お気に入りを額装しよう ~ チープな物だってチープにならないんだよ ~

ウチは、エア代も宿泊費も食費(ローカル好きだから)も、“チープ”のオンパレード。
で、同じチープつながりで “ 飾る ” こともしばしば。
大好きな国 ・大好きな土地 にまつわるものを置いておきたい、
だけど置き場所にも限度があるから、額に入れて壁に。

額装すると思いのほか映える物って、けっこうあると思います。
飾ってみたい物を 色画用紙や好みの布の上に重ねて、それを額で囲む。
画用紙や布以外なら、ローカル新聞や中華柄の包装紙でも、十分下地になってくれます。

「それだけじゃ味気ない」ならば、マットを買い求めてきて額の内側に入れるのも良いし。
そう、額にマット1枚が入っているだけで、中身の物がぐっと引き立つ作品になりますね。
マットは画材コーナーなどで定型サイズも規格外のものもセール品で出ていることが。
額だって「高価!」というイメージを捨てて、百均ショップやセール品でも良いですし。
額装したい物をコラージュで散りばめるなら、定型 or 規格外どちらの額にも収まります。
マットも額も通販やホームセンターの既製品で中身を抜けば、¥400ほどから入手可能。
もちろん、画材店なら、お好みの額とそれにピッタリのマット(色も各種)で作ってくれます。




e0248743_6555197.jpg




入れて飾りたいもの+下地 or マット+額・・・ここまですべてチープな物であっても、
チープな物を組み合わせればチープじゃなくなる(物もココロも)ことって、あるような。
そもそも額装するって、楽しむものですよね。
思い入れを持って組み合わせて飾っておけたら素敵なアート作品が出来上がります。
だから、額の中に入れる物はお気に入りを。
・・・旅してる最中の身の周りに、けっこうあるんじゃないかなあ。

旧正月前だと、利是封(お年玉を入れる袋)や剪紙(赤い紙の切り絵)が豊富でした。
きりが無いほどの色・デザイン・大きさの品々、「これ、いいなあ。」が多すぎて。
同じく、この時期 ・この場所(ここだと香港)ならではの包装紙たち。
おめでたい色や柄のキャンディーでも、お店の包装紙でもいいんですよね。
味のある包装紙は、お買い上げ時に「もう1枚ください」と貰うこともあります。
持参のサランラップ芯や新聞を丸めたものに巻いて持ち帰ったり、
クリアファイルに入れるとか段ボールの切れ端で挟めば、折れ目やしわは付きません。

小さな物だったら寄せ合わせてコラージュしやすいし、そうすることでより美しくなりました。
利是封も剪紙も包装紙も、旧正月の時期だけでなく、ふだん手に入る物が色々あります。



e0248743_7223413.jpg


e0248743_7233411.jpg




同じように紙関連だったら、地図も美しいんですよ。
飛行機で移動するときに必ず見かける機内誌。
「ご自由にお持ち帰りください」のあの機内誌に、必ず載っている地図。
日本語が添えてある地図でも、日本語以外の言語での地図でも、どれもお好みで。
言語…といえば、観光協会にズラリと並ぶ地図も、各国の表記があるから面白いですよね。
無料とはいえ元々付いてしまっている折り目。気になるんだったら、コラージュの出番。
使いたい部分だけを切り取って集めて下地の紙にのせれば、オリジナルデザイン。
街で手にするフリーペーパー内の絵や写真だって、飲食店のメニュー表だって、OK。



e0248743_7341782.jpg


e0248743_7364775.jpg


e0248743_7365019.jpg




「多少なら出費してもいいかな」だったら、書店にある地図を買うのもお薦めです。
薄く畳まれているタイプの大判の地図。出版メーカーによって、色々違ってて。
地図って広げると、色が豊かだったり、規則のある色使いが面白かったりするんですよ。
冊子の地図なら、気に入った部分をカメラで接写してコラージュしても良いし。
たとえば今(暫定的に:笑)変更したブログ冒頭の写真が、接写した地図のコラージュ。
接写してコラージュするなら、ここまでに挙げたすべてのもので思いのまま作れます。



e0248743_7511397.jpg




お金?してみたい。(笑)
けど、罰が当たるかもしれないので、これはまだ額装したことがありません。
違う銀行が発行している同額紙幣って、絵柄がそれぞれ違ってて良いんだけどな。
同じ銀行でも金額によって色違いになってて。日本の紙幣には無い色もあって。
丈夫な10$紙幣は下地が透けて面白くなるよね・・・って思う僕は、やっぱり変か?
香港紙幣は “ 香港ならではの絵柄 ” が描かれているので、
銀行や自動両替機で未使用紙幣を手にすると本当は額装してみたくなるんだけど。(笑)



e0248743_7585180.jpg


e0248743_759666.jpg




ポストカードは言うに及ばず。
今回は小野寺光子さんの素敵なイラストのカード。
残しておいた物と自分宛てに投函して届いた物を組み合わせての額装になりました。
フェリー・飲茶・街・どれにも登場する人々・・・温かくてキュートなタッチのイラストから、
香港の音・匂い・味が伝わります。滞在の日々も蘇ります。
このトラム、去年6月の滞在で何度か乗ったけれど、
写してきた実物写真よりも味があって、揺られた時間や移動した日々が浮かびます。

(日本~香港往復をキャセイエアかドラゴンエアの機材で往復されるかたに限りますが、
 キャセイのウェブサイト or 旅行会社でチケット購入の場合、応募すれば貰えます。
 香港スタイルツアー参加なら応募不要ですが、期間は今月25日までのようです。)



e0248743_89992.jpg


e0248743_810204.jpg




額装すると良さそうな物、映えそうな物、何か他にありませんか~?まだまだあるような。
紙類の以外なら、装飾品なども。
ウチはトイレ(笑)の壁に掛けているのですが、
これらを布地にのせ、マット無しで10㎝ほどの小さな額に入れたものを5枚作りました。
家具や建具や小物入れ箱に付ける、厚みの無い真鍮の装飾部品で、種類も豊富です。
上環の摩羅上街の角地、ドアノブを見に行った時に、籠の中から選んだ1枚10$の囍。
もしもマットを入れるなら、下地とガラス面の間にほんのわずかな隙間が生まれるから、
そこに収まる厚さまでなら、紙類じゃなくても額装できるかもしれませんよね。



e0248743_8265455.jpg


e0248743_8273358.jpg




チープな品々でも 暮らしをチープにすることはありません。
簡素な物が 日常をちょっとだけ彩ってくれて。
「あ、これ、額装したらいいかも。」と感じたら、組み合わせしだいで輝きを放つような。

でも、
こういうのって、あり過ぎると うるさくなっちゃいますよねえ。
ウチがまさに それ。
やや飾り過ぎになってきてて・・・あかんのです。
しまっておいて気分で取り替えるとかすれば、スッキリ&楽しみも増える・・・のに。
春物に衣替えする時に、額も整理して掛け替えます~。

「チープ」って(自分で書きながら)なんだか いまひとつの言葉で。
「つつましく」?「素朴に」?・・・分からんままのこえだに、カエルくんのクリックを。。。023.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2015-03-07 15:05

「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by .