乗り物で海に近付き 歩いてビーチに立つ

香港へ向かう往路、着陸に備えて機体が少しずつ高度を下げると、まずは船が見えてくる。
ポツポツと見え始めた船に続いて陸地が目に入り、胸の高鳴りがぐっと上がる。
「帰って来たよ。もうすぐそこへ行くよ。」
飛行機から遠かった海に近付いて行く過程って、いつもワクワクする。



e0248743_10164659.jpg




乗り物の中に居る間は、なんだか遠さを感じる海。
だんだん近付いて行って やっと到着し、
目の前いっぱいに広がった時、海のよそよそしさは すっかり消えている。
そういう時って、自分と海の “ 気持ちの距離間 ” が 縮まったように感じる。
この嬉しさは、滞在中に何ヶ所かで味わえる。

たとえば 長洲島で。

中環からフェリー(新渡輪)の普通船(高速船じゃない方)に揺られて40分ほど。
長洲島に向かう間、海面はすぐそこに横たわってるけれど、
壁に遮られているものだから、近くて遠い。

だけど、島に到着後 そのまま東灣路を歩いてTungWanBeach(東灣海灘)に向かうと、
両側を民家や海の家に挟まれた小道から、いきなり目の前にビーチが広がる。
「 ほぅら、そろそろ見えるぞぉ~、 3! 2! 1! ほほぉ~ぃ!!」
突然飛び込んでくる光景に、いつも「うわぁぁぁ~」って思う。



e0248743_10372523.jpg


e0248743_10375637.jpg


e0248743_10383026.jpg


e0248743_10385278.jpg




たとえば 赤柱で。

香港島の北側に集中している街から、南側の赤柱へ路線バスで向かう。
けっこうなスピードで山越えしていると、遠くに海岸線が見えてくる。
何度もカーブを繰り返しながら、少しずつ海へ近付いて行く。
西側から回り込む薄扶林道でも、中央からアプローチする淺水灣道でも、
山の木々に何度も遮られて じらされながら乗って行くと、海は近くに来てくれる。
やっと終点に到着してバスから降りると、赤柱の小さな町。

土産物屋が軒を並べる赤柱大街に向かって歩き 左へ曲がって細い路地に入る。
両側に並ぶお店が消えるまでまっすぐ歩き、観光客が引き返す突き当たりを更に進むと、
右側の木陰越しに小さなビーチが現れる。
引き返した人々は逆方向の赤柱廣場方面へ行きがちなので、
人影の無い 寄せる波の音だけが聞こえる 隠れ家のような秘密のビーチ。



e0248743_1243732.jpg


e0248743_1245976.jpg


e0248743_1253961.jpg


e0248743_126086.jpg




たとえば 石澳で。

筲箕灣のバスターミナルから 9番の始発バスに乗ると、
東から回り込む石澳道をくねくね走って山越えをし、小さくて静かな町 石澳に到着する。
ひなびたバス停で降りて、こっちにもそっちにも寝そべってる猫達に挨拶しながら歩く。
ゆるやかな坂道を上がりきると いきなり目の前に海が現れる。
視界いっぱいに広がる海は、遠洋まで見通すことが出来る。

突き当たりを左に歩けば、波が岩に激しくぶつかる荒々しい海岸が続く。
反対方向の右へ歩けば、のんびり過ごす人々が居る広いビーチが迎えてくれる。
ゆるく弧を描くような砂浜で、裸足になって歩きたくなる。



e0248743_12151218.jpg


e0248743_12565292.jpg


e0248743_12575424.jpg


e0248743_1258176.jpg


e0248743_1259153.jpg




どのビーチも、
乗り物の中から遠くに見えていたものが、わずかな時間で自分の足元に来てくれる。
街 から 町 へ。
コンクリートの街 から ビーチのある町 へ。
街と海とが隣り合っている香港だから、
エネルギッシュな街の空気から少しだけ離れたくなった時、海はいつでも迎えてくれる。

青空が広がる晴天の日は、自然を求めてやって来る香港の人々で混む。
だから、
曇った日や小雨の日だと、ビーチのある小さな町で 思う存分深呼吸できる。
じつは、晴れ渡った日以上に 海は「ようこそ!」と両手を広げて迎えてくれる。


カエルくんをクリックして頂けると励みになります。emoticon-0103-cool.gif

にほんブログ村
[PR]
Commented by silentmiaow at 2016-03-02 15:55 x
こえださん、
香港に到着してエアポートエクスプレスから見える海にまずテンション上がるくせに、その後「海の近いこと」をうっかり忘れるワタクシ。深夜のコーズウェイベイや天后の高層階からふと外を見て、遠くのキラキラは、あれは海じゃないか~って改めて感動したことあります。

香港でビーチを歩くことはなかなかないのですが、次回はひさびさに長州島でも行ってのんびり海風楽しんでこようかな~(マンゴー大福、まだ売ってるかなあ・・・・)
Commented by leslie339 at 2016-03-03 21:57
こえださん
聖士提反書院から赤柱まで海岸を歩きました。
石澳には9月に行ったので、まだ海水浴シーズンで日本で言う海の家の客引きのおばちゃんが沢山いました、ここで初めて無料で綺麗な更衣室とシャワーがある事を知りました。
全部レの人のロケ地巡りでした。(笑)
Commented by 爽子 at 2016-03-05 12:06 x
どのビーチも人が疎らでこれなら行きたいかも..!
平日でしょうか、良い時に行かれましたね。
ところでコメント返しの日本のスタバ10秒ルール、知りませんでした。
品質を保つ為の細かい努力、でも勤務されてる方は色々タイヘンなのだろうなぁ。
Commented by Jyujai at 2016-03-06 00:13 x
香港島のビル街や九龍の雑踏にいると、海に近いことなんてすっかり忘れていますね。スターフェリーにのってる時ですら、そこを海と思ってないかも。
波の静かな砂浜。穏やかな光と色。そんなところが、近いなんてね。
平日の長洲島の静けさ。赤柱の小さなピアでのんびりする人たち。
街の喧騒から、ほんの少し離れたい時に行きたい場所です。
Commented by ころた at 2016-03-06 08:07 x
大都会、コンクリートジャングルも香港の顔だけど
そうそう、いろんな海、砂浜も岩場もたくさんの海の顔も持っているのが香港ですよね。
ちっちゃいところにぎゅっと。
長州島の写真なのかな?
なんだか子供の頃に体験した海のよう
両側に並ぶ海の家、その先に見える青い海に心ときめかせた気持ちが
この写真を見ているとうわぁっと湧いてきました。

貯水場の淵を走るお写真
二度目の香港。赤柱方面に行きたくて、何を調べたか記憶にないんだけど太古から乗ったバスがここを通りました。たぶん、そのときに通ったのが最初で最後かなぁ。
当時より高所恐怖症が悪化しているので、もう通れないかも。
Commented by ya_mei888 at 2016-03-06 20:01
ころた様と同じで、わたしもこの道は通りたいけど怖いです。涙
実は石澳の山越えも、いつも怖いんです。笑
でも、そんな怖い思いをしても行きたくなる海岸ですよね。

今年は冬の赤柱、淺水灣に行く予定です。
Commented by Shangrila at 2016-03-08 20:49 x
みょー〜にビーチに行きたくなりました
どれもアトラクティブすぎます
ましてや長い休暇のとりずらい今年、一回くらい海にいきたいなぁ
ってかフェリーに全然のってない。
あ、vans買いに行ったとき乗りました!!!!
それだけ。笑
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:00
♫ silentmiaowさん
あの空港電車(乗り慣れていないのでなかなかAELとか言えず:笑)に珍しく乗った時、空港から出てわりとすぐの途中で海の中から数本の杭が出ているところを目にします。杭かな?木かな?「あれを見ると香港に来たっていう気持ちになる」とおっしゃっていた友人がかつていらっしゃいまして。そっかぁ、天后あたりの高層階から見える夜の海ってどんなんだろう?1度見てみたいな。・・・長洲島のマンゴー大福?!えっ!?どんな?知りませんでした。見に行かなきゃ。あぁ、厚岸に次ぐ気になるワード(笑)。
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:07
♫ 花襲人さん
そこから赤柱まで海岸沿いに歩けるって知りませんでした。いやぁ、1度行ってみたいなぁ。逆コースで歩いて行って書院から戻って来てみようかな。あの先って、軍事関連の施設やお墓や監獄でしたよね?なんだか近寄りがたいけどだからこそ少し覗いてみたいような場所。花襲人さんがそうやって海岸を歩いて来られたということは、写真に載せたこの秘密のビーチも通過されたんですね。・・・そうそう、公衆浴場は次回こそ入ってみたいと思っています。入るからには、やっぱり浴びて来たいと思っています(笑)。
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:11
♫ 爽子さん
そうなんです。おっしゃるようにウチがこうしてビーチに出向いた時はやっぱり平日でした。以前、週末に出掛けてすっご~い人混みで「ちょっと違うよなぁ」って思ったことがあって以来、土日を避けるようにしています。土日って現地もですけど、やっぱり交通機関も混みますしねぇ。普段は建物に囲まれて忙しく暮らしている香港民の人々だから、休日はやっぱり自然の触れられる場所に出たくなる気持ちはもっともなので、一介の旅人は邪魔しちゃいけないですから(笑)。・・・日本のスタバかなり徹底してますよ。
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:17
♫ Jyujaiさん
あぁ、たしかに。スターフェリーって、それこそあんなに海に近付けて頻繁に利用できるのに、砂浜で海に触れる感覚とはまったく違いますね。おっしゃるとおりだぁ。赤柱のあの碼頭、前回あそこに行った時にね、Jyujaiさんの赤いスニーカー(赤でしたっけ?)の写真を思い出してたんです。桟橋に立ってて両足のスニーカーを上から写してらした写真。あれがステキで印象深くて。真似して足元写真を撮って来るのを忘れた(笑)。・・・ビーチは近くで波の泡を、、遠くで光る海と水平線とを味わえるからいいですね。
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:34
♫ ころたさん
自分も同じように高所恐怖症的なものが増してきたかもしれません。あのダムの場所を通ると、以前よりもドキドキするようになりました(笑)。あそこの譲り合うタイミングって良いですよね。バスはもちろん、タクシーや自家用車も互いに大きさと優先順位をちゃんと考えて通行してて。ん?信号ありでしたっけ?不確かだから見て来なきゃ。・・・長洲島には、かのT様とそのお嬢さんとご一緒したことがあります。印象深い良い時間でした。台風が近づいてて島に居る間にシグナル3になり、それもドキドキでした。
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:35
♫ 一美さん
そうですよね、多少怖い思いをしたりカーブのたびにドキドキしても、やっぱり行きたくなる場所ですよね。石澳は本当に大回りする道路ですけれど、やっぱり乗っている間に海が見え隠れする回数があるぶんだけ嬉しくなります。いや、じらされながら嬉しくなる瞬間が多いっていうことそのものが良いんかな?だからまた行きたくなるという繰り返しです(笑)。・・・よかった。冬にご予定なんですね?以前「香港はもうしばらくはいい」というようなことをおっしゃっていたので気になっていて。よかった。ぜひぜひ!
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-10 14:36
♫ シャングリラさん
あのお店に出向かれた時に乗ったということは、新渡輪の方に乗られたのでしょうか?それともスターフェリーで渡ってからぐるりと回ってあの街へ向かったのかな?友人の行きかたをあれこれ思い描いてみるっていうのは、楽しいもんです(アブナイかもか?:笑)。・・・そうですねぇ、の~んびり過ごせる海辺に行くためには、どの地も往復ある程度は他の人々と一緒に乗り物に揺られて行くわけなので、ちょっと手間はかかるかな。大したことじゃないけれど、そのぶんよけいに到着後に解放されるのかも?ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2016-03-01 13:55 | 香港ふうけい | Comments(14)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ