緊急時に駆けつけるお仕事 その2 ~ 香港醫院管理局 ・ 香港消防處 ~

ウチの家の裏山から、ドクターヘリが時々姿を現す。
北東の方角から飛んで来て、南西へと飛び去って行く。
向かう先にはヘリポートを備えてる総合病院があるので。

救急車では搬送が困難な場合に活躍しているのだろうけど、けっこうな頻度で飛んで行く。



e0248743_1204353.jpg


e0248743_1211044.jpg




搬送が困難と言えば、香港ではどうなんだろう?
救急車(救護車)は、消防處の他に 醫院管理局や私立医院などから手配される。
香港内に病院(公立・私立)や各種センターは何ヶ所もあるから、
搬送先に困ることは無いみたい。

だけど、
昔から建っているアパート(唐樓)だと、
エレベーターが無くて 狭い階段で上り下りするしかない場合が?
早朝散歩をしていた夜明け前に、ホテルの近くに救急車が停まって、
ぐるっと歩いて来た後も ドアを開けたままだったことがあったけれど、
搬送が必要かどうかの判断以外に、搬出するのに手間取ることも きっと多いと思う。

ウチが泊まるホテルのエリアには古い唐樓が多くて、その中に護老院もあり、
年輩の方を乗せて走って行く回数が多いような気がしている。
滞在していた年は違っても、同じ建物に救急車が横付けされる場面を見ているので。



e0248743_1354439.jpg


e0248743_136561.jpg




香港で目にする車体のデザインは 多少の違いだけで大体よく似たデザインだし、
ナンバーはどれも【AMBULANCE】の【A】。
ただ、近年ときどき見かけるのが、イラストが描かれている車体。

相応しくない言いかただけど、かなり漫画チックなキャラクター。
こういうデザインも有りなんだなぁ。
路線バス(九巴)や地下鉄(MTR)のように、親しみやすさを意図したのか どうなのか?
先頭でストレッチャーを押してる1人は「一刻も早く!!」という顔つきだけど、
後ろから走って来る2人が、あまりにもお気楽な顔つきに見えて仕方が無いんだけど。。。
目つき ・ 眉毛や口元 ・ 駆ける足の広がり方さえ、なんだか違う(と思ってしまう:笑)。
不評だったからかは分からないけど、登場以降このデザインの車体はあまり見かけない。



e0248743_1463320.jpg




サイレンの音も回転灯の色も、日本とはいろんな部分で異なる 香港の救急車。
クルマの乗り入れが一切ない離島では、軽自動車の緊急車両だけが走っている。
ずいぶん前の事だけど、長洲島で見かけたのは、SUZUKIの軽を改造した救急車だった。

フェリー乗り場の付近では、日本製の小さな3輪運搬車が行き来しているけど、
走って来る救急車に気付いて 一斉に道を開けていたのを思い出す。
緊急車両に道を譲るのは、どこの国でも同じ。
島の病院(長洲醫院)の方角へ走って行ったけれど、
もしも処置が困難な場合は、やっぱりヘリコプターでの搬送もあるのかな?



e0248743_204390.jpg


e0248743_21027.jpg




街なかでは、【FIRE DEPARTMENT】の【F】ナンバーを付けた消防車にもよく出会う。
これも救急車と同じで、火災以外の要請で出動することの方が多いような気がする。
古い建物で配管が故障したりトラブルが多かったりする関係で活躍するのかな?と。
日本と違って、ものすごい高層マンションやビルが建ち並ぶ街だから、
はしご車が必要な時はどうするのだろう?

返還前からのつながりなのか、イギリスのDENNISというメーカーの車体が多い。
他に見かけるのがVOLVO(スウェーデン)やMERCEDES-BENZ(ドイツ)の消防車。
路線バスも同じで、ヨーロッパの自動車メーカーばかりが目に付く。
屈強で大きな車両が先を急ぎながら複数台で走って行く姿には、やっぱり緊張感が漂う。



e0248743_237021.jpg


e0248743_2373384.jpg


e0248743_2375571.jpg


e0248743_2381965.jpg


e0248743_2385183.jpg


e0248743_2393312.jpg




消火活動に欠かせない消火栓は、かなりの数で街の至る所に。
海水・水道水・未開通栓 ・ 廃止栓など、消火栓は色分けされているらしい。
以前、消火栓を撮り歩いていた時、小さな道でもきちんと設置してあることに驚いた。

消火栓を身近に感じるのは、消防車や消防隊が自分の近くに来たことが多少あって。。。
北角のホテルの部屋に居て、ホテルの真下に消防車たちが停まった時に怖かったり、
石塘咀のホテルに戻ってきたら 点検を終えて撤収して行く消防隊を見かけたり、
西營盤のホテルでエレベーターに閉じ込められて レスキュー隊のお世話になったり・・・。

11~13日間ほど滞在する里帰りを何度か重ねると、やっぱりいろいろと身近になる。
旅行者といえども、消防車にまったく縁が無いとは言えないんだなぁと思う。



e0248743_2493029.jpg


e0248743_2495192.jpg


e0248743_2502067.jpg


e0248743_2523696.jpg


e0248743_253712.jpg




日本で、香港で、
当たり前の暮らしを 当たり前に送るために、
無くてはならない緊急車両や署員や設備たち。
そういう環境が整えられていることって、それこそ当たり前のように意識せずにいるけれど、
とても大切で 本当にありがたい事だと思う。
命に関わる場面で頼りになるモノやヒトから、目に見えない安心感を貰っているのだから。

カエルくんをクリックして頂けると励みになります。066.gif

にほんブログ村
[PR]
Commented by sayachan28 at 2016-02-16 06:24
こえださん♪

ワタシも灣仔の消防局から出動するところに遭遇したことがあって・・・
消防車が反対側の車線に出るとき。
真ん中のゲート(って言うのかな)が
遮断機みたいなのが。がーーーっと上がり反対車線に出られるようになったのに
エラく感激したことがありました。(^m^)

異国の街で。救急車や消防車の音が聞こえて来るって。
なんだか好きなんです♪(ワタシだけかな。。。)



Commented by nicho at 2016-02-17 09:36 x
消防隊やレスキュー隊を見ると興奮してしまう私・・・

もちろんお仕事されている時はそんな風には見ていないですよ(´艸`*)
スペシャリストな彼らには本当に感謝ですよね。
有難い事にまだお世話になった事はないけれど。
そういえば、友達と食事をしていたら近くに座っていた年配の方が倒れられて彼らが駆け付けた事がありました。彼らが到着して数分、年配の方は通常に戻って自分の足で歩かれていましたが、彼らの適格な判断等は本当に凄い。改めて素敵なお仕事をされているな。と不謹慎にも思ってしまいました。

そうそう、消防車にも興奮してしまうんですよね。
少年か?と友達が思う程(笑)
街中で消防車には遭遇した事がないんですが、消防署を通った時シャッターが開いていて車の整備をされていたのをずっと見てました(笑)
完全に友達からは呆れられますけど(笑)

Commented by leslie339 at 2016-02-18 06:08
こえださん
残念ながら消防車も救急車もお世話になった事が無いし、滅多に見かけたこともありません。
深水埗とか油麻地とか打小人の所の消防署の前は良く通るのですが出動は一度も見た事がありません・・・
御縁が無いのかな???
Commented by 杏♪ at 2016-02-18 17:59 x
湾仔消防署の前を通っている最中に、いきなりサイレンがなって、消防車が出てくるとかなちゃったらどうしよう!
な~んて思って、速足になるのは私だけかしらん?
前を歩いている時ではなかったですが、1台が帰って来たところはみたことがあります。

まだ幸いにして救急車にもお世話になったことはないのですが(日本でも)、漫画チックな救急車、なくなっちゃったのですか?
緊急の緊張感の中、あの絵が少しいやしになるのかと思ってました。
うむ・・・緊急車両チックじゃないから、他の車両がよけてくれなくなるのかしらん?
Commented by Jyujai at 2016-02-18 23:15 x
消火栓、かわいいなあ〜。いろいろな形があるんですね。それにしても、こえださんの写真のデータ量、すごいです。香港で写してないものないんじゃないかと思うぐらい。
さて、本題。韓国で救急車両に道を譲らないことが問題になっているというニュースを目にしました。香港も道路事情が良くないところが多いので、渋滞なんかしてると大変なのでしょうねえ。
Commented by 爽子 at 2016-02-19 15:30 x
そういえば前回コメントした後ふと..。
最近の日本の警官て、唖然とすろような信じられない不祥事が多いですよね。
犯罪者紛いだったり。
全く安心感がないというか..。
香港では流石にそういう話は聞かないです。
関係ない話で失礼します。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 17:37
♫ sayachanさん
うわぁ、そんな造りになっているんですね?どんなふうに動くんだろう、、って書いて下さってるから分かりました(笑)でも、自分の目で1度見てみたいなぁ。写真で載せたように、まさに出動する瞬間に立ち会えたんですけれど、もう、車庫から出てくる消防車たちを見てるのに夢中で、どっちの方向へ走って行ったのかさえ覚えてません(笑)。こういうところ、さすが小学生男子。そっかぁ、反対車線へ行ったのかもしれないからそこを見届けるべきだった。。。サイレン音、同じ同じ。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 17:44
♫ nichoさん
僕もいつどこで消防車や隊員さん達を見かけても足が止まって見えなくなるまで目で追っかけてます。消防車に見入ってしまうnichoさん、ご同胞ということで、よろしくお願いします(笑)。ほんと、おっしゃるようにスペシャリストですものねぇ。職場の関係で消防署を見学しに行き内部を案内してもらったことがあります。仕事ないような仕組みを知れば知るほど綿密に系統化された仕事内容と手際の良さが分かりました。nichoさんのご体験はすごいですね。その場の様子は忘れられませんね。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 17:48
♫ 花襲人さん
ご縁が無い方が良いのかもしれませんよね。敢えて遭遇することが無い方が良いような?書いてらっしゃる打小人の正面にある消防署が写真で載せたところなのですけれど、すべての車両が出て行くまでの速さたるや、さすがに素晴らしいものでした。もちろん、その瞬間にあの道路をあれだけの渋滞状況で走っている路線バスやクルマたちがすべて見事に停止しているので、個人ドライバーはともかくとして公共交通機関の運転手たちは消防署前の停車禁止区域をいつも気にしているのがわかりました。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 17:56
♫ 杏♪さん
あぁ、そうかぁ。新型救急車のあのイラスト、そういう役目もあるかもしれません。いやホントに。(けど、どうしてあまり見かけなくなっちゃったのかは想像域でしかなく。)・・・救急車がサイレン鳴らして車列に追いついた時、2~3車線ある広い道路でさえ渋滞でどう仕様も動かなかったことを見かけたこともあります。日本も同じかな?左2車線も右の右折レーンも詰まってて、立ち往生してて。香港は一方通行が多いから緊急自動車も最短距離で行けないことがあるんでしょうね。逆行するってOKなのかな?
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 18:03
♫ Jyujaiさん
「消火栓をたくさん撮ってみたい」って思って過ごした滞在が3回ほどありまして(笑)。相変わらずの暇人。で、本当に細かな場所にも配慮されてるんですよ。ただ、おっしゃるように街の道路の造り自体が厳しいですよねぇ。一方通行があれだけ多い街、大回りしないといけない状況もあるのかなぁ。対向車を無視して入れるような道路じゃないし。韓国のニュース(僕は知りませんでしたが)は殺伐としてますね。大学受験シーズンだと警察車両や白バイで送ってもらえるニュースは絶えないのになぁ。
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-21 18:38
♫ 爽子さん
そうですね、不祥事がたくさん。余談ですが、警察や教育関係の人間が絡んだ犯罪って、【不祥事】って書かれたり言われたりする場合がほとんどですよね?限ったわけじゃないかもしれないけれど、他の一般人(っていういいかたも変だけど)が起こした事件だと【不祥事】の3文字はあまり見ないような気が。やっぱり、なんかこう、【信頼されてることが当然の職業柄の機関】で事が起きると、その部分が加わった表現になるんかなぁ?香港ではあり得ないのですね。それが正しいですよねぇ。・・・アチラで拝見しました。爽子さん、お誕生日おめでとうございます(大幅に遅れてると思われます:笑)。良い年になりますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2016-02-16 03:05 | 香港ご商売 | Comments(12)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ