刷されるようになったことで、必然的にメニュー表の紙質が格段に良くなりましたね。
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 14:29
♫ らしくんさん
そうですよね、おっしゃるようにハズしちゃったことも、その旅での記憶になるし、代償を払っての(笑)勉強になるんですよね。ウチもそういうのたくさんありました。漢字は合っていたはずなのに、ブログ最後部分で書いたように、その隣の品が届いちゃったりして。で、指先だと正確に伝わらない場合もあるなと学習して、ちょっとでも細かい場合はメモに書き写して見せるようになりました。・・・早餐のマカロニも分かってたら敢えて選ばないかもしれませんよね。それに、香港だから美味しく感じちゃって「これもアリかもね」もあるような。同じ早餐でのオートミールには降参しましたけど。(笑)
Commented by hongkonggaffe at 2015-05-31 14:43
♫ ころたさん
子どもの頃は人生ゲームにハマり、おじさんになってからは解読ゲームにハマる → 解読仲間が集合してテーブルを囲めたら、盛りあがること間違いないですね。でもころたさんのように発音は出来んなあ。ぶつぶつ言ってみたい。・・・カニカマ体験、最高ですね。「うわ、残念。」でうつむくよりも「そう来たか~っ、なるほどねえ。」って笑える気持ちって持っていたいものですね。日本だとこれがなかなか出来ないんだけど。・・・吉野家なんですよ。ほんとセットものが激増しました。あの街で生き残るのに単品勝負だけでは無理なのでしょうか。2人餐で夕食デートを吉野家で!って、いかにも香港だなあ~。
Commented by (^0^) at 2015-06-03 07:44 x
みんな凝ってるなぁ~♪
勉強もそうだったけどマロはあれこれ解読するのが苦手なので(p_-)
写真付きのお店が大好きです~(#^.^#)
Commented by hongkonggaffe at 2015-06-05 17:34
♫ (^0^) さん
解読、難しいですよね~。漢字の国の日本人だからまだいいものの、欧米の皆さんは、どうやって乗り越えているんでしょうね?レストランなどキレイな(笑)お店だったら、まだ英語表記が併記してあるからいいんかな?だけど、街中の食堂などでは以前よりも英語表記が少なくなってきたような気がするんです。あ、働きに来ている尼さん達も、どうするんだろう?街市で買い物するのって日常的なことですものね。・・・解読を楽しみながらも、僕も写真付き好きですよ。なんてったって【食べる前に食べものを眺められる】という魔法の写真ですもん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2015-05-27 09:08 | 香港ざっか | Comments(16)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ