こんなところも「ザ・ホンコン」の一面なのかな? ~修行しなくちゃねえ~

上環の西方面へ進むと、
ホテルイビスや蓮香居を越えたあたりから、多くの乾物屋が軒を連ねる一帯があります。
徳輔道西に面している山側にズラリ。

香港って、
肉・魚・野菜などが階ごとに売られる街市(市場)でも、
台所用品なら何でもそろう上海街でも、
スニーカーが集結する花園街でも、
その他にも、同業者が寄り集まって商いを展開するパターンがたくさんあります。
ここ乾物屋街も、例に漏れず。
「こんなに同業者が集まってて商売は成り立つんか?」なんて思っても、
きっとこの方が繁盛するのでしょうね。
それぞれの店には贔屓にするお客が居て、商いには困らないということなのでしょうか。

この上環の西端から西營盤あたりまで歩くうちに、
乾物の匂いに囲まれることになります。
エリア一帯が、乾物のあの匂い。
目の前を走るトラムに乗っていても、
開け放たれた窓から入りこんでくる匂い。
上環方面から西營盤方面に向けてトラムに乗って走ってくると、
たとえ目を閉じていても「ああ、乾物屋街まで来ているんだね」と分かるかもしれません。

そんな一角は、なにしろ徳輔道西というメインストリート沿いだから、
トラムに加えてバス・タクシー・クルマたちもいっぱい。
加えてそれぞれの乾物屋に荷を運ぶトラックやら台車やらが道の端に停車しているので、
渋滞が起こるのは当然のこと。
なのに、
トラックや台車が、あまりにも堂々と当たり前の如く停まっているのが日常なので、
それが原因でどれだけ渋滞になろうと、クレームは出ないということなのかな。



e0248743_644253.jpg


e0248743_6444246.jpg


e0248743_645534.jpg




メインストリートの端を我が物顔で独占する乾物屋関連のクルマや荷物たち。
こんな状況ですから、この部分を走行しようとするクルマは無いけれど、
それぞれの店には「原則として店の真ん前に荷を積み上げる」というようなルールが
存在しているのかもしれませんね。
一応、場所取りとしてスペースを確保するかのように、
店の前の道路上に乾物を干しているザルたちがさりげなく置いてあったりもします。

この場に馴れていないクルマが、それを踏みつけたりする心配はないのかね?
とか、
そもそもこんな場所に置いてて、埃も排気ガスも付き放題なんじゃないのかね?
とも思うんですが、
いやいや、そんなことはきっとたいしたことじゃないんでしょうね。(笑)
歩道沿いのケースや袋の中にも、乾物は外気に触れたまま山と積まれていますから。
そんな街の一角で、道路の端にこんなものを見つけました。



e0248743_6553572.jpg


e0248743_6555376.jpg




一緒に歩いていた太太がふと見つけて「これ、何だろう?」と。
はてね、何だろう?
あのごっつい台車を留めておくための道具?
アスファルトにしっかりと固定されています。
その脇には、これから使われるであろう台車が。

ふ~ん、留め具だとしたら、道路さえも必要に応じてカスタマイズしちゃうんだねえ。
・・・いやあ~逞しいというかなんというか。
それにしても、保護色のようなこんな小さな留め具を目に留める太太も、
・・・いやあ~よく見てるというかなんというか。
いつもながら、どこ見て歩いてるんだろう???と。

もしも日本でだったら、
すぐに問題となりそうな、道路の占拠の仕方や公道のカスタマイズ。
そんな日本に比べると、じつにおおらかだよねえ・・・って。
こういう部分もホンコンらしさ?

「ザ・ホンコン」を感じる部分は、
飲食物や観光名所にいっぱいあるのでしょうけれど、
街のささいな仕組みの中にもたっくさーんころがっているのでしょうね。
その地で暮らしているとなんでもないことが、
一介の旅行者には興味深く感じることって、ありません?

う~ん、クルマでサーッと走り抜けてしまう事ばかりではなく、
「じかに歩く事って、やっぱりいい。」かもね。
時間が許すときには、歩いているほうが色々と見つけられて面白いのかもしれません。
歩くっていうことは、移動の手段だけにあらず。
そんな想い。

・・・・・・なんて、
時間に限られた旅行の中では、
そういう贅沢なこともなかなか出来ないのが実情なのですけれどね。
「あそこに行っておきたい。」
「あれも食べておきたい。」
「あの人にも会っておきたい。」
“たいたい病”が発症すると、あれもこれも・・・。
時間を気にするが故、ゆったり歩くことをついついパスしそうになる傾向の僕。
たった今口にした想いと両立できないから、ホントにもどかしくなる。

見落としてることも感じぬままに立ち去ってることも、僕にはたっくさーーんあると思います。
あああ、もっと修行しなきゃねえ。(笑)
いや、笑ってる場合じゃないか。
数少ない訪港チャンスなんだから。

005.gif
カエルくんをクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2014-05-19 07:38 | 香港ご商売

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by .