食べに訪れた店 & じつはガッツリ食べられる粥麺店 ~ 中秋節の香港 その6 ~

「西營盤って上環よりも西でしょう?宿泊してて朝食に困ったりしないの?」
そう尋ねられたのは、もう6~7年以上前だけど、
今も同じように問われたら 「困ることって、あらへん(あらへん=ない)。」って言うかな。
「あぁ~こえださんちはね・・・。」って笑われるけど(笑)。
いやいや、ほんとに。 ウチだから なんてことじゃなくて。

特に 最近はお店が増えたように感じます。
上環で長年商ってた煲仔飯の名店 “ 永合成茶餐廳餅店 ” も移転してきたし、
筲箕灣から移転してきている “ 金記冰室 ” も賑わっています。



e0248743_10274791.jpg


e0248743_10282177.jpg




永合成は まだオープンしたばかり(ウチは9月末)で、この時点では お客は少なめ。
朝散歩をしてる途中、営業時間を確認したくて店で尋ねてみたら、
満面の笑顔で迎えるメガネのお姉さんが、スマイル0円サービスで対応してくれました。
「食べてってよ~。煲仔飯、すぐできるわよ~。」

朝から煲仔飯?!・・・初めて知ったのですが、そんなことができるって貴重なお店。
煲仔飯と言えば、わりと近くにある坤記煲仔飯小菜だと夜がメインだから、
永合成は朝~夕で差別化を図っての進出といったところでしょうか(笑)。
もちろん早餐のセットもあるから、何かとありがたい存在ですよね。



e0248743_10381863.jpg


e0248743_1039420.jpg




金記のほうは お店の規模を2倍に拡張していました。
家賃高騰のあおりを受けて西營盤に移転し、勝負をかけた金記。
この地でも人々に愛され、すっかり軌道に乗ってきたという感じでしょうか。
倍の広さになったお店の中がお客さんで満席(ウチは午餐)・・・なんだか嬉しい。

広げた部分は以前からの店舗と隣り合っていますが、そっくりさんが建っている感じです。
店内は繋がってなくて入口が2つ並んでるから、両方を覗き込めば混み具合は一目瞭然。
注文品によっては、店員さんが1度歩道へ出て隣りから運んできたりしてて、
いっぷう変わった光景を目にしました。 (移転後の金記で僕が撃沈した記事は こちら 。)



e0248743_10492875.jpg


e0248743_10501680.jpg


e0248743_21204315.jpg




永合成も金記も移転後の西營盤で健在なのは、
時を刻んできた名店が次々に結業(閉店)していってしまう香港の中で、
「これからも、ここで永く愛されるお店になるんやろうな。」と思える “ 今 ” でした。
一介の旅行者だから、普段から何も応援できないのだけど。。。

・・・などと書きつつ、この記事には永合成も金記も写真を1枚も載せていません。
写真は、海亮粥麺&莉苑美食(2店とも粥麺店)のものばかり。
永合成と金記については、またいずれ・・・。

★ 今回の里帰りで食べに入ったお店は、この各店 ( ↓ ) でした。
    海亮粥麺     莉苑美食     榮華川菜館     colour brown 
    星巴克冰室   金記冰室     金豪粢飯豆漿店  南龍冰室 
    山東餃子館   鳴人燒臘飯店  香辣屋        維記咖啡粉麺
    榮華茶餐廳   嘉樂冰室     科記咖啡餐廳    蘭香茶餐廳
    好好茶餐廳   金蘭花泰國菜館  永合成茶餐廳餅店
★ お店でなく部屋食で夕食にした物 → 七仔の惣菜   百佳の惣菜  
                          合味道       惠康の惣菜   
                          有運の燒味   漢堡の麺飽餅
★ おやつ → かっぱえびせん避風塘炒蝦味  ポテチ出前一丁味  
         嘉頓(Garden)の南乳薄餅  漢堡の麺飽餅  生命物の麺飽餅
            
★ 飲み物 → 維他港式奶茶特濃茶味  維他鴛鴦茶  黒加侖子汁
         維他の阿華田麥芽&牛奶麥芽高鈣&香芋麥芽 鴻星荔枝甘露 など。
   (おやつで気に入って特にリピートしてたのは、嘉頓南乳薄餅と避風塘炒蝦味)
   (飲み物で  〃        〃         維他港式奶茶特濃茶味と維他鴛鴦茶)



e0248743_1324560.jpg


e0248743_1332150.jpg


e0248743_1335643.jpg




朝食は、ほとんど毎日が粥麺店でした。莉苑美食が最も多くて、5回もいそいそ通って。
粥麺店っていうと、お粥のイメージが強くないですか?
でもね、お粥よりも むしろ他のあれこれが品数多くて美味しいのです。
ざっと挙げるだけでも、粢飯 ・ 炒麺 ・ 大根餅 ・ 腸粉 ・ 焼饅頭 ・ 餃子 ・ 油條 ・・・。

しかも、お粥って言うと「消化がよさそうだし、胃に優しい。」っていうイメージだけど、
お粥と同じお米でも、粢飯なんてもち米ギュウギュウ&中に包まれた油條が胃で膨らむし、
大根餅や腸粉だって、見かけ以上にボリュームがあります。
炒麺 ・ 焼き点心類 ・ 蒸したタイプじゃない焼大根餅・・・などは、油もけっこう多いです。
粥麺店って、注文の品によっては じつは十分過ぎるほどお腹が満たされちゃうんですよ。



e0248743_13141542.jpg


e0248743_13143997.jpg


e0248743_13151423.jpg


e0248743_13153871.jpg




ご近所の人々が出勤前にサッと食べて出て行ったり、持ち帰りにしていたりするお店。
気軽に ( 品は軽いとは思えない:笑 ) 朝食を摂りながら、新聞やスマホ見てたり。
ローカルな粥麺店で1日をスタートさせてみるのも いいもんです。
雰囲気は穏やかなんだけど “ 今日の暮らしが始まる空気 ” を味わわせてもらえて。

美味しい物でお腹いっぱいになりながら 耳からも目からも楽しませてくれるのは、
入れ替わり立ち替わり出入りする人々の声や、上手に対応してさばいていく店員さん。
小さな店の中での声や立ち振る舞いに包まれて、お腹いっぱいになれる。
満たしてくれるものは、食べ物ばかりじゃないんでしょうね。
・・・そんな朝食。



e0248743_1324853.jpg


e0248743_13244370.jpg




粥麺店の朝食ばかり書いてるけれど、
午餐(昼食)や晩餐(夕食)からは、ごちそうの種類が一気にドーンと増えます。
写真の通り、今回の店も 麺あり飯あり炒め物ありで、豊富な品揃えに目移りしちゃう。
朝の粥麺店が昼以降になると、ガラリと表情を変えるんですよ。
そんなところも粥麺店のおもしろい部分だし、
意外に知られていない部分ではないでしょうか。

食が充実する “ 隠れレストラン粥麺店 ” が けっこうあるんじゃないかな?
「可愛らしいお値段で ガッツリ朝食」
・・・が気に入ってるウチに、カエルくんをクリックして頂けると嬉しいです。011.gif

にほんブログ村









  
 
[PR]
Commented by regina_3pp at 2015-10-24 23:41 x
こんばんは。
朝ご飯は粢飯 炒麺 大根餅 腸粉 焼饅頭 餃子 油條
もいいですね。(^+^)
腸粉 炒麺 (蘿蔔糕)大根餅が大好きなんですね。
Commented by ころた at 2015-10-25 07:09 x
西營盤はとことこ電車に乗って何度か行ったことありますが、
たしかに飲食店がたくさんある街って印象ではないのですが、
そうなんですね、そんな事情になっているんですね。
地下鉄開通とも関係しているのかな。
そして、何ですって朝から煲仔飯ですって、
なんともたまらんです。
そんなこともできるようになったんだ。

数々のお店の名前、ほとんど知らないお店ですが
でも、そのお店の風景、お店のある街の風景も思い浮かびそう。
メニューの解読も含めて、うれしい脳トレができそうです。
Commented by 爽子 at 2015-10-25 10:16 x
永合成..って店舗移動したのですね?
全く知りませんでした。
わたしは朝食を外で食べる習慣はないのですが、旦那は月〜土は外ですね。
色々あって飽きないみたいです♪
Commented by taro at 2015-10-25 12:15 x
わー!わー!
いいです。いいです。素敵なお店のline upですね〜。
こえださんが食べに行ってるお店、いつも気になってます。
粥麺店とは言っても、他の料理の品数が多いのはいいですね〜。西營盤で朝食、ぜひぜひ行かせてもらいます!
Commented by Jyujai at 2015-10-25 23:24 x
こんばんわ〜。夜中に見ると、刺激される写真ですね。素敵〜。
匂いが漂ってきそうです。こえださんの香港食愛を感じます。
特に、オープンキッチンの腸粉の作り方。なかなかこんなとこまで
見れないですよねー。
こえださんの写真、時が経ったら絶対貴重な歴史的資料になると
思いますが、でもこういう店、歴史になってほしくないですね。加油!
Commented by らしくん at 2015-10-26 08:01 x
朝から煲仔飯が食べられる店って貴重ですね。
限られた日数の香港旅行だとどうしても食事の回数が限られてしまうのですが、朝食ってあまり選択肢が無いんですよね。
お粥とか点心が食べられれば幸せなのですけど、煲仔飯が食べられればこのうえありません。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 15:48
♫ reginaさん
ウチも2人とも腸粉・炒麺・大根餅のどれも大好きです。reginaさんもなんですね?香港に来始めた頃は美心の飲茶レストランをはじめとして色々なお店で飲茶をする時に、必ず蘿蔔糕を食べていました。その頃はまだ若かったので油多めの焼いた蘿蔔糕をたくさん食べても何ともなかったのですが、最近は油に負けます(笑)量も食べられなくなりました。今回の粥麺店では蒸した蘿蔔糕だったので、全部美味しく食べられましたよ。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 15:54
♫ ころたさん
そうですね、MTRの拡張開通は影響しているに違いないのでしょうね。それによって増える楽しみに比例して、不動産価格や飲食店の価格が高騰していくのだろうから、一長一短のような。旅行社はさておき、やっぱり暮らす人々に優しい街であってほしいですよね。朝から煲仔飯って【煲仔飯の常識(私達の思いこみ?)】が変わりますものね。以前は冬の風物詩だったのが1年中食べられるお店が残り、さらには朝から出してくれるお店が・・・と考えると、楽しみの幅が広がります。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 15:59
♫ 爽子さん
多種類あるから飽きない、、っていうの、香港人の人でもそう思うのですか?旅行者の自分だからそう思うのかと思ってましたが。茶餐廳であのメニュー表の端から端まで制覇してみたいと思う事が多々あります(笑)。・・・そうそう、爽子さんちで大埔の新明發の記事、拝見しました。冒頭書いてらっしゃったのはウチのことかな?(笑)あの店、外賣する人が行列を作ってて、すごく回転が良い。だからアツアツ出来たてが次々出されて美味しいのかな。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 16:04
♫ taroさん
お店、taroさんだと特にどの店がお気に入りになるのかなぁ。ウチとはまた違ったエリアに滞在してらっしゃることが多いと思いますから、taroさんとご主人とで発掘されているお店を教えて頂きたいなぁと思います。ウチは何年もローカル系しか行っていないので、ハイエンドな系列って、もう怖気づいちゃうような気がするんだけど(笑)。でもそういうお店でもちゃんと悠々と楽しめるように抗体つけておかないといけませんよね。な~んて、どんなウチなんだ(笑)。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 16:08
♫ Jyujaiさん
刺激してすみません(笑)。「香港食愛」だなんて勿体なくも嬉しいお言葉です。でも、まだ、車仔麵や小食などなど、回数的に楽しめていない場所がたくさんありますし、それがまた残ってる未知の部分だと思うと、これからも楽しみがあって嬉しくもなります。って、あと何年行けるんだろう?約束として決められている通りの一国二制度の終了までの年数も限られてくるし。だからやっぱり【いま!】の香港を感じ撮り残しておきたい気持ちになりますね。
Commented by hongkonggaffe at 2015-10-28 16:14
♫ らしくんさん
そうですね、ほんと、早餐メニューに煲仔飯が加わるっていうのは嬉しいですよね。ふと思ったんですが、香港の一般的な家庭だと、朝から煲仔飯なんてきっとあり得ませんよね?茶餐廳や冰室の普通の早餐メニューだったら多くの家庭で同じようにしてるんだろうけど、煲仔飯を朝から自宅で、、はないような?だとしたらローカルの人々が永合成で早餐に煲仔飯をしてたら特別なことなんでしょうか?なにはともあれ1食ごとが貴重だから美味しく食べたいですね。
Commented by lesliecheung339 at 2015-11-23 17:49
こえださん
流石、西營盤お値段も懐に優しいですね尖沙咀に比べたら羨ましい限りです、それに選択肢も多いし~
炒麵、蘿蔔糕、腸粉、大好きです私はそれプラス炒米粉!
嘉頓の南乳薄餅これ癖になりますよね!
南乳好きが高じて家でも愛用しております。
Commented by hongkonggaffe at 2015-11-26 20:24
♫ 花襲人さん
価格はやっぱり違いがありますか?尖沙咀だとどうなのでしょう?香港島で言う中環や銅鑼灣のような価格設定になっているのかなぁ?そうそう、同じ香港島でもやっぱり違いますものね。庶民派価格だった西營盤から西區方面も、今後はMTRの関係で物価が中心部に似てくるんじゃないかと想像しています。そうならないといいのですけれど。・・・最近(本当に夏以降ですけど)、ウチは好きな味のポテチを買ってきてサラダに振りかけたり白米に振りかけたりしています(笑)。同じ感覚で南乳餅を砕いて何かにかけられないものかと?(笑)失敗作になると勿体ない希少品なので、なかなか1歩を踏み出す勇気が出ませんけれど(笑)。蘿蔔糕や腸粉、日本にももっと身近にあると嬉しいですよね~。こうして蒸した蘿蔔糕は焼くタイプと違って油負けしないからか、けっこうスルリと食べられました。でも、自宅では出来ない~(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2015-10-24 14:39 | 香港たべもの | Comments(14)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ