香港に里帰りすると、
「待ってました」とばかりに食べておきたいものが、いくつかあります。
きっとみなさんも、それぞれのお好みで、
そういうものをお持ちでしょう。

自分の場合は、麵と飯。
飯だと、叉焼飯や雙拼飯・三寶飯などの燒臘飯や蛋滑蝦飯など。
麵だと、シンプルな雲呑麵や撈麵たち。
・・・この、干炒牛河も、そのひとつです。



e0248743_11261189.jpg


e0248743_11263880.jpg


e0248743_11273717.jpg




ただし、
なにしろ油分が多くて、
1本1本の麵を油でコーティングしてあるかのような「濃さ」ゆえ、
回数多くはいただけません。
滞在中に1回、多くて2回までで、1回をとことん味わい尽くします。(笑)

この干炒牛河にこそ合わせると良さ気な飲み物って、
なんでしょうね?
いつも悩むんです。(笑)

スッキリ出来る「普洱茶」などのような気がしないでもないのですが、
茶餐廳では、それは叶わないので、
凍檸檬茶で。

はむはむと少しずつ食しつつ、
ガシガシ潰した凍檸檬茶をすすります。



e0248743_11333352.jpg


e0248743_1134292.jpg


e0248743_1134408.jpg




油で潤ってしまった口の周りをティッシュで拭けば、
はい、ごちそうさま。

十分な満腹感と、
食のミッションを完了した満足感とで、
次へ歩き出す元気をもらえます。


023.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。  お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-30 11:40 | 香港たべもの

b0201935_16271028.jpg




夕闇につつまれはじめたアパート。
3棟が暑そうに向かいあった、その谷間には、
つかみどころのない空気が満ちていた。

今日1日が終息しつつあるやすらぎか。
夜を迎えつつある静けさか。
これからのひとときを味わう喧騒か。

コの字型に設えられたそのどんつきは、
香港ダウンタウンの入り口なのか。



足がすくむ。
しばらく動けなくなる。
さらにもっと入って行きたくなる。
誘い込まれもする。
ここからもう1歩、
踏み込んでもいい?
いやいや、
よしておいた方がいい?
…どうしよう。。。

ぐわんとせまって来る光と闇。
人々の暮らし一つ一つに目を泳がせれば、時が止まる。



何度も来たくなる、
でも、
何度も来てはならないかのような、
ディープエリア。

宵の時間のグラデーション。



                               063.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします~。  お越しくださってありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-27 18:04 | 香港ふうけい

e0248743_10594687.jpg




あ!また走ってる走ってる!

滞在中にトラムに乗っていて何度見かけても、
1日に前から後ろから何回遭遇しても、
配達中の 「お仕事自転車」 の姿に、香港を感じます。

香港における、自転車事情についての個人的な考察は、→コチラ

いくら日本で、
「自転車はクルマと同じ。車道を走りましょう。」
とお達しが繰り返されても、
ここまで道の中央を涼しげに走行する香港の日常とは、比較になりませんよね。(笑)



e0248743_116349.jpg


e0248743_116452.jpg


e0248743_1173170.jpg




要所で、ときどきチラリと振り返りつつ、
スマートに走行する自転車のおじちゃん達。
こちらの裸族の配達人さんも、
トラムの司機さんが警笛を鳴らす以前にひらりと道を譲り、
トラムの軌道を仲良く分け合っておられました。

渋滞時などは、
トラムよりも、
ましてやバスやミニバスよりも素早く進むことが出来る自転車。
危険と隣り合わせな中で、
トラムに守られているかのようにも見える時がよくあります。


037.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。  お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-25 11:15 | 香港のりもの

b0201935_7222318.jpg




MAXサイズの蒸篭を街角で見つけると、
ついついフラフラと寄って行ってしまうんです。
そのお店の盅飯は、どんなのだろう?…と。
あ、
最近は、昔ながらの蒸篭ではなくて、ステンレスの蒸し器のお店も多いですね。

コチラは新界のとある町で、ご贔屓にしているお店。

● お昼時は、ことのほか回転が速そう。
● よって、ほぼ常に、いつも蒸篭の中に盅飯がたくさん。
● 盅飯の器が、白い陶器の深めの壺。
● ゆえに冷めにくく、タレをかけた後もホカホカ。
● 店内が思いのほか広いので、好みの味のタレを好きなだけ使って、ゆっくり食せる。
● 焼き物や他の飯類も充実していて、組み合わせられる。

などなど、
さまざまな条件が満たされていて、何度か入ります。

もっとも、
「供される盅飯の器が白い陶器製であることと、
茶類がこうしてソーサーの上にガラスコップの状態で登場すること」が、
僕にとっての、いちばんの魅力なのですけれどね。(笑)

なんでもないことのようですけれど、
「気分に合った器」って、
けっこう大切なポイントであり、
食欲をも増幅させてくれる魅力だと思うんですが、どうでしょうか。

…外賈にしてもらって、その「詰め替えの様子」や「持ち帰りの過程」などを楽しむのもアリですが、
『移し替えないぶんだけ、ホカホカ度が保てる店内食』を選んで、
好きなだけ自らタレをかけ回すことが可能なのも、
盅飯の別な楽しみ方ですよね。

ちょっと寒ささえ感じる秋の朝、
「ホカホカごはん」に想いを馳せて、記してみました。
あー、蒸篭に出会いたい。
モワッとした湯気の中で、タレをかけたい。
アツアツのうちに、ホフホフ言いつつ喰らいたい。。。(笑)



b0201935_7344597.jpg


b0201935_7351382.jpg




アーカイブシリーズとして、前ブログ「koedagaffe分店」の記事の中からいくつかを「Made in HongKong」に引っ越しさせて来ることがあります。ご了解くださいませ。



                                                               011.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、それが嬉しく大切な「応援クリック」になります。
よろしくおねがいします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-21 18:05 | 香港たべもの

トラムに遊んでもらおう

e0248743_10373264.jpg


e0248743_1038178.jpg


e0248743_1039079.jpg




まだ日が昇らぬ時間帯。
ホテルの部屋からそっと抜け出して、
西營盤~石塘咀あたりの幹線道路や路地を早朝散歩。

終夜営業のコンビニに新聞が届けられる前。
早朝からシャッターを開ける肉屋に、姿のままの豚肉が配達される前。
タクシーの運転手さん達が贔屓にする茶餐廳に明かりが灯る前。
・・・そんな時間帯。

今日もお世話になるであろうトラムの始発を見に行ったり、
時間を問わず疾走するミニバスやタクシーを眺めていたり。



e0248743_10445156.jpg


e0248743_10452611.jpg




香港島の朝の時間は、あっという間に夜明けを迎え、
徐々に下町らしい“暮らしの音”を奏で始めます。

開いたばかりの茶餐廳で咖啡か奶茶を外賈して、
再び幹線道路に戻り、
眠そうに歩み始めたトラムに遊んでもらいます。

トラムよ、今日も、よろしくね。
http://www.discoverhongkong.com/tramguide/tc/index.jsp
(『 叮叮-香港電車地圖 』・・・音が出ます・・・)


037.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。  お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-18 10:53 | 香港のりもの

e0248743_9132419.jpg


e0248743_9141581.jpg




ホテルの部屋での朝、
今日はまずどこへ行こうかと太太と相談して、
身支度を進めます。

とりあえず最初に向かう街が決まって、
そのための路線バス番号や、バス停場所の確認をしたら、
部屋を軽く整えます。

出来得る限りベッドをきれいにして、
バスルームなどのタオルや小物も整理して、
荷物はもちろん全部クローゼットなどに仕舞って…。

素人なりに部屋を最大限キレイにして、部屋のドアを閉めます。

廊下に出ると設えてあるこのサイン。
「make up room」とありますが、
心情的には、この一文に「please」を付け加えたい気持ちに駆られませんか?



e0248743_922395.jpg




ね、
冒頭の1~2枚目の写真のようなタイプのホテルならまだしも、
「please」が入れられていないこのサインだと、ちょっと。。。
こちら側の気持ちが正しく伝わっているかというと、
そうとは言えないような気持ちになっちゃいます。

お仕事であるとはいえ、ハウスキーパーさんはとてもたいへん。
置いてあるお客のものも配慮しつつ、部屋を完璧にクリーンにしてくださるのですから。

サインボードのスイッチを切り替え、
「今日もありがとうございます。」の気持ちをもって、ドアから離れます。


039.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-14 09:29 | 香港ふうけい

e0248743_10512343.jpg




新界の小さな町で昼間ずっと遊んでいて、
バスで尖沙咀まで戻ってきました。

尖沙咀からスターフェリーの下層階で中環に渡り、
長い長い歩道橋を歩きます。

ずうっと湾岸地区の埋め立て工事を続けている現場は、
開発工事直後から現在進行形の今まで、ついつい定点観測。
背後の高層ビル群のネオンは美しいけれど、
工事現場を夜も照らし続けている街路灯の明かりの方が、
じつは色も存在感も際立って美しいようにも感じます。

さて、
中環のトラム站から乗車したトラムは、
車両へのステップを上がった瞬間から、なにか大きな違和感。。。

ん?何だろう?
何かが決定的におかしくて、いつもと違う。
あれれ???

これまた、ふだんとは勝手の違う階段で2階へと上がって、やっと分かりました。

トラムの車両が、なんと、いつもとは反対向きに使われて走行していたのです。
つまり、ふだんの最後尾が最前部に向いていて、逆走しているかのような感じです。
・・・こんなん、初めて。(笑)



e0248743_1059953.jpg




座席は、すべて、進行方向とは反対向きの「後ろ向き」。
過ぎ去る街の光景をお客は全員見送る形で見つめています。
降りる際には、ふだん使われていない「車両最後部の仮運転台」が、今日のメイン運転台。
ね、
その証拠に、上の写真、
司機さんの背中にいつもはあるはずの仕切りが無くて、
背中が丸出しでしょう?(笑)…司機さんは気の毒に、イスさえもありません。

もちろん、運賃支払いの際のオクトパスの読み取り機械などついていないので、
皆さん今日は慌ててコインを取り出しては降車していかれますから、
停留所に着くたびに長~い行列。
スムーズにはいきません。

ふだん使い慣れているオクトパスカードが使用不可で、
2.3$という超端数のコインを取り出さねばならない状況になると、
みなさん降車時の支払いに時間がかかるかかる。。。
オクトパスカードがいかに便利なものなのか、
カードが無かった昔は、いかにのんびりとした運行だったのか、
・・・そんなことを思いました。

ふだん一方向でしか走っていない様に見えるあのトラム、
ちゃんとスイッチバックが可能なんですね。
どんな事情があったのか分かりませんでしたが、初めて知りました。


005.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。  お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-10 11:10 | 香港のりもの

5月の訪港は 初ANAで

e0248743_9352826.jpg




最寄りの空港に、昨秋ANAが就航を開始したということをお友達から聞き、
今回5月の香港へは、ANAの直行便で往復しました。
今まではキャセイかチャイナエアでしたから、初ANAです。(笑)

自宅から空港まで、空港線の電車で1時間。
午前便ですから、それなりに早い時間ですが、
徐々に頭と身体とが起きてきます。

空港に着いて、しばしラウンジで時間をやり過ごし、
朝一番からBEERとおつまみなどで軽朝食を摂ったら、チェックイン。

チェックインの際に初めて機材が小さいものであるということを知り、
事前の自宅PCで予約をした際に、通路側席にすべきだったと少し後悔しました。
3列+3列だと、手洗いに立ちにくくなりますしね。

離陸ほどなくして始められる各種サーヴィスやCAさん達のたち振る舞いは、
とても快適で清々しいものでした。
久しぶりの日系の会社。日系ならではの気遣いの細やかさを感じます。
ソフトドリンク&アルコールのサーヴィスも、
食前と食後との2回ありましたが、席が席だけに、飲み物は軽く控えました。

機内食で意外だったのは、
用意されている2種類のプレートの中身が、往復ともすべて異なることです。

今まで利用して来た各会社の路線のプレートだと、
メインのミールは異なっていても、その他のサブミールや小鉢などは、
中身が同じでした。
ANAはプレート上のすべての中身が、デザートに至るまでメインと同様異なるんですね。
太太と二人でシェアする楽しみが増えました。



往路

e0248743_948240.jpg


e0248743_9481942.jpg




復路

e0248743_9493299.jpg


e0248743_9495287.jpg




いただいたワインは、
気分的になんとなく手をつけず。。。
これから着くであろう香港のホテルでの部屋飲み用に持ち帰り。(笑)
後日、このワインで、
燒臘店の蜜汁叉焼や下町の麵飽餅店の美味しいサンドイッチをいただくことになりました。

快適なフライトで香港に降り立ち、
空港バス(シティーフライヤー)で市街地上環へ。
14:00頃には、ホテルにチェックイン。

少しだけ荷解きをしたあとは、
上環~西營盤を散策し、
そのままトラムで銅鑼灣にまで出て、訪港1日目の1食目を食したのでした。
記念すべき1食目は、あそこのアレです。(笑)


001.gif


ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。   お越しくださってありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-06 09:58 | 香港くうこう

訪港中は、日本で日常を営んでいる時よりも、
ある意味、健康的な日々を過ごせているのかもしれません。

毎朝、日の出前から目が覚めてしまい、
明るくなり始める前からバストラムを眺めに散歩がてら遊びに出て、
けっこう早い時間に、外賈の朝食。

ゆったりと過ごしているのは、ホテルの部屋の中だけのコトで、
今日の楽しみを見つけに、早々と街や地方に出掛けて、
その行く先々でまた散策。

よく食べはしますが、よく歩きもします。

この日この時は、九龍城をぐるぐると歩き回っていて、
ひたすら広々と美しい九龍寨城公園で、かつてのカオスを想起しつつ、
静かなひとときを過ごそうかなと、
行く道すがらで、お菓子を買い求めたのだったかな。



e0248743_11244552.jpg


e0248743_11254561.jpg


e0248743_1126169.jpg


e0248743_11265914.jpg




「その味や食感は、なんとなく想像の範疇なんだけど、見た目で選ぼう。」
という感じで、ショーケースの中に整列しているお菓子類を買ったのでした。

その姿形をこうして撮って、いつもの携帯カトラリーで分け、
芝生や中国庭園に囲まれたベンチで楽しんでいたのでした。
飲み物はどうしたんだっけかなあ。。。


029.gif

ランキングに参加しています。カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。  お越しくださって、ありがとうございました。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
by hongkonggaffe | 2012-06-02 11:35 | 香港たべもの