<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

可愛らしい朝食と地元らしさとが味わえる ホテルLBP~その2~

前記事の「その1」に続いて、
ホテルLBPの「その2」として、ホテルで自由に(無料)摂れる朝食について記しておきます。

ホテルLBPは、まだオープンして間もないことから、
キャンペーンになっているのかもしれませんが、
宿泊予約をすると、フリーの朝食サービスがもれなくついてきます。
1泊9500円(13年7月宿泊時)ほどの中に、朝食も含まれているわけです。

ホテルの朝食は味気ないだろうし、どこの国も同じだろうから、
ちょっと遠慮しておきたいな・・・といつも思うウチです。
よって、
毎朝、ホテル近辺の麵飽餅店(パン屋)や粥麺店や盅飯店などで、
それぞれ好きなものを外賣してきて、
部屋食するのが、今までの常でした。
・・・そういえば、地元食の部屋朝食しか、今まで記事にしたことがありませんよね。(笑)

でも、
今回利用したホテルLBPに無料でついてくる朝食には、魅力を感じました。
じつは、11日間ずっと利用してしまいました。
(外賣してきたものをダイニングに持ち込んで、加えて食べた日もありましたが。)



e0248743_728060.jpg


e0248743_7281312.jpg


e0248743_7282589.jpg


e0248743_7283763.jpg


e0248743_7285141.jpg


保温照明の下に、ウインナーやハッシュドポテト・フィッシュフライなどが出てくる前ですが。
e0248743_729569.jpg




シンプルではありますが、
朝食としては十分な品々が、可愛らしいダイニングに準備されています。

新鮮なフルーツ各種・日替わりのヨーグルト(フルーツ味各種)、
焼きたてとはいかないけれどデニッシュ類やパンケーキ・マフィン・スコーン・クロワッサン・パン類。
保温照明に照らされたウィンナーやハム類・スモークサーモン・ハッシュドポテト・フィッシュフライ・ビーフパテ。
ゆでたまごにチーズ・バター・ジャム・メイプルシロップ・はちみつ・3種類のシリアル。
新鮮なミルク・美味しい熱いコーヒーや紅茶・フレッシュジュース・・・などなど。
コンチネンタルブレックファスト以上のものを網羅した品揃えと言えばいいのでしょうか。

これらの朝食ブッフェは、7:00~10:30まで提供されていて、
可愛らしい大きさ(笑)のダイニングルーム(パソコン2台付き)でいただくことが出来ます。
欧米人の方々の中には、
果物や飲み物などを自室に持ち帰る方も多かったかな。
ちょっと豪華なメニューがそろったホームステイ先で食べる朝食というイメージでした。

ホテルLBPのレビューにも記されている通り、
豪華メニューのブッフェまでは望みはしない宿泊客にとっては、
十分すぎるメニューでした。



ドラゴンフルーツとブルーベリー、美味しくてたくさん食べたなあ~。
e0248743_7395026.jpg


e0248743_740671.jpg


e0248743_7402085.jpg


e0248743_7403493.jpg


e0248743_741365.jpg




これらの朝食に魅力を感じたのも事実ですが、
前述したように、今までのホテル朝食では、
あえて地元の香港らしいお店のものを外賣してきて、部屋に持ち帰っていた我が家が、
外賣することを凌駕して、LBPの朝食に魅力を覚えたのは、
こうした可愛らしくも充実した朝食を無料で気持ちよく提供してくださるスタッフの心意気(おもてなしの心)と、
朝食をいただけるその「環境」にありました。

お洒落で清潔で明るいダイニングで食すのもいいのですが、
併設されているテラスに出て食べることもできるのです。

建物の4Fに位置する可愛いテラスは、
三方を近所のマンションや公園に囲まれるように設えられていて、
いかにも、地元マンションの屋上で、ゆったりと食事をしているかのような環境。
冷房キンキンのダイニングから席を移して、
生暖かい(笑)朝の街の外気の中で、マンション群や唐樓(アパート)や空を仰ぎ見ながら、
今日の予定を語り合いつつ楽しむ朝食の時間・・・これは、とても魅力のあるひとときでした。



e0248743_7501434.jpg




ホテルにつきものの朝食ブッフェ。
・・・でも、
豪華な品数や賑わいだけではなく、
いただく環境や雰囲気に地元暮らしのようなニュアンスが加わると、
味わいも大きく変わってくるものなのだなあ・・・と実感するホテルLBPの朝食タイムでした。

018.gif060.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしてくださると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-29 07:54 | 香港たべもの | Comments(24)

快適に過ごせた ホテルLBP ~その1~

今回お世話になることを選んだホテルは、
やはり好みな上環地区にあります。

上環は、上環から西の西營盤に向けて散歩しても、
東の中環や、その脇道の路地に入り込んで散歩しても、
いつも飽くことのない面白い体験や興味深い景観が楽しめるので。
で、
日本に居る間に、上環ではどのホテルにしようかといろいろと思案しました。

最終的に絞ったのは、
バタフライ・オン・ハリウッドとイビスとLBP。
バタフライ・・・は、前セントラルパークホテルですが、体験済みなので、
新規開拓という気持ちで、イビスとLBPとで選択。
その結果、
どちらも新しいけれど、
より新しく、マンションやオフィスビルを改築した造りのホテルという点に興味をひかれて、
ホテルLBPに落ち着きました。(LBPは、まだ今年の地図にさえ載っていません。)

結論から言えば正解で、とても居心地がよく、利便性もあるホテルでした。

オフィスビル兼用となっていますので、
初日のチェックイン時だけは、GFの警備員さんが、4Fのレセプションまで誘導してくれます。
それ以降は、
エレベーターキーとルームキーとをそれぞれの場所でセンサーにかざして利用する仕組み。
1人に、エレベーター用と部屋用の2種類のカードを渡されて使い分けますが、
なんとなく民泊しているかのような、面白い気分。(笑)
機械だけでなく、警備員によるセキュリティーも、本当にしっかりとしていました。



e0248743_7202816.jpg


e0248743_7204119.jpg


e0248743_7205355.jpg




チェックイン当日は14:30頃到着しましたが、部屋はもう準備されていました。
部屋は、ツインベッドルームを予約していたのでその通り割り当てられましたが、
一人旅で利用されるような、ダブルやクイーンサイズベッドの利用を選べば、
部屋が二つありミニキッチンやリビングなども付いた面白い造りの部屋を
割り当ててもらえること(追加料金なしで)も、可能でした。

ウチは、旅行事前のホテルとのメールのやり取りの中で、
2間ある部屋の造りよりもツインベッドルームを選び指定しましたが、
ベッド周りも余裕のある広めの部屋でした。

旧オフィスビルやマンションの頃の雰囲気を漂わせながらも、
部屋はきれいにリノベーションされていますが、
やっぱりどこか、ホテルホテルしていない造り。
明るい窓からは、道路を挟んで向かいに建つ唐樓(アパート)や商店が、
間近に眺められる環境も、ウチ好みです。
夜になると、それぞれの部屋の灯りが美しく、地元の人々の暮らす気配が感じ取れて、
ホテルに居る居心地の良さと、民泊しているかのようなローカルな味わいを楽しめました。



e0248743_7294988.jpg


e0248743_730861.jpg


e0248743_7302073.jpg


e0248743_730379.jpg


e0248743_7304961.jpg




ここのスタッフたちは、とても若い面々でした。
で、笑顔でいつもきびきび対応してくださり、
いろんな質問やリクエストにも快く受けてくれて。・・・女性スタッフが多いかな。
とても気持ちの良いサービスを、滞在中ずっと提供し続けてくださいました。

さて、部屋ですが、
クローゼットは大きめ、テレビは薄型液晶32インチ、デスクに椅子。
ガラスドアで2重に仕切られた洗面スペースとシャワールーム。
フリーハンドのシャワーとレインシャワーが付いた、お湯の安定したシャワー。
使わなかったけれど、WiFiはフリー。しかも高速で快適につながるようです。(レビューによると)
部屋からのローカルコール(新界・離島を含めた香港以内なら)も、フリー。
行き届いた掃除や清潔さなど、
新しいホテルとして、十分に快適な設えとなっていました。
・・・短期滞在だけでなく、長期滞在するのにも、応えてくれるホテルLBP。
そんな印象です。

次記事では、
無料でついてくる、ホテルの可愛らしくなおかつ素敵な朝食ブッフェについて、
忘れないうちに記しておこうと思います。


001.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-26 07:39 | 香港ふうけい | Comments(28)

1日のスタートをフレッシュジュースで

7月の香港はすごしやすかったです。
適度に晴れて、適度に雨が降って。
1日の間に何度かスコールのような雨が降ってくる日も、香港らしくてOK。
突然の雨がやってくると、
地元の人たちのように、「あいやっ!あいやっ!」と言いながら、
小走りに走ったり、SCや軒下に避難したり。(笑)

夏の香港で、そこそこ気温もあって湿度も高いのですけれども、
なんといっても、日本の「今」よりも過ごしやすい。

日本の方が、暑くてジメジメしていて、過ごしにくい・・・と、実感しました。
(特に、ウチの住んでいる場所は、この時期、酷暑ですから。)
そんなわけで、香港から帰国した途端に、
むわっと身体を包む日本の空気が重たかったことと言ったら。。。

・・・まだ、写真の整理がついていないので、
しばらくは、過去の訪港の記事と、この7月の訪港の記事とを混ぜながら、記します。




4~5時台の夜明け前と、7時台の夜明けの後。
いつものように早朝の散歩を2回楽しんだ後は、
部屋に戻って、熱いシャワーを。
身体と気持ちとが、本格的に目覚めます。

カラカラに乾いた喉を潤すのに、
今朝はジュースを。

朝の2度目の散歩の途中の七仔(セブンイレブン)で買い求めて来たもの。
Deli Fresh。100%Made in HongKongと印字されています。



e0248743_743690.jpg


e0248743_745445.jpg




セブンイレブンのオリジナルジュース。
これ、けっこう好みで、常連さんです。

味わいはいろいろ。
グレープフルーツ・マンゴー・オレンジ・ストロベリーオレンジを含めた6種類ほどがありますが、
マンゴーやグレープフルーツなどを選択することが多いです。
どれも330ml入りのボトルで、23~44kcalと、おなかを満たしてくれます。

街の果物屋さんやジューススタンドで飲む生ジュースには適わないかもしれませんが、
街を歩き回るのに忙しくて、
2倍速・3倍速のような行動をしているウチは、
朝のこうしたジュースを活用しています。



e0248743_7102044.jpg


e0248743_7103391.jpg




Deliに合わせるのは、
やっぱり散歩の途中に手に入れたパンや巻蛋やデニッシュたち。
ここに、粥麺店の豆漿(豆乳)や、備え付けのインスタントコーヒーで作るブラックコーヒー。
ホテル近くには、パシフィックコーヒーやスタバなども充実しているので、
そこでコーヒーを手に入れてくるのもいいかもしれません。

ホテルの朝食ブッフェとはいきませんが、
100%香港製造のフレッシュジュースで、身体を覚醒。
部屋食の朝食で、心身ともに起きて、今日1日をスタートです。
「さあ~今日も歩き回るぞ~。・・・で、どこに行こう?」と、
思考と身体のエンジンがかかり始めます。


043.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-23 07:30 | 香港のみもの | Comments(32)

胸の高鳴りがMAXになるのは どこでしょう?

香港に向かう行きの飛行機の中では、
約5時間弱ほどの間、ワクワク感でいっぱいですよね。

日本でも台湾でも香港でもない、不思議な別空間の空の上。

細かく正確にいえば、どこの国の領空内を通過しているのか、
限定することは可能なのでしょうけれど、
日常のこまごまとしたことや諸事情なんて取り払って、
非日常の空間の中でゆっくりしつつ、
とんでもないスピードを出す鉄の塊に身を委ねていられるひととき。



e0248743_18182562.jpg




5時間弱ほどの飛行時間って、
ちょうど良い長さの時間のようにも感じます。
欧米路線や西アジア路線のように長~いあいだ、いわゆる我慢をしている必要が無いし、
飛行中の時間をゆとりをもって楽しめないほどの短時間でもないし。

詰め詰めに予定を入れるつもりは全くないのですけれど、
「今回はあそこに行ってみよう」「ここへ再訪しよう」などと、
あれこれ楽しく思いを巡らせている間に、食事を挟んでちょうど良い時間。
それが香港までの往路の時間のように感じています。

みなさんは、
「いよいよ香港、帰ってきた~!」という高まりが、いちばん最高潮になるのは、
どこに差し掛かったときでしょう?



e0248743_18221754.jpg


e0248743_18222927.jpg




お友達の太太さん(ウチの太太ではありません)は、
「國泰航空(キャセイ航空)の機内に入った時から」
と、おっしゃっておられましたっけ。
なるほど、そうですねえ。キャセイの魅力って、大きいです。

他にも、過去コメントをいただいた中で、
「・・・香港機場でイミグレを通過するとき」
「・・・空港バスやAELで青馬大橋を渡るとき」
「・・・市街地がだんだん見えてきて、香港島の遠景が望めたとき」
などなど、「いよいよ香港。ただいま~!」っと感じるという想いをいただいたことがありました。
そのどれもに、納得したりして。



e0248743_18341488.jpg


e0248743_18342795.jpg




僕はと言えば、この写真の時かなあ。

機体が完全に停止して、手荷物を取って、機体前部のドアを出たとき。
ボーディングブリッジに足を踏み入れて通路を歩くときや、
建物内に入って、動く歩道の4文字プリントを足でまたぎ越すとき。
  緊握扶手
  請勿停留
その瞬間に、いちばん初めに心が高揚するように感じます。

昔、啓徳空港だったときは、
機体ドアからタラップに出て、階段を降り、
直接啓徳空港のコンクリート地面に足をつけたときだったりしましたっけ。。。

みなさんは、
「いよいよ香港、帰ってきた~!」という高まりが、いちばん最高潮になるのは、
どこに差し掛かったときでしょう?

・・・明後日から、ちょっと出かけてきます。
しばらく留守にします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
更新が無い間、
右欄→の「タグ」や「以前の記事」からのものなどをご覧になっていただいたりして、
ポチッとカエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
次の更新は、22日以降になると思います~。どうぞよろしくお願いします。

060.gif・・・こえだ。
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-09 18:44 | ごあいさつ | Comments(30)

ドキドキしながらローカルコール

そんなに何度も頻繁に出かけられない香港。
香港在住の日本人や香港人の友人と落ち合うのは、
数少ない貴重な機会です。

訪港して、友人の携帯に電話をする・・・。
何度経験しても、ドキドキわくわくするひとときです。

公衆電話やホテルロビーなどに備え付けの電話からのローカルコール。
アドレスメモに記してある番号を久しぶりに見直しながら、
間違えの無いように、1つ1つの番号ボタンを慎重に押したりして。



e0248743_7114183.jpg




コールの後、しばらくぶりに耳にする友人の声が受話器から。
「ワ~イ~」
「ああ!こえだ(or太太)です~」
遠い地でローカルコールした第一声は、
なんだかあっけなく近くに聞こえます。

ひとしきり話した後、
落ち合う日時と場所とを決めます。
ウチの場合だと、場所はなぜだかMTRの出口付近が多いかな。

電話でこうして会話し始めても、
待ち合わせ場所で久しぶりに顔を見ても、
何ヶ月もあっていなかった時の長さを感じない会話。

日本に居るあいだに、
メールやブログコメントなどでコミュニケーションしていられる賜物ですよね。



e0248743_7165085.jpg




そうそう、
こうして友人にローカルコールするときの電話機は、
ホテルに備え付けてない場合には、
探すのに少しだけ手間がかかります。

香港の公衆電話って、
壊れたままに放置されていることが多々ありますから、
何不自由なく電話できる環境かというと、そうでもないんですよね。
携帯電話やスマホが完全に普及している香港だから、
いまどき公衆電話って、数少ないですし。。。

こんな時、
ローカルで使う携帯電話がひとつあれば、
いつでもどこからでも連絡を取り合えるのだけれどね・・・。
とは思うのですが、
そこまで不自由を感じていないことと、
公衆電話などでドキドキ感を味わえることを理由に、
いまだに香港用携帯電話を持っていないウチです。(笑)


030.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-07 07:23 | 香港ふうけい | Comments(21)

乗りたい想いを募らせて ~自宅で香港 4 ~

e0248743_5553641.jpg




訪港中に、ウチが一番お世話になっている交通機関は・・・というと、
やっぱり路線バスです。

その次が、トラムとスターフェリーかな。
MTR(地下鉄)や的士(タクシー)などの速度の速い乗り物は、
なぜかほとんど利用しないウチです。
あ、小巴(ミニバス)は、緑バスなら利用することがありますが、
ミニバス全般が、少々難易度が高くなりますし。
やっぱり、路線バスかなあ。

どこへでも連れて行ってくれる、
地元の皆さんと乗り合わせることができる路線バス。
香港のバスって、
そのほとんどが2階建てのダブルデッカーバスですから、
香港ならではという特徴の豊かな交通機関でもありますよね。



e0248743_614947.jpg


e0248743_6239.jpg


e0248743_621723.jpg




というわけで、
昔からバス模型を気の向くまま、たびたび買い求めます。
マッチ箱を少し大きくしたようなミニサイズや、
ペンケースをひとまわり小さくしたようなサイズまで、
メーカーごとに製品化されている大きさやデザインは、さまざまです。

80Mバスショップで買うのもいいのですが、
バックミラーは付いていなくて、多少デフォルメされていても構わないのならば、
吉之島(ジャスコ)のおもちゃ売り場なんかにもあります。

昔から見ていくと、
もう、その会社ごと無くなってしまったチャイナモーターバスのモデルや、
期間限定で走っていたラッピングデザインのモデルなどもあり、
それぞれに表情が異なります。



e0248743_68167.jpg


e0248743_683336.jpg




ああ~バス乗りたいなあ~という気持ちと、
暇があるときには、
本棚や机の上から取り出してきて、
撮ってきた写真を眺めながら、コラージュ。

いい大人が、香港で撮ってきた情景の写真に似せながら、
ミニチュアバスで遊んでいるのですから、
はた目から見ると、はて、どうなんだろう。。。

簡単に写真を真似たものは、
上が本物の写真で、下がミニチュアです。(笑)
  ↓  ↓  ↓  ↓
e0248743_6131048.jpg


e0248743_614532.jpg


e0248743_6145648.jpg


e0248743_6154679.jpg




でも、
どんなに遊んでも、
あの音や揺られ心地や車内の喧騒などは、再現できません。

日本の路線バスでは味わえない、
香港ならではのダブルデッカーの路線バス。
そろそろバス旅に飢えてきているので、
また乗りに行きたいなあ・・・という想いが募ってきています。


027.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。・・・最近さみしいので、ぜひ~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-04 06:20 | 自宅で香港 | Comments(18)

美味しい盅飯めざして いざ大埔へ

盅飯が、大好きです。

飲茶のメニューの中には、盅飯もけっこう高い頻度で入っていますが、
太太と二人っきりだと、
昔と違って、飲茶しに行っても、点心をいくつも食べられないので、
おのずと、盅飯に出会うチャンスが減りました。

よく宿泊する地域には、
盅飯のみを扱っている店があってくれるので、助かっています。

だけれど、やっぱり取り扱いが少ない盅飯。
今まで食べた中でもお気に入りの盅飯店に行きたくなって、
大埔へ、バスで向かいました。

香港島の西區から大埔までは、けっこう距離があるのですが、
美味しい盅飯のためなら、なんのその。
路線バスは東トンネルをくぐり、ビュンッと走ります。



e0248743_762598.jpg


e0248743_764032.jpg


e0248743_765555.jpg




大埔は、
これまた大好きな元朗を少し小ぶりにしたような町。
メインストリートから1本中の区画に入れば、
小さな商店街や行きかう人々の息づかいを近くに感じます。

大埔の町で路地に入ると、いつもご挨拶するニャンコに会いに寄り、
小さな公園にも寄り、
商店街を散歩する・・・。

いつもながらの小さなミッションをいくつかクリアしたあとは、
お目当ての盅飯屋さんに向かいます。
クルマなどが入ってこない、その通りの名は、廣福里・・・だったかなあ。

2軒が並ぶように商いをしている盅飯屋さん。
いつもお邪魔させていただくのは、
スズメたちがたくさん飛んできていて騒がしい方の、向かって左側の盅飯屋さん。
店名は「新明發」だった・・・はず。

場所も、店名も、「だったかなあ」ばっかりです。(笑)
ウチはいつもこんなんで、ふらふらしていてたどり着くんですよ。

そう、
2軒並んでいるどちらの店もそうですが、
盅飯屋ですから、
お店の入り口の脇のコーナーで、
とても大きな蒸篭を何段も積み上げて、
盛大に湯気を立てつつ、盅飯を蒸しあげています。

その中からけっこうな頻度で、どんどん外賣(テイクアウト)の注文が入るので、
外賣容器に盅飯を移し替える際に、米粒が歩道に零れ落ちるのですが、
その米粒を目当てに、スズメたちが何度も舞い降りてくるわけです。
お店の人たちも、追い払ったりはしませんよ。



e0248743_717824.jpg


e0248743_7172181.jpg




僕も、店頭の外賣コーナーで、大きな蒸篭の中から、これ!!というひとつを発注。
味のある陶器製の白い壺から移し替えてもらい、
店のすぐ目の前の小さな公園で、腰かけて食べます。

木々の間を風がそよぎ、空の下で食べる盅飯の、旨いこと!
はるばる香港島から、このためにバスで大埔までやってきて
ミッションの最大のひとつをクリアするのでした。

郊外の町だから、
このお店や区画は、
土地代や家賃高騰などによる閉店や移転をする可能性が無いような気がするので、
これからも訪れに行けるだろうし、寄りに行きたい場所・お店なのです。
香港で美味しい盅飯、いかがですか?


029.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-07-01 07:24 | 香港たべもの | Comments(16)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27
♫ 6日23:36の鍵コ..
by hongkonggaffe at 10:34
♫ 6日9:22の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 19:59
♫ 6日7:13の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 15:14
先程メールの返信致しまし..
by 爽子 at 00:12
♫ 5月4日16:59の..
by hongkonggaffe at 20:21

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ