里帰りのカバン

里帰りする時のカバンは、いまだにあれこれ試行錯誤を繰り返してるウチ。
旅行する時、皆さんはどんなカバンを携えて行くのでしょう?

色々なかたのブログ写真や 空港で見かけるCAさんたちの姿を見ていると、
ほんと、スムーズ&スマートに旅をしてらっしゃっていいなぁと思うのだけど、
ウチはそれがまったく出来ず、ガタガタと垢抜けない移動をし続けています。



e0248743_3154644.jpg




天気のいい日曜日の午後、太太が日向の暖かい部屋に座って、チクチク縫い物を。

先日、ユニ☆ロのワゴンに、底値になって行き場がなくなっちゃってる手提げバッグを発見。
「これ、この後どこへ行っちゃうんやろねぇ。良さそうなのに。」と太太。
彼女が 「良さそうなのに」 とつぶやく時は、「良さそう=手を加えれば使えるやん」なので、
迷わず500円でお買い上げ。

で、「チクチクしてるのは、きっとアノ作業なんやろなぁ」と思いつつ 他の部屋にいたら、
「ちょっと~。」 っと呼ばれて、僕の出番。
何のために呼ばれてるのか想像がついてるので、部屋に入ったら、即、後ろ向き。

「まだ途中ね。」
「・・・・・・。」  ( 一言念を押されつつ、リュックになった手提げバッグを背負う )
「背負い心地は、どう?」
「はい。良いです。」
「もうちょっと上げてみて。」
「・・・・・・。」  ( 作られたベルトの調節部分で少し短くして背負い直す )
「それだったら背負い心地は、どう?」
「はい。良いです。」
「う~ん・・・・・・じゃぁ、後ろ向いてみて。」
「はい。」  ( くるり )
「う~ん・・・・・・なんだかなぁ・・・・・・亀みたい。」
「・・・・・・。」  ( 亀って。。。 )
「分かった、もういいよ。」
「これで完成じゃないの?」  ( 自分は これで満足 )
「まだ。」
「・・・・・・。」  ( 30秒で出番終了・・・また呼ばれるけど )

上1ヶ所と底2ヶ所に金具を縫い付けて 取り外し可能なベルトを通し、
内側にファスナー付きポケットを2ヶ所増やし、リュック兼用になった手提げバッグ。
これでいいと思うんだけどな、彼女は まだ何か物足りないご様子で。。。

以前からそうなんだけど、
「次に里帰りする時に、もうちょっと便利なカバンにならないものか?」と改造する太太です。
改造品を里帰りの2~3回ぶんほど試してみて、改良の余地があると また手が加わり。
「最初から満足のいくカバンを買えばいいのに。」
・・・は 僕の心の声であって、間違っても口にはしません。。。
親しき仲にも礼儀あり・・・やっぱり、これは言っちゃぁ あかんやろ



e0248743_20241347.jpg


e0248743_20244171.jpg


e0248743_20253346.jpg


e0248743_3112346.jpg




「出来る限り両手をふさがないようにして里帰りしたい」という希望だけは2人とも共通です。
“ 自宅 ~ 日本の空港 ” は 往復なにも問題無いのだけど、
“ 香港機場 ~ ホテル ” が 往復どちらも、いつも課題になるので。。。

ウチはタクシーを使えない(どうしても慣れない:笑)ので、路線バスでの移動がお決まり。
だから必ず、
“ バスの乗り降り & バス停~ホテルの徒歩移動 ” が毎回いつも試練の場所。
香港の歩道って、なにかと段差が多いし路面が凸凹してる部分も多いので、
キャリーがスムーズに回ってくれない場面が多々ありまして。

そんな香港で、散歩は好きなのに 荷物を持って歩くのがすっごく苦手な僕。
いつ、何度里帰りしても、
往復の徒歩移動で荷物を持ってると 僕は疲れ果てて 不機嫌&空腹 になるんです。
「はぁ・・・・・・」と何度か溜め息をつき、ガス欠になってプスプスプスプスと止まる。
ヒジョーにイヤな奴に豹変し扱いにくくなる小学生男子 に手を焼く太太は、
片手だけでも空くように背負えるカバンになるよう 機能を加えなければならないわけで。。。
“ 機能 ” を加えて “ 希望 ” を持つ彼女。
本当に申し訳ない。。。

「ごめんねぇ。。。悪いよねぇ。。。どうしても 初日&最終日の移動 は しんどくて。。。」
と反省するくせに繰り返す小学生男子に呆れ腹立ちながらも、
試行錯誤は今でも続けてくれています。



e0248743_20372060.jpg


e0248743_20375721.jpg




昔は母から譲り受けた 巨大なトランク を連れての里帰りでした。
そのうち、そこに華僑バッグと深水埗の露店にぶら下がってたソフトカバンが加わり、
大きなカバン3つを使ってて。
古いトランクは容量は大きいけど、なにせ重い。
華僑バッグは本当に丈夫なんだけど、あの薄さなので中身がゴツゴツ足に当たって痛い。
ソフトカバンは4~5回の使用で車輪が外れ、付け直した車輪もその後うまく回らなくなり。

そんな歳月を経て、現在はソフトケースのバッグ2つと手荷物を持っての往路。
その中に忍ばせてあるのが、折り畳んだ段ボール&クツ箱&華僑バッグ。
畳んだ段ボールは、2ℓペットボトル8本入りの、スーパーで貰って来るあのサイズです。
スポーツ飲料とかお茶とかが入れられてたアレ、丈夫だし使い勝手のいいサイズなので。
ワインの箱も試してみましたが、これもとても良くてお洒落なプリントなので好きです。
・・・誰も見もしないのに(笑)。



e0248743_20421720.jpg


e0248743_20423441.jpg




華僑バッグはゴツゴツ痛くても、軽さと丈夫さには替えられないのでずっと使用中。
街でこれを何袋も持って買い出しに来てるような向こうの人たちを見かけると、
「香港に出入りするんだから、やっぱりこれはピッタリ。ウチも使い続けなきゃね。」
と、へんな見栄を張って手放せません(笑)。
でも、あの華僑バッグって、本当に耐久性があって、輸入品数も気分も アガります。

「物はなるべく買わない!」 と毎回思うのに 物欲は続くままなので、
「軽いままのカバンでは帰れない!」 と開き直っての里帰り。
自宅を出る段階で段ボールやら華僑バッグやらを忍ばせていくんだから、まだダメだなぁ。
いつか大人になった時 (大人ってなに?)、
空港のラゲージクレイムラインの横を涼しい顔して通り過ぎたいと思ってるんだけど。
それまでは、試行錯誤を続けていかないとね(笑)。



e0248743_322585.jpg


e0248743_20543264.jpg


e0248743_20555882.jpg




くだんの手提げカバンは、このあと S字フックを掛けるタグとカラビナが付き、
上部にファスナーの蓋が付いた 長方形のリュックになるのでしょう(予想)。
これを背負って、自分があれこれ不機嫌にならずスマートに歩くことが大事なのかも。
“ 少ない荷物で旅慣れてる姿がスマート ” より先に、
“ 途中で 不機嫌&空腹 にならない立ち振る舞いがスマート ” にならんとねぇ。。。
自分にそう言い聞かせて、次の里帰りに備えたいと思います。

とは言え、里帰りは まだまったくの白紙だから、いま出来ることは 体力づくりだけ。
せっせと有酸素運動を続ける日々です。

今日2月8日は、春節(旧正月)の初一(元旦)
皆様、新年快樂。 カエルくんをクリックして頂けると励みになります。emoticon-0100-smile.gif

にほんブログ村
[PR]
Commented by silentmiaow at 2016-02-09 11:22 x
こえださん、
わかります、帰国日の荷物の多さって、それだけ買ったのは自分なのになぜか責任転嫁?して不機嫌になったり。重さより「もう帰らなきゃいけないなんて」っていう遠足の終わりみたいなさびしさもあるのかもしれません。
機内持込みは、最近はショルダーと大きなリュック(壊れやすいお菓子を収納)におちつきましたが、それでもインタウンチェックイン後に街なかをうろちょろするには重いんですよね~~。身軽になりたい~。
Commented by Shangrila at 2016-02-09 12:36 x
こえださんの几帳面さと太太様の丁寧さでいったいどれだけきれいなパッキングになるのかちょっと垣間見てみたいです。笑
私のポイントは帰国後5分以内にスーツケースを空にすることなので、洗濯物袋ドーン、次回の出張用はすでに整えてぽいっと。あとは全部ネットにいれるだけでこの最後のネットがあかずのネットになります。
太太様のリュック兼用バッグ、次回デビューなのでしょうか?楽しみですね!!!何をもってしても不機嫌になるのはうちの夫です。不機嫌はつきものと思って諦めます。←不機嫌になるのは私だ~
Commented by たま at 2016-02-09 23:16 x
ユニ☆ロのバッグの変身後、わたしも見たいですー!

帰りの荷物はとにかくまとめて、預けるスーツケースと機内持ち込みバッグの2個にします(なるべく、ですね)

一度、スーツケースが届かなかったことがあってから、機内持ち込みバッグはいつも行きからパンパンなのですが、帰りは壊したくないお土産なんかを無理やり入れるのでとくにひどいです。インタウンチェック後の最後の散策は、重さとの戦い(笑)

以前、機内持ち込み用に手作りした大きめトートバッグでMTRに乗っていたら、知らないおじさんにめちゃくちゃ怒られて・・どうも、バッグの中身が出ていて危険だ!と言われてるみたいでした(怖いけど親切なのか??)
帰ってさっそくジッパー付きのふたを付けましたが、やっぱり帰りはそのジッパーが閉まらなかったです^^

ぐふっ、
その後買った、もっと大きめのバッグを持って、明後日から香港行ってきまーす♪

Commented by ころた at 2016-02-10 07:05 x
持っていくかばん、帰りにとにかくたくさん詰め込みますからね。
そうそう、荷物の数は多くはしたくない。
で、かつかばんそのものも軽いものであって欲しい。
そんな想いから大きめの布製のキャリーバッグを買ったのですが
2回ぐらいの登場でずっと押入れの中…
国内旅行だとお土産類は宅急便で送っちゃったりしますけどね。
あの3色の大陸バッグ一度は買ってお土産つめて持ち帰りたい、と思うもののこれはいまだ実現せず。

街歩きのときは
幼稚園生のようにかばんをたすきがけ
なるべく荷物は少なくと思うものの
魔法のお水のペットボトルやら
以前はビデオカメラやらと、これだけでもすごい荷物でした。
財布とケータイぐらいをもってふらっと街に出るようになるには
まだまだ修行がたりないかな。

太太さんがアレンジされたバッグだなんて、まぁ!
きっと快適を追求されていろいろな仕掛けがあるんだろうなぁ。
Commented by 杏♪ at 2016-02-10 18:00 x
新年快楽~恭喜發財~♪
(再)本年もよろしくお願いいたします。(^O^)

おほほ!
こえださんも大陸袋を利用なさっているのですねぇ~。
私はまだ・・・大陸袋デビューをしておりません。
でも、大きなスーツケース(MとLの中間サイズ)と機内持込み可のチビキャリーとレスポのラージボストン。
ちょっと前までは、スーツケースとボストンの2つだったのですが・・・運ぶものが多くなる(行きも帰りも)につれ、チビキャリーも必需品になりつつあります。

行きは中に入った荷物を渡す時の相手の笑顔を思い浮かべ、帰りはやはりお渡ししたい人の顔を思い浮かべ、どちらも押しつけ自己満足なのですが、なんか重たくても大きくても大丈夫ってパワーが出てきます。

まぁ、自分用の生命物のぺちゃんこのパンについては、何か改良の余地がありまくりですが。(笑)
Commented by leslie339 at 2016-02-10 22:16
こえださん
こえださんと太太さんの几帳面さに脱帽です!
今はLCC専門なので中型のスーツケースとレスポのラージバックです、でも前回ラージバックをリュックにしたら両手が空いて楽だったので次回からはリュックにしようかと思案中(リュックだと背中が汗だくになるかもなので・・・)

太太さんのアレンジバック是非ご披露下さい!参考にさせて頂きます。m(_ _)m
Commented by Jyujai at 2016-02-11 00:40 x
太太さま、自分でちくちくするなんてすばらしいですね!私なんか、もうちょっと使い良いカバンがあるんじゃないかと、どこかへ行くたびに買ってしまいます。手は二つしかないのにね。
今回は、そんなに買い物しないぞって思いながら、結局、行きは半分ぐらいしか入っていなかった1週間用ぐらいのスーツケースをいっぱいにし、肩には最後に買ったお土産のお菓子を入れたナイロン製の大きめのバッグを掛け、そして最近はフルサイズ一眼レフカメラとiPadを入れたバックパックを背負っている私。香港行って帰ってくるだけで、絶対1cm以上は背が低くなっている気がします。うちにたどり着くなり、どうやってこれ持って帰ってきたんだろうって思っちゃいますね。でも、どんなに重くても、香港旅は苦にならないのでした!
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 16:32
♫ silentmiaow さん
「責任転嫁」、してます。「重くしたのは誰?→自分→こんな思いして香港出なくても→何日居ても同じ想いか?・・・(続く)」で悶々としてて香港機場到着。日本行き便搭乗口で囲まれる日本語の洗礼。ゲートが開いて仕方なく搭乗してハッチが閉まると戻れないとようやく諦めが付く。帰りの便って長く感じません?「いっそのこと眠ってしまえ」のためには重い荷物引きずって疲れ果ててた方が都合いい。あ、やっぱり荷物重い方が良いかも(笑)。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 16:41
♫ シャングリラさん
太太はですねぇ、ふだんの片付けは苦手なんですが(笑)、パッキングの手際良さと仕上がりの美しさは抜きん出てます。とにかく早い&上手い。「ジグソーパズル完成ね。」っていう感じ。そうなるために(だと思いますが)僕にはいっさい手を出させません。21時頃からゲームを始めるので「出来るの?」を飲み込んだ僕は先に眠ります。で明け方になると見事な仕上がりをそっと拝見して彼女を起こす、、、という。エンスト起こすと罰が当たりますね。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 16:50
♫ たまさん
午後の情報だと、中國冰室は行かれたんですね?朝一の科記 → 中國冰室、王道コースを着々と。・・・スーツケースが届かないって怖いですねぇ、そういう事あるんだ。怖いと言えば、往路の荷物検査場で太太の不注意から手荷物内にナイフが入ってたことが。チェックインカウンターまで戻ると言う往復マラソンをして搭乗口に駆け込んだことがあります。ナイフだけ入ったちっちゃな箱がファーストクラス対応の速さでピックアップレーンに流れてました。。。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 16:58
♫ ころたさん
魔法のお水もビデオも「どーしても要る!」ものじゃぁありませんから、いわば嗜好品ですものねぇ。でもこれらがないと香港滞在は豊かに過ごせない(笑)。わかります、というか、同感です。ただ、昔を思えばデジカメやスマホの機能で写真もビデオも撮れちゃうので便利になりましたね。同じ「便利」でも、ウチは「洗濯バサミ&物干し用ロープと洗剤を持ってけばホテル洗濯が便利になるよね」という異次元の解釈をしているので、やっぱり荷物は減りません。。。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 17:08
♫ 杏♪さん
今日はもう初五。春節ロング休暇のかの国の方々は、初十くらいまで常識なんだろうか?そういう皆様は、やっぱり大陸袋をうんと抱えての帰宅になるんでしょうね。杏♪さん、レスポのボストンと大陸袋の地味にお洒落なデザインは良い取り合わせになると思うので、ぜひぜひ1袋忍ばせて下さい。・・・いつも言うことですが、 “ 重いは想い ” なので、喜ぶ人の顔がパワーになりますよね。それにしても杏♪さんはすごい。・・・生命物、さ、さ、クツ箱クツ箱!!
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 17:19
♫ 花襲人さん
いえいえ、几帳面というよりも、「エンストから卒業したい自分」と「エンストさせるのを回避したい太太」という1点だけで試行錯誤するだけなのです。往復に費やす初日&最終日は出来れば避けたい2日間なのですが、里帰りには不可欠なハードルでして(当然ですね:笑)。レスポのバッグなのですね?「レスポが買えないから、なんちゃってレスポで過ごすんだ。」と、香港でしか使わないバッタもんレスポを使ってる太太です。気分がアガるそうで(呆)。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-12 17:27
♫ Jyujaiさん
僕はすぐ買おうとするタイプ。で、昔強引に説得して買ったり事後承諾で買ったりしたバッグ類が、ウチでは分解されることが(!)。チクチク作業後に完成品を見ると、見覚えのあるモノがミックスしてあって。「加えた持ち手は5年前のバッグの持ち手」とか「白い手提げの片隅についてたはずの “ ボッシーニのロゴタッグ ” が紺色のリュックの真ん中に縫い付けられてる」とか。分解&組み立てによって中途半端に残った布類が押し入れに眠ってます。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2016-02-08 06:15 | 香港くうこう | Comments(14)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ