敬う場所に飾り付けられた 美しい細工  ~ 香港の廟 その3 ~

撮りためた写真を見直していると、
香港のそこここに建つ廟に共通するものを感じることはいくつも。

「この廟にも、やっぱり木々が寄り添ってるね。」 → 廟に寄り添う樹木たち
「無音の空間、漂う煙と光、心地良いよなぁ。」 → 信仰の場の音と渦巻き線香たち
・・・で、同じように、
「ここの細工も、また美しいねぇ。」 と見入っちゃうのが、門や壁や屋根を飾るもの達。
多くの場合は左右対称のシンメトリーな装飾で、描かれているんじゃなくて立体的な細工。

樹木に見惚れて 内部にすっかりほぐされて出てくると 見逃しがちになる自分だけど、
外から飾りを眺めた時も、「ここにお邪魔しに来てよかった。」 と いつも思う。



e0248743_20292882.jpg


e0248743_20365136.jpg




どうなんだろう?
祀ってある神様の廟によって、違いとか同じ部分とかあるんだろうか?

香港の廟で祀られている神様たちは、それぞれ。
武道の神様、海を守る神様、学びの神様、商売の神様・・・・・・。
その廟ごとに、飾り細工にも何か共通したものがあるのかなぁ?
まったく分からない。

お目出度さや縁起をかつぐもの達が目に付く。
金魚。
龍。
桃。
蓮。
鳥。
門塀や屋根飾りの細工の細かさは独特。
ヒンドゥー教の寺院も少し似たイメージで 細かくて様々な色が使われているけれど、
やっぱり儒教ならではのものが彫られ飾られているような気がする。



e0248743_20332128.jpg


e0248743_2035143.jpg


e0248743_20382986.jpg




“ 神様を祀る ” とは違っても、偉人や祖先を祀る場には、やっぱり廟と似通う飾り付けが。
史跡 ・古蹟(古跡)を巡っていると見かける建物の細工が、そう。

屏山文物径や龍躍頭文物径を歩いて行くと、
出会う建物それぞれに、
人々が敬う場として時を経てきた細やかで美しい細工 が施されている。
その近くにある客家の方々の住まいや門の様子にも、同じ気持ちを持つことがあるし。



e0248743_20403675.jpg


e0248743_20405974.jpg


e0248743_2041377.jpg




この空間の中でしか頂けない何か。
異教徒の旅行者としてお邪魔して、建物から外へ出て、門をくぐって歩道に出る。
眺めると、廟の天井から漏れて立ち昇る線香の煙と飾りとが一緒になって美しい時がある。
雨天だとちょっと見づらいけれど、雨で浄化され日に焼かれて時を経てきたことを感じたり。

廟で過ごすひとときは、落ち着き穏やかに過ごせる時間。

目から屋根飾りや廟内を愛で、
鼻から渦巻き線香の香りを味わい、
耳から音の消えた空間で “ 静と気 ” を受け取る。

「ここにお邪魔しに来て良かった」 と やっぱり思う。



e0248743_20423882.jpg




だけど。
ほんとにそう思うんだけどさ、
廟を出ると 一気に全身が俗っぽさに戻る小学生男子。
視覚・嗅覚・聴覚などなど総動員で特別な空間に居たものだから、
感覚すべて使い果たしてるから、廟を出たあとは とたんにお腹がすくわけで。。。

頭の先からつま先まで穏やかだったはずなのに、
廟に背を受けたとたんに一気に襲ってくる空腹感。
「 さ、さ、なに食べる~? 」 
「 どの店へ行く~? 」 
「 飯? 麺? 」
・・・・・・。
・・・・・・。
あいかわらず。。。



e0248743_937895.jpg




そう言えば。
とある街を歩いていて、見上げた建物の上階に廟らしき部屋を見たことが。

そう、
“ 廟が建っている ” ではなくて、
“ 廟が入っている ” というような。
ベランダの上に「●●古廟」と記された表示が掲げられているように見えたんだけど、
風がやんでる中では、その旗がどのような物だったのかも分からず。
他と同じように神様が祀ってあるのか、新興宗教のようなものなのか、それも分からず。
「アパートの一室に廟だとしたら、これもまた香港ならではなのか?」と。

一般的な廟や 文物径で祀られている建物たちは、
敬う人々が訪れに来る以上、この先も絶対に取り壊されることはない。
だけど、もしも廟が入っているのだとしたら このアパートはどう扱われるんだろう?



e0248743_2055977.jpg




次の里帰りでも、きっとまた再訪する廟がある。
新規開拓で歩いたことが無い道を行けば、「初めまして」の廟もあるかも。
2倍速3倍速で先を急いで移動する里帰りだけど、
廟や文物径などのように祀られている場は先を急がずガツガツしないでお邪魔してみよう。
「 いやぁ~、出来ないんじゃないの? 」
・・・そうだねぇ・・・自信は無いけど、身を任せられたら良いねぇ。

カエルくんをポチッとして頂けると、励みになります。026.gif

にほんブログ村
[PR]
Commented by ころた at 2016-04-20 17:31 x
知っているとこ、初めてのとこ
あるけれど
でも、なにげな~く、上は見上げているけれど
いや、上だけでなく壁もかな
素敵な芸術がたくさんあるのに
気づいていないものばかり…
何を見ていたんだろう。
きっと、こえださんよりも早く
俗世間に目が向いており、
頭の中は
「何食べよ?」
「どこへ行こう?」
の占める割合が多くて、芸術を感じるメモリがないんだろうな(笑)
Commented by hongkonggaffe at 2016-04-25 09:58
♫ ころたさん
コメントお返しできるのが遅くなってしまって、ごめんなさい。僕も見ていないこと&見逃していることが、た~っくさんありまして。これらの廟だとまだいい方ですけれど、茶餐廳や冰室はじめ、飲食関係のお店の軒先とかダメですねぇ。お店を目にすると入る前から「あぁやっと到着、さ、さ、なに食べる?なに飲む?うひひ!」と本能だけが先走ります。もう、ほとんど前のめり状態で足をもつれさせながら入店。で、モリモリ食べてプハァ~っと出てきて、満たされたまま頭が空っぽになってて、次へといそいそ歩き始めちゃう。・・・飲食店の趣きある外観や集う人や陳列品などなど、すっ飛ばしてますよ。芸術を感じるメモリ空き容量ばかりです。(笑)・・・まぁそれでいいんでしょうかね?「あ、見逃した。また行かなきゃねぇ。」と口実になってて。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hongkonggaffe | 2016-04-15 22:50 | 香港ふうけい | Comments(2)

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ