路線バスだからこそ 意図せず出会わせてもらえる

自分の足で歩む散歩は、じゅうぶんに楽しく魅力のあるものですけれど、
意識は無くとも、ついつい似た道を選んでしまっていたり、
キョロキョロしてばかりのために、時間の割には多くを進めなかったり。。。

そういう点からすると、
まったくのお任せで道を選んでくれて運ばれてしまえたり、
限られた時間内に、どんどん広範囲なエリアを進んでくれたりする「路線バス」は、
足で歩むだけでは味わえない魅力がありますよね。

この日、選んだバスも、
初めて通るルートをずいずいと入り込んで行き、
「あっ!!」と言う間の景観ながらも、
こんなビルに出会わせてくれました。



e0248743_7402732.jpg


e0248743_7404818.jpg




大家楽専業管理学院。
あいにく日曜日だったので、ビルの中はガランとしていました。
街中に展開されるファミリーレストラン「大家楽」の、
フロアーや厨房などの研修所のようです。

筲箕灣の角地に建つ、スタッフ研修所を兼ねたマック もそうですけれど、
狭い香港ながらも、
こうしたコアな場所に遭遇すると、
なんだか嬉しくなっちゃいます。(笑)

香港に、まだツアーでしか来たことが無くて茶餐廳の敷居を高く感じていた頃、
 ・大家楽(カフェ・デ・コラール)
 ・大快活(フェアー・ウッド)
 ・美心(マキシム)
の3大ファミリーレストランによく入って、
少しずつながらも、地元のみなさんの食の習慣に触れ始める時期がありました。
もう、20数年ほど前のことでしょうか。。。

今も大好きで欠かせないスタイルの「のっけご飯」や「ワンプレート飯」に魅せられる原点は、
じつはこうした「ファミリーレストランチェーン店」からスタートしています。

もしかしたら、今でも入ると、
侮れない魅力があるかもしれないファミリーレストラン(香港式ファストフード店=快餐)。
1日の中で時間帯によって何度もメニューが入れ替わる提供の在り方は、
いまも変わらないものでしょうから、
覗いてみるのも良いかもしれませんね~。
…昔々を懐かしんで写真を探したら、その大家楽での写真が出てきました。。。



e0248743_7545344.jpg


e0248743_7551832.jpg



                                                                 023.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんたちをポチポチとクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-30 07:59 | 香港ふうけい | Comments(12)

それぞれの好みで…されど仲良し。 ~外賈を集めて夕食を~

太太と僕とは、仲良しですが、
こと、
食べ物に関しては、好みが大きく異なる点がありまして。(笑)

二人とも、野菜類は大好きなのですが、
ウチの場合は、
最大の相違点は、その、食べる量かも。。。

あれもこれもそれも…とたくさん食す大食漢の僕。
いつも何を食べて生きているのだろう…と思うほど小食の仙人のような太太。

次に特徴的なのは、
お肉大好きな僕。
お肉全般を好んでは食さない太太。

よって、
香港滞在中に、
「今日は、ごはんを外賈して来よう」などと言う時には、
二人がそれぞれ好みの系統のお店へ、二人一緒に歩きまわって、
調達して来ることが日常的です。



e0248743_7315083.jpg


e0248743_732167.jpg


e0248743_7323530.jpg


(1~3枚目までのコラージュ写真は、画面上でクリックしていただけると、大きくなります~)



この日のディナー(笑)は、外賈しての部屋食。

自分は、ホテル近くの茶餐廳での 盅飯 と雙拼飯が食べたくて、
そのお店に二人で行き、一人で二人分をオーダー。(笑)
その後、
太太が食べたいと決めた麵屋と餃子店へ、その足で出向き、
二人でビニール袋をブラブラさせつつ、ホテルへ直帰。

異なるお店へ回るその順番としては、
やはり、皆さんもきっとそうされるように、
出来るだけアツアツのものを食したい→麵が伸びないうちに食したい。
などと、
ある程度の順番は考慮しての順番となります。(笑)

あの、大好きな 信号音 に聴き惚れながら2~3ブロックほどの「買い出しおつかい」を終えて部屋に戻れば、
今夜も楽しく、ホテルの部屋の中に、それぞれの品の香りを放ちながら、
HongKong Night を味わい楽しむのでした。



e0248743_7411311.jpg


e0248743_7413089.jpg



                                                                068.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんとお猿くんとを クリック&クリックしていただけると、うれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-28 07:43 | 香港たべもの | Comments(14)

外から・内側から…自己の覚醒と解放と

私事で恥ずかしい話ですが、
10年ほど前、脂肪肝になり、
医師にも警告されて、大幅に身体を改善せざるをえなくなった事がありました。
体脂肪も体重も基準を大きく超えていて、「このままでは危ない」という状況でした。

運動(ウォーキングと軽い筋トレ)と食事(1日目安1500Kcal摂取)の両面から手を加え、
3ヶ月でジャスト20kgの減量を。
急激そうに見えますが、あくまでも健康的に、必然を持って遂行したんですよ。(笑)

以降、特に何もしないままの年月が過ぎていたのですが、
最近、また、思い出したように、ウォーキングに出始めました。

結婚してこのかたずっと、
心身のことをいつも気にかけ支え続けてくれている太太。
その心遣いに、少しでも応えていかなきゃね。

…ただ、久しぶりだと、運動を続けることは、なかなか難しいです。(笑)



e0248743_11112999.jpg


e0248743_11123143.jpg


e0248743_11131877.jpg


e0248743_1114626.jpg




以前も、新界のとある建物の狭小スペースで、こんな光景を目にしたことがあります。

同じ「日々を暮らしていける」ならば、
身体にとって、よいものを取り入れたい。
身体だけではなくて、
心身にとってよいものを。

ストイックになりすぎる必要はないけれど、
取り入れることも、継続することも、
どちらも自分が日常の中でその都度えらび取り、
外側から、内側から、覚醒させ、継続する。。。
そうして日々の営みを紡いでいくって、大切なことかもしれませんね。

そんなことを考えつつ、
ホテルの部屋の窓から、毎朝眺めることが出来た、隣のビルの谷間での光景でした。


                                                                035.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんとお猿くんとを クリック&クリックしていただけると、とてもうれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-26 11:22 | 香港ふうけい | Comments(20)

タレ差し? ~もう何年もオブジェとして眠っています~

e0248743_6524185.jpg




そういえば、
この、
タレを入れてある容器。
なんという名前なのでしょう。

フードコートなどでは、「はいよっ!!」と出来上がった食べ物を受け取る際に、
受け取りカウンターの脇なんかに、
砂糖やスパイスなどの小袋が自由に使えるように置いてあったりしますが、
タレの入ったこの容器は、ほとんど目にしませんよね。

茶餐廳のテーブルでも、お目にかかることは、わりと少ないかも。
…それぞれのお店ご自慢の、売りの一つでもある「大事なタレ」の入った容器ですからねえ。
あんまり、そこここにホイホイ置いて、チャチャッと使って貰われては困るものなのかな。

もう20年以上前になるのかもしれませんが、
このタレ入れを初めて目にしたのは、
ワゴン式販売の飲茶屋さんで、
おばちゃんが注文に応じてワゴンの上で調理をしたり、
注文した蒸篭の蓋を取ってテーブルに置いてくれてからだったり、
仕上げの段階で、この容器から手慣れた手つきでタレをかけ回してくれてたこと。

いっぽう、
この容器を自分の手にじかに取って、
自ら中身のタレをドバドバッとかけ回したり、商品に注ぎ足したりするチャンスがあるのは、
盅飯を食べる時くらいでしょうか。
しかも、外賈ではなくて、こんなふうに、店内のテーブルで食す時。

何年も前のことなのですが、
このタレ入れのフォルムや質感や造りの合理性(?)なんかに惹かれて、
自宅用にひとつ買い求めました。

中華系百貨店や家品舗(雑貨屋・日用品屋)を何軒か下見して、選んだんだっけかな。
でも、
帰国して、日本の日常の中で、
本来のタレの入った容器として活用することが出来ず、
いまだ新品のまま、部屋の中で、オブジェ化しています。(笑)

ミルクピッチャーとしては、ちょっとばかり大き過ぎ。
湯入れとしては、容量が心もとない。
自宅で活用するならば、どう生かしたら楽しいでしょうね。

テーブルの上のミニグリーンたちの観葉植物に補水してあげるのに、ちょうどよかったりして。。。



e0248743_71010100.jpg



                                                                 034.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんとおさるくんとをクリック&クリックしていただけると、とても嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-24 07:13 | 香港ざっか | Comments(14)

素材と彩との両方ともが味わえる飲茶屋さん ~楽陶居小厨~

夏の訪港で、
日の出前の早朝4:30過ぎに、
ホテル近くの交差点で、
保安点検トラム「ドクターグリーン」を2台も見送りました。
以前、記事にしていたドクターグリーン は、なんと、じつは、2種類も走っていたのです。
(…ちなみに、以前の記事は冬でしたから登場が午前6:00過ぎですが、夏場は午前4:30過ぎです…
冬と夏とでは日の出時刻が異なるために、
保安点検トラムや普通トラムの始発時間が異なるということなのでしょうか…???…)

って、このコトについては、また、後日お話することにしましょう。

わずかなタッチの時間差で巡り会えないことも多いドクターグリーン。
巡り会えた日は、「今日はきっといい日になる」と喜び、
早々に散歩を中止して、その足のままで、近くの早朝飲茶のお店へGO!

ホテル近くには、夜中から始まって早朝過ぎまで開いてるような飲茶屋さんが2軒あったのですが、
この日、選んだのは、楽陶居小厨。
いつも遊びに来てくださるブログお友達の ビエン子さん に、
かつて教えていただいた、いっぷう変わった飲茶屋さんです。



e0248743_18164637.jpg


e0248743_18171659.jpg


e0248743_18173959.jpg


e0248743_1818141.jpg


e0248743_1819418.jpg




この日も入店するなり、そこは100%おじちゃん・おじいちゃんの世界。
かく言う自分も、けっして浮いてはいません。(笑)
ジモティーの皆さんに混じって、
僕も、積み上げてある蒸篭の山から、好きなモノを選び取り、調理係のかたに手渡します。
そう、
ここでは、
出来上がった点親類が積んであるのではなくて、
調理する前の段階で蒸篭に素材がそのままのせてある「調理前点心類」が積んであるわけです。
そのあたりのことは、以前、ビエン子さんが楽しく レポ してくださっています。

蒸していただいている間に、店の一番奥の茶葉コーナーに歩いて行き、
その日の好みで、自分で茶葉を急須に取り入れ、お湯を給湯します。
そして、テーブルでまずはお約束の洗杯(サイプイ)を。

そうこうするうちに、
手渡して蒸してもらっていた蒸篭が蒸しあがり、
アツアツのものをテーブルに持って来てくださいます。
あとは、もう、ゆるりゆるりと楽しむだけですよね。(笑)

この時点で、朝5:00少し手前。
一盅両件の朝飲茶。
調理前後の素材の色の変化を楽しめます。
どちらかというと、
調理前は鮮明だった素材の色が抜ける分、
素材から出汁や味わいが滲み出て来て、
調理後はなんとも言えない芳醇な香りが鼻をくすぐります。

出来たてアツアツの点心はもちろん美味しいのですけれど、
選び取る段階で目にする調理前の蒸篭の上の色彩も、
これまた美しく味わい深い色なのだなあ…と、あらためて感じさせてくれるお店です。

数多く、うず高く積まれた調理前の点心の彩りを眺めていると、
次回は何を選ぼうかな…と、素材と色とのありようで、食指が動いたりして。。。



e0248743_18332162.jpg


e0248743_18334726.jpg




一杯のお茶に、二品の点心。。。→ 一盅両件 の世界。
やっぱりこのひととき、
やめられない魅力を感じます。(笑)


                                                                 018.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
よろしかったら、カエルくん と おさるくんとをクリック&クリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

                                                                 
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-22 18:38 | 香港たべもの | Comments(14)

1日も終わりに近づいて 大好きなトラムに揺られつつ…

たしかこの日も、滞在中いつもそうするように、
外賈した朝食をホテルでいただきつつ、
「今日はどこ行こう?」と、のんびり相談したのでしょう。

で、
結局、
午前中いっぱいは、ふたりがそれぞれに単独行動を楽しむことにして、
お昼過ぎに灣仔の街市あたりで待ち合わせ。

「ね、次、どこ行く?」なあんて、
その地その地で毎回思案しつつ、
西營盤→灣仔→深水埗→尖沙咀→中環と遊び歩いてきて、
朝から夜まで、愉快に過ごせたのでした。

中環から西營盤のホテル前まで歩いてもいいんだけど、
2階からの眺めや、風や、
なによりトラムの音や振動を楽しんで戻ろう…
…ということで、トラムの揺れに身を任せていました。



e0248743_834369.jpg




ほんのりというか、識別つくかつかないかの微妙な写り方ですが、
永安中心が黄色く写り込んでいるから、上環あたりかな。
「C」の世界ですね。(笑)

今日もふたりとも、香港下町を満喫したよね~っと、
満たされた心持ちであくびのひとつもすれば、
デジカメだけではなく、こんなふうに瞳にさえも映るのでしょうか。

揺れに任せたレンズのあくび。涙目ににじむ情景。
アレコ レソレこんなん なども、そうした情景です。
こうやって遊ぶの、嫌いじゃないんですよ。(笑)
トラムが西營盤あたりにさしかかった頃には、
「7」の世界から「6」の世界に移り変わっていたりしました。



e0248743_8191025.jpg


e0248743_820244.jpg




7~6~5~4…0!!
カウントダウンでトラムから転がり落ちて、
焼き物と餃子と麵との各お店へ夕食の外賈をしに出向いたのは言うまでもありません。
…というわけで、
この日も、朝食も夕食も、ホテルの部屋でゆっくりゆったり美味しく外賈の食事を楽しんだのでした。
それにしても、朝も夕も外賈…(笑)…まあ、香港らしくてイイんじゃないかなあ。(笑)


                                                                060.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくん&リスくんとをクリック&クリックしていただけると、励みになりうれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-20 08:24 | 香港ふうけい | Comments(14)

縁起よさげなバス停からいざなってもらえる路地や街

e0248743_420692.jpg




こうしたミニバスのバス停の標識にも、
大きな路線バスのバス停の標識にも、
古き良き意匠のものにとってかわって、
新しいタイプのものが、いくつかお目見えしてきていますね。

路線バスのバス停だと、
透明なアクリルボード製の斬新なものをいくつか見かけますが、
コチラのミニバスのバス停では、
こんなふうな色と造り。

お分かりの通り、
古代の貨幣のデザインをかたどっています。

貨幣といっても、コインや小判では無くて、
とっても立体的な意匠の、この金貨。
元宝(ユエンバオ)と呼ばれるものですが、
昔の「馬の鞍」を模したものだそうですね。

香港では、
以前も(今もかな?)「優の良品」で、この形のチョコレートを金紙で包んであるものがあったり、
春節などの飾りや、宝飾店でかたどられた小物があったりしています。
そうそう、
春節に食べる水餃子も、そのときにはおめでたく、この元宝を模して丸めるタイプをこしらえるのも、そう。

なんとなく、蝙蝠(こうもり)にも見えなくもないこのフォルム。
蝙蝠と見ても、なんとも縁起のいい意匠ですよね。
横の部分の厚みの変わり具合も、細部まで凝っているバス停。

縁起のいいこのバス停で、ミニバスに乗り込んだら、
どんな「いいこと」が起こるのでしょうか。

地元のみなさんに混じって、ココから乗車して、
見知らぬ路地を楽しく疾走し、
まだ見ぬ街へといざなってもらえたならば、
まさに、騎馬の鞍にまたがって駆け抜けつつ、さまざまな街の表情に出会えるのでしょう。

それが、ココから起こり得る「いいこと」そのものかもしれませんね。
そんな夢を見つつ眺めました。
僕には、それで十分です。(笑)



e0248743_4351017.jpg


e0248743_4353226.jpg



                                                                023.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくん&リスくんをクリック&クリックしていただけると、とてもうれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-18 04:38 | 香港ふうけい | Comments(22)

さすがに慎重な 司機訓練中のトラムくん

e0248743_871320.jpg


e0248743_875843.jpg




赤柱で、「 秘密の静かなビーチ 」を楽しんだ後に、
バスに揺られて筲箕灣に降りて来て、
しばし散歩をしたり、食事をしたり。

で、次はどうしようかねえ…ということになって、
HMVで探したい中華なCDがあったことを思い出し、
銅鑼灣へ移動することになりました。

いつものようにトラムで行こう…と、
筲箕灣の 始発トラム站 から赤いトラムに乗ったら、
すぐ後続は、奶茶のチェーン店のラッピングを施した黄色のトラムでした。

その黄色のトラムを眺めていた太太が教えてくれたのは、
そのトラムの行き先が「Not in Service 暫停載客」であるコト。

2階最前列シートに腰かけて出発を待っていた僕が最後部まで行って見下ろしてみると、
ほんとだ、
たま~にお目にかかることがある訓練車両でした。
運転席の窓の下には「司機訓練中」とのお馴染みの黄色い札が掲げられています。
以前は違う車体のトラムで、この訓練を行っているのを何度か見かけましたが、
広告が新しくても古くても、司機訓練にどんどんと使うんですね。

運転席には、
これから訓練あるいは試験を受けることになる見習い司機さん。
そのお隣の出口のあたりには、教官らしきかたが乗り込んで来ておられます。
さながら、「仮免許路上教習&試験」っていうところでしょうか。

…っていっても、
クルマの教習運転のように、トラムの運転教習用の敷地がどこかに別にあるわけではないのでしょうから、
机上での学科教習などを受けて、トラムデポの狭~い敷地内などで基本練習だけを終えたら、
すぐにこうして公道での「仮免許路上教習&試験」が待ちかまえているのかなあ。。。
タイヘンそうですね。

その後、
ウチが乗っている赤いトラムと、訓練中の黄色いトラムとは、
ほぼ同時に出発となりましたが、
後続の訓練中トラムは、とてもとても慎重な運転ぶりでした。

トラムというと、ほら、停車時に、
前に停まっているトラムやバスやクルマに「これでもか!!」と言わんばかりに超接近して停車しますが、
さすがに、訓練中のトラムは、車間距離を大きく長く空けて停まりました。
どの駅、どの信号でも、ウチ達のトラムとは10mほども離れていました。(笑)

緊張の中での「仮免許路上教習&試験」を遂行しておられる若き司機さんの健闘を願いつつ、
銅鑼灣まで、つかずはなれずで移動しました。

折り返し…ではまだまだムリでしょうけれど、
いつの日にかは、
あの北角の春秧街での難関コースも、教習路線に入っているのかもしれませんね。



e0248743_832249.jpg



                                                                005.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんとリスくんとをクリック&クリックしていただけると、とても嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-16 08:35 | 香港のりもの | Comments(16)

名前が可愛いと思われませんか?(笑)「茶葉蛋」 ~そのお味は~

e0248743_633549.jpg


e0248743_6354910.jpg


e0248743_6363496.jpg




街歩きを
あ、その中でも特に、
まちはまちでも“下町歩き”を好まれるかたは、
上の写真の様な光景を たびたびご覧になると思われます。

炊飯器の様な器の中で、湯気を上げているのは茶葉蛋(チャーイェータン)。
いわゆる、煮卵です。

ウーロン茶やプーアール茶などで卵をゆで始め、
途中、スプーンなどで外側から卵の殻を軽くたたき、
味を染み込ませやすいようにひびを入れます。
そこに、さらに、
八角・シナモン・花胡椒などなどその他の漢方系の香辛料や調味料をいくつか加え、
半日以上、お店や家庭によっては3日ほどかけつつ、コトコト煮るものもあるようですね。

ふんわりとわずかに香る八角の芳香。
スターアニスとも呼ばれる八角は、
血の巡りを良くし、冷え症の改善や消化促進作用・強壮作用・抗ガン作用があるともされています。
また、
喉の炎症を抑え、鎮静作用もあることから、
風邪などで体が弱っている時にも摂取すると良いとも言われているようですね。

「これらの茶葉蛋って、こんなにヤマになってるけれど、ちゃんと売れていくんだろうか?」
と、要らぬ心配をしていても、
朝はこんな光景でも、夕刻~夜までには、かなり減っていたりして。
「同じ食べるものならば、身体にいいものを食べよう」という香港の人々にもおおいに愛されている、
スナックの一つでもあるのでしょう。
台湾や大陸でも、コンビニの脇なんかにおかれているそうですね。
日本のおでん鍋のように…。

召しあがってみたことは、ありますか~?(笑)
ちょっとだけ癖のあると言えば癖のある香りと、この光景。。。
ウチ、今までに幾度となく気にはなっていたのですが、
ついつい食べそびれていました。

で、
とある訪港の際の最終日。
パッキングも済ませて、あとはチェックアウトするだけ。
そんな朝の朝食時に、
「あ!あぶないあぶない。また食べそびれるところだった!!」
と思い出すことが出来、
早餐に茶葉蛋が入ったセットメニューを食してきました。



e0248743_655883.jpg


e0248743_6562872.jpg


e0248743_657294.jpg


e0248743_6573157.jpg


e0248743_6593738.jpg


e0248743_702696.jpg




お味が染み込んだ証のマーブル模様は、
まるでひとつひとつが異なる大理石でもあるかのよう。
この模様を楽しむことも、茶葉蛋の味わいのひとつなのだそうです。

あ、
お味ですか?

今後味わわれるかたもいらっしゃるでしょうし、
お店や家庭によって味付けはさまざまなのでしょうから、
あえて、記さずにおきましょう~。(笑)

秋はますます深くなり、
確実に冬に向かい始めている季節の変わりめの日本。
みなさまどうか、体調など崩されませんように。


                                                                025.gif


お越しくださってありがとうございます。
カエルくんとリスくんを クリック&クリックしてくださると、うれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-14 07:06 | 香港たべもの | Comments(22)

日の出前の街を滑るように走り抜けるまぼろしのスタッフバス ~シティーバス(城巴)MOT1・MOT2~

日の出前、早朝散歩を楽しんでいることは、
今までに アレコレソレ など、たびたび記してきています。

今回も懲りずに、そんな時間帯の中でのひとコマを…。

朝4時半過ぎと、5時過ぎとの2度、
西營盤のメインストリートには、
行き先表示がいっぷう変わっているシティーバス(城巴)が、人知れず姿を現します。



e0248743_8555681.jpg





4時半過ぎのその1台の行き先表示には、「MOT1」との電光表示。
5時過ぎのもう1台の行き先表示には、「MOT2」との電光表示。

まだ、
赤のミニバスやタクシーしか走っていない街の中を、西の方から静かに走って来て、
バス停では無い場所に停車し、数人の方々を乗り込ませて、東の方へと走行していきます。

どうやら、このバス、
シティーバスのスタッフさん達をお仕事先やそれぞれの運行出発点まで送り届ける、
服務員専用バスのようでした。
近くで、車内を眺めると、みなさんどなたも、シティーバスの制服姿。
早朝から、こうしてお仕事に向かい、その日の準備をされるのですね。

今日も安全運転で街を走行してくださる司機さんをはじめとする、
服務員さん達をのせた送迎バスは、
クルマの少ない夜明け前の街を やっぱり安全運転で走行しているのでした。

それにしても、「MOT」とは、
どんな言葉の略語なんでしょうね~。



e0248743_922268.jpg


e0248743_925733.jpg



                                                                039.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリとクリックしていただけると、励みになり、とても嬉しいです。
よろしくお願いいたします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-12 09:04 | 香港のりもの | Comments(10)

香港島西營盤の路地で ドナドナを唄った~♫ ~麵飽餅店の出前~

香港の多くの茶餐廳で、
早餐セットに食パンがつく時や、店内のショーケースにローカル菓子パンがあるとき、
そのパンたちは、
茶餐廳製造ではなくて、どこかご贔屓の麵飽餅店(パン屋)から仕入れていることがほとんどです。

パンが麵飽餅店から出前配達されて、そのパンをお店で供している茶餐廳に運ばれていく光景は、
これまでにも何度か見かけたことがありました。
多くの場合、
店員さんが、大きめのビニール袋やトレーに入れて、
ぶら下げていたり抱いていたりして持って移動していくという光景でした。

この日の朝も、
いつものように朝2度目の散歩をブラブラしていたら、
お馴染みの麵飽餅店の店先に、お馴染みでは無い物体が。

銀色で縦長の武骨な形をしたその物体には、車輪がついていて、
ホントにまるで何かを待っているかのように、
麵飽餅店の店先の歩道に佇んでいました。
まだ早朝なので、人通りもなく、その銀色の物体の目立つこと目立つこと。(笑)



e0248743_9445596.jpg


e0248743_9453738.jpg




ヒマにまかせて眺めていると、
麵飽餅店のご主人が、
店内と銀色の箱とを何度か行き来しつつ、
鉄板にのせたパンや焼き菓子などを運び入れています。

さらにヒマにまかせて待っていたら、
期待どおり、
銀色の箱をゴトゴトと押しながら、路地を歩み始められました。

もちろん、ついていきました。(笑)

中のパンたちが崩れたり、まぶしてあるココナッツの粉などが落ちないようになのかな。
銀色の箱は、思いのほかゆっくりゆっくり進みます。
「これはきっと、茶餐廳への配達だろうね。どの茶餐廳まで行くんだろう。」
いつも利用していた麵飽餅店がこのタイプでのサーヴィスを行っていることが、
なんだか嬉しくて、かつ、ちょっと意外な方法だったため、
あれこれ考えながらついて行くのに精いっぱいで、
麵飽餅店のご主人が箱を押している姿をカメラに収めるなんていうことをすっかり忘れていました。

路地4本ほど先にある、1軒の茶餐廳までの麵飽餅店のパンの配達。
お店へ商品を運び入れている間にチラリと拝見させていただいたら、
中には、パイナップルパンやメキシコパンや蛋撻など、お馴染みの品々がギッシリと入っていました。

移動する際のゴトゴトと重たくゆっくりとした車輪の音色と、その動きに、
つい「ドナドナ♫」を思い浮かべていましたが、
きっと頭の中で歌っていたからカメラを取り出すのを忘れていたのでしょう。(笑)



e0248743_1001796.jpg


e0248743_1004914.jpg



                                                                 060.gif


お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチッとクリックしていただけると、とても嬉しい応援クリックにつながります~。
よろしくお願いします。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-10 10:04 | 香港ご商売 | Comments(18)

いわゆる「香港下町ローカルブッフェ」とでも言えるのでしょうか

e0248743_7302019.jpg


e0248743_73137.jpg




『ひとつは、雙拼飯で。ソレとアレくださいな。』
…どこをどのように取り分けてくれるのか、ジーッと凝視する自分。(笑)
  美味しそうなトコロをお願いね。
  うむむ。たくさんたくさんダイナミックに取ってくれるね。
  この店員さん、好き。(笑)

いわゆる「レストラン」というトコロに、ま~ず入ることがないウチですから、
こんなときこそ海老もいっぱい味わいたい。

『もうひとつは、三寶飯で。ソレとコレと。あとひとつは、う~んどっちがいいかなあ。…じゃあ、アレで。』
魚あり。肉あり。野菜あり。海や山の幸もアリ。
でも、なんとなく、いつも似たようなものを選んじゃうのは何故なんだろう。。。

自分がどれでも選び取ることが出来るということが可能であるというおかずたちが、
ズラリと現物で並んでいる光景って、
ココロ踊ります。
“この中から、どれをどう組み合わせてもOK!”っていう、シアワセな状況。

前ブログの過去記事でも「むか~しから好きなドバドバのっけご飯」っていうのを書きましたが、
今回はまた、そことは異なるお店でした。
でも、お店のタイプとしてはまったく同じ。
こういうお店がどうにも好きなようで。(笑)

このタイプのお店で1プレート20~25H$で満たされてしまう庶民なものですから、
大好きな「ホテルのブッフェ」って、なかなか行こうという気持ちが起きないのかもしれません。
だって、甜品が無いくらいで、このショーケースの中だけで、ブッフェ状態なのですから。(笑)

ああ~根っからの貧乏性なのか、
生粋のローカル好きなだけなのか。。。



e0248743_7424563.jpg


e0248743_7432594.jpg



                                                                 037.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチッとクリックしてくださると、とても嬉しく、励みになります~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-08 07:45 | 香港たべもの | Comments(16)

見かけはどれも真っ黒ながらも それぞれきっちり効いてくれるお茶 ~涼茶舗にて~

路線バスを乗り継ぎ、
気の向く方向へなんとなく進む散策を繰り返し、
午後の暑い日差しも大きく傾いた時刻でした。

深水埗から移動した後の紅磡で、とある涼茶舗へ。
頭の中はあいかわらず元気に働いていて、
おなかも十分に満たされていたのですが、
身体がややお疲れ状態だったのでしょう。

筆談で使う紙切れを あいにく使い果たしてしまい、持ち合わせていなかった為、
横着ながらも、掌にその場で大きく記した「疲」の1文字。

涼茶舗のおじちゃんは、
その1文字を見て、コチラの1杯をおもむろに勧めてくださいました。
廿四味涼茶…二十四味茶。
その名の通り、24種類の漢方薬入りなのだそうです。



e0248743_9264534.jpg


e0248743_9271691.jpg




身体にたまった熱気を取るには、コチラのにが~い廿四味涼茶。
風邪のひき始めには、おなじみの感冒茶。
目や喉にいいと言われているのが、甘い銀菊茶。
胃腸にいいとされるのは、火蔴茶。
身体を温めたい時には、紅棗茶。…棗は、ナツメなんですってね。
食べ過ぎに最適なのは、酸梅湯。

たびたび試す涼茶には限りがあって、
多種類を今までに飲んだわけではないのですが、
こうして、そのときの所望に応じてお世話になると、
決まって、その効能をきちんと自覚できるのが、フシギです。

どうなのでしょう?
僕が欧米人であっても、その効果は変わらぬものなのかなあ。。。
やっぱりちゃんと万人向けの効能なのでしょうか。
…いただいているあいだに、
おじちゃんが新しい廿四味涼茶をカウンター下の瓶から注ぎ出す光景を眺めつつ、
漢方茶の効能のフシギについて、あれこれと考えてしまうのでした。



e0248743_9414637.jpg


e0248743_942678.jpg



                                                                021.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリとクリックしていただけると、とても嬉しい応援クリックになり、励みになります~。
よろしくお願いします。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-06 09:44 | 香港のみもの | Comments(18)

香港トラム大御所120番 ~早朝始発から夜の仕事納めまで~

~追記とお詫び~
 「koedagaffe分店」から引っ越し、こちらに「我愛香港」と題して開設させていただいたあと、
 他のかたのブログで、まったく同名のブログが存在することを知りました。
 あまりに失礼であると思い、ブログ名を再度あらためさせていただきました。
 事前にリサーチを十分に出来ていなかったことと、落ち着かない引っ越しになったことを
 改めてお詫びいたします。申し訳ありません。
 今後は、表記の通り、「 Made in HongKong 」として継続いたします。よろしくお願いいたします。




e0248743_12535326.jpg


e0248743_13114312.jpg




1枚目は、冬の日の出前の午前7時の120番。
トラムデポからゆっくりと出て来て、4駅目での、この日の始発の姿ですが、
もうお客さんが満載の「跑馬地」行き。

2枚目は、その4時間後の午前11時の120番。
早朝に撮影した場所も構図も、たまたまほぼ同じになりました。
こちらは行き先が「銅鑼灣」へと変更されていますね。

120番に限らないのですが、
香港島をぐるぐると歩き走るトラムたちは、
その日の朝早くにトラムデポを1度出発して仕事に出ると、
同日内の夜までは、出たままとなり、
行き先や路線を幾度か変えながら、1日の仕事を全うするようです。

トラムの司機(運転士)さんたちは、午餐や晩餐などで休憩されるけれど、
トラムくんたちは、司機さんの交代を受けて、ずっと走りづめ。。。

1台だけ昔の姿のままで残されている「大御所120番」も、
若者トラムたちに混じって、始発から夜まで、がんばって歩いたり走ったりしているんですね。
けっこう年老いているその車体。
健康の秘訣は、
飾っておかれたり、限定扱いされたりすることではなく、
現役として活躍する日々を担っていることなのかもしれません。


                                                               005.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチッとクリックしていただけると、応援クリックになり、とても嬉しいです~。
よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-04 13:08 | 香港のりもの | Comments(12)

Made in HongKong始めます  香港ならではのランプシェード ~MAXな1枚?~

e0248743_13204055.jpg




諸事情ありまして、
「koedagaffe分店」あらため、
我愛香港」 「 Made in HongKong 」 に引っ越して来ました 「こえだ」 です。
ゼロからの再出発です。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、以前の 「koedagaffe分店」 は、コチラ です。





さて、
食品の具材や、出来上がった調理品などを照らすには、
やっぱりクールな蛍光色よりも、
あたたかみのある暖色系の色の照明の方が、
相応しいのではないでしょうか。

自分のイメージの中では、
「香港→街市→赤い傘の電灯」というつながりが強い、
コチラの赤い傘のランプシェード。

肉・野菜・魚などなど、さまざまなコーナーで活躍している赤い傘のランプシェードですが、
果物屋さんにぶら下がっているその光景が、
最もハデハデしく煌びやかで、賑々しい感じがします。

照らし出される果物自体が、
他の食品よりも艶があったり色彩豊富だったりするゆえんでしょうか。

…だからなのかな、
何も意識することなく、
赤い傘のランプシェードにココロが向いて写真を撮ると、
そこがやっぱり果物屋さんだった…というコトが多いです。(笑)

ちなみにこの1枚は、
現在の手持ちの香港写真の中で、
赤い傘のランプシェードが、いちばんたくさん写り込んでいる1枚。

いやあ~
1軒の店舗の中に、いったいいくつのランプが揺れているのでしょう。。。


                                                                 001.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のバナーをポチリとクリックしていただけると、とても嬉しく励みになります。よろしくお願いします。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hongkonggaffe | 2011-10-02 13:30 | ごあいさつ | Comments(28)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27
♫ 6日23:36の鍵コ..
by hongkonggaffe at 10:34
♫ 6日9:22の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 19:59
♫ 6日7:13の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 15:14
先程メールの返信致しまし..
by 爽子 at 00:12
♫ 5月4日16:59の..
by hongkonggaffe at 20:21

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ