<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

良薬は口に苦し ~香港ならではの涼茶舗~

日付が変わって、こんな時間。
正確には、昨日(11月26日)の夕方以降から、
突然、エキサイトブログのブログトップページが模様替えしましたね。
夕方にトップページを開いたら、
いきなり新鮮なページが画面に出て来て、びっくりしました。
・・・まだオフィシャル案内の文字が未掲載で何もアナウンスがなかった時点だったので。

以前のものよりも、明るく見やすくなったみたいな印象です。
エキサイトブログ、素敵な「改善」ですね。改悪じゃなくて、よかったです。
使い心地は、良さそうだけれど、まだ慣れていません。
そのうちすぐに、馴染んでくるのでしょうね。

「こんな時間」と書きましたが、
こんな時間、じつは僕は、眠らずに起きていることが珍しいんです。
いつもは、夜は早々に眠ってしまいます。
今日は体調が悪いのか、風邪気味をこじらせつつあるのか、眠れなくて。。。
って、風邪気味ならば、「早く眠れ!!」ってところですよね。(笑)

風邪気味・・・みなさんは、大丈夫ですか?
季節の変わり目、お身体をご自愛くださいね。063.gif

風邪に効きそうな記事と、それにちなんだヘッダーの写真で、今日の話題です。







喉の渇きを潤すだけではなく、
自分の健康のために飲む「漢方茶・薬膳茶」という印象の、「涼茶」。
訪港中、龜苓膏(カメゼリー)を食すことは少ないのですが、
気軽に涼茶舗(お茶のスタンド)で、グイッと飲める涼茶には、よくお世話になります。

自分が使用する頻度が高いのは、
 ●感冒茶・・・風邪のひき始めに、効果抜群。
 ●廿四味茶(二十四味茶)・・・身体の熱気を取り除く。消化促進。以前の記事はコチラ
 ●酸梅茶・・・食べ過ぎに最適。
 ●五花茶・・・解毒や解熱。暑さ対策やインフルエンザ予防。(飲みやすい)
などといったところでしょうか。



e0248743_1243176.jpg




他にも、
 ●銀花茶・・・目や喉に良い。(甘くて飲みやすい)
 ●火蔴茶・・・胃腸に良いゴマジュース。便秘にも効く。
 ●紅棗茶・・・身体をあたためるナツメのお茶。「棗」で、「ナツメ」。
 ●鶏骨草茶・・・身体の熱を取ったり、骨の痛みに効く。
 (各効能は、それぞれ他にも、こまごまとあるようです。)
などが、ありますね。

「良薬は口に苦し」ではありませんが、やっぱり確かにそのとおりかも。
「う~ん、まず(不味い)おいしい!!」という覚悟で挑む廿四味茶や感冒茶などは、
飲んで本当にラクになれたという体験が、何度でもあります。
涼茶による効能には、日本人であろうと香港人であろうと、違わない。(笑)

「どうせ食べるなら身体に良いものを。どうせ飲むならヘルシーなものを。」
という、香港の人々の合理的な考え方が支持している涼茶舗なんですね。

それにしても、
涼茶1杯が、日本円にすれば、80円前後~200円いかないほどのお値段。
凄まじい勢いで高騰する地価やお店の賃貸代などを考えると、
ほんと、涼茶舗さんって、ギリギリのところで踏ん張っておられるのではないでしょうか。
これで商売は成り立つのだろうか?
・・・と思わず心配してしまうような街中の1等地に在る場合も、少なくありません。
どうか、庶民の味方の涼茶舗さんが、
香港という大変な街の中で、商いを続けて行かれることを願うばかりです。



e0248743_1364324.jpg


e0248743_137172.jpg




さて、「良薬は口に苦し」の涼茶。
自分などは、
ショルダーバッグを肩にかけ、
右手でカメラを持ち、左手で涼茶の入ったお碗を持ちあげ、
勢い良さ気に(ポーズをとって)グビグビッと一気に飲み干します。060.gif
・・・なあんて、「一気に」だなんて理想であって、
なかなかそうは出来ずに、途中休憩アリで飲むのですけれど。(笑)
でも、
途中休憩しちゃうと、よけいに飲みにくいんですよね。苦みに負けちゃいそうで。

店先で目にしたコチラの女性も、
男性に混じって、勢いよく、かつ、スマートに、飲み干しておられました。

子どもたちも飲むのかなあ?
・・・冒頭のYouTubeの映像の中では、子どもたちも飲み干していますね。

健康への気遣いと、健やかな身体は、
子どもの頃から自然な流れの中で培われていくものなのでしょうか。
僕も、気負わず、結果を焦らず、
日々の身体のケアをしていかなくちゃなあ・・・と感じる昨今です。


019.gif

お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
クリックしてくださるかた、感謝感謝です~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-27 01:48 | 香港のみもの | Comments(18)

続:ホンコンにときめいてしまう(2) ~香港や漢字+英字の並列表記~

前記事は、(1)として、「HongKong」にときめいてしまう・・・としましたが、
(1)があるということは、(2)もありうるということですよね。(笑)
懲りないヤツだなあ・・・と呆れながら、よろしかったら、どうかお付き合いくださいませ。

ホンコンが「香港」という漢字表記の場合もあり得ますよね。
漢字は、便利。
香港の街中の飲食店に入ってメニューを見たりしても、
現地の書店で本・写真集や歌詞の中の文章を見たりしても、
広東語がさっぱり分からない自分が、少しだけでも想像が可能になります。
欧米系の方々には、これはなかなか難しいトコロ。
・・・漢字圏に生まれ育っていて良かった・・・なんて思ったりして。

香港のその地に居ながらにして、ときめかせてくれる、
漢字2文字の「香港」たち。。。



e0248743_90369.jpg


e0248743_923977.jpg


e0248743_9513.jpg


e0248743_971760.jpg


e0248743_973270.jpg


e0248743_98996.jpg




そうかと思うと、
香港では、
漢字表記と英字表記との両方が、併記されている場合もありますよね。

交通表記や道路の行き先表示だったり、
MTR(地下鉄)の注意書きだったり、
いろんな世代・人種の方々に分かるように。

両方を併記することで、文字数は多くなっちゃいますけれど、
親切だよなあ・・・と感じます。

香港のその地に居ながらにして、ときめかせてくれる、
漢字と英字の「香港 HongKong」たち。。。



e0248743_9152448.jpg


e0248743_9155848.jpg


e0248743_9181749.jpg


e0248743_9191163.jpg


e0248743_9211696.jpg


e0248743_923461.jpg


e0248743_924087.jpg




つらつらと並べてみた「漢字表記」と「漢字+英字=並列表記」のホンコンたち。

どの写真がどんな所に使われていたのか、妄想してみてはいかがでしょう。
あなたはこれらを見て、ときめきませんでしたか~?(笑)
僕はまた、ホンコンに出向き、街中を歩いた時に、
こうした「ホンコン」の文字をついつい目で追っかけて、ニヤニヤしちゃいそうです。

以上、前回に続いて、懲りることを知らないホンコンシリーズでした。
お付き合いくださって、ありがとうございました。


040.gif

お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
クリックしてくださるかた、感謝感謝です。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-24 09:33 | 香港ふうけい | Comments(10)

ホンコンにときめいてしまう(1) ~ホンコンで目にするHongKong~

もしも自分が、
「カトウ・ヒロシ」なんていう氏名だったとしたら、
イニシャルは「HK」ですよね。
HKにときめいてしまいます。きっと運命を感じることでしょう。(笑)

数年前、
最寄りの空港から離陸したチャイナエアに搭乗した時、
座席シートが「HとK」でした。
HKにときめいてしまった僕と太太。右列窓側の席でした。

「HK」で、HongKong 。
ホンコンの街の中に居なくても、
この英字表記を目にするだけで、「お!いいねえ!」と思える。
・・・シアワセなことです。(笑)

でも、
訪港して、実際に自分がホンコンの街の中に居る時でも、
「HongKong」の表記を目にすると、
その瞬間、じんわりと嬉しくなってしまうのです。
その地に、まさに今、自分が居るのにもかかわらず。
・・・って、みなさんは、そういうコトはありませんか???



e0248743_1104136.jpg


e0248743_1122873.jpg


e0248743_1111375.jpg


e0248743_11142479.jpg


e0248743_11175235.jpg


e0248743_11185849.jpg


e0248743_11201310.jpg


e0248743_11215875.jpg




つらつらと並べてみた、英字表記の「HongKong」 。
どの写真が、どんな所に使われていたものか、
妄想してみてはいかがでしょう?

あなたは、これらを見て、ときめきませんでしたか~?(笑)


016.gif

お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-21 11:27 | 香港ふうけい | Comments(20)

基本色だけでなく 全面ラッピングを纏い始めている 新型トラムたち






そう言えば、
トラムが、続々と衣替え(笑)しているのでしょうね。
「衣替え」と言っても、ラッピング広告の事ではありません。

楽しく色とりどりなラッピング広告を全身に纏って、
香港島のレールの上を 東西にわたってゴトゴトと歩くように進むトラムたち。

軌道や停留所(トラム站)の整備や改良がおこなわれて、
利用者の減少も無く、
経営上も黒字収支を保ったまま、元気に活躍しているそうですね。

そのトラムたちが、
昨年あたり~今年にかけて、大きく変わりつつあるのは、
駆動方式だったり、車体の軽量化だったり、内装だったりします。



e0248743_13135641.jpg


e0248743_13154087.jpg


e0248743_13162869.jpg




2011年の訪港の時には、
まだまだほんの一部分でしか営業運転をしていなかった新型ハイブリッドトラム。
その頃は車体のラッピングも無くて、
あの「トラムのグリーンの基本色1色だけ」でしたっけ。

2012年の5月に乗った時には、
基本色だけでは無くて、全面ラッピング広告を纏ったトラムも、もう走行していました。
どんどん新型車両になり、改造が更新されているようですね。

新型ハイブリッドトラムの特徴は、ここで書き切れないほどいくつかありますが、
大きな見分け方で挙げれば、
行き先表示が、ロール字幕表記からLEDのデジタル表示になったことと、内装でしょうか。



e0248743_1323347.jpg


e0248743_13243078.jpg


e0248743_1325955.jpg


e0248743_13254663.jpg


e0248743_13262894.jpg


e0248743_13271821.jpg


e0248743_1328570.jpg




内装・・・たしかに新調されて、キレイになっちゃったんですけれど、
個人的な想いとしては、
昔からの従来型のプラスティックのイス(120番だけは籐の編みイス)のほうが、
座り心地がう~んとよかったです。

新型ハイブリッドトラムの新しいイス・・・硬いんです。

アルミの枠に木が渡しかけてあって、
その木製の座面が、おしりに痛い。。。

いつものように、石塘咀から筲箕灣まで乗っていたら、
おしりと腰とが、痛くなっちゃいました。(笑)

今まだ走行している従来型のトラムも、
順次刷新されて、新型車両に更新されていくとのこと。
乗り比べをするならば、今がチャンスだと思われます~。


025.gif

お越しくださってありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると嬉しいです。クリックいただけるかたありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-18 13:38 | 香港のりもの | Comments(16)

どんな基準でどちらに滞在? ~訪港中のホテル選び~

訪港した際に滞在するホテルって、みなさんは、どちらでしょう?
また、
そのホテル選びをする「基準」みたいなものって、何でしょう?

訪れる人数や、滞在日数しだいかもしれませんし、
訪港中に行きたい場所や予算との兼ね合いかもしれませんよね。
はたまた、
「いやあ~我が家(別宅)に帰って来た気分を大切にしたくって・・・」と、
常宿をいつも贔屓にしておられるケースもあるのかなあ。

ウチの場合は、何だろう?
・・・やっぱり、多少なりとも、選定基準みたいなものがあります。

①・・・トラム乗車が趣味のように大好きだから、香港島サイド。
②・・・なるべく団体様ツアーの少なそうな(または一切ない)ホテル。
③・・・トラム停やバス停から近いという立地。
④・・・清潔感があって、ホスピタリティーの感じられる部屋と建物。
⑤・・・ローカル好きのココロをくすぐる、下町や一般アパートに隣接する環境。
⑥・・・太太と2人で1泊7~8千円以内で収まる費用条件とシーズン料金。
⑦・・・近所に早餐を外賈したり食べに行ったり出来るお店が多い場所。

・・・等々でしょうか。
以前は、「バスタブも欲しいな」って思ってたけれど、
それは今は、どちらでもよくなりました。

昔は、滞在の前半はAホテル(九龍側)~後半はBホテル(香港島側)・・・みたいに、
2つのホテルを楽しんでみたこともありますが、
今はもう、そんな元気は無し。(笑)
滞在中、ずっと同じホテルで過ごします。
予期しなかった諸事情により、同じホテル内で部屋を替えたコトはありますけれど。



e0248743_10443128.jpg


e0248743_10444096.jpg


e0248743_10452958.jpg


e0248743_10463242.jpg


e0248743_1047079.jpg




◎・・・コートヤード・バイ・マリオット
◎・・・アイランド・パシフィック
◎・・・セントラルパーク
◎・・・トレーダーズ
◎・・・ラマダ

こうして、ここ数年のホテルを挙げてみると、
すべて上環~西營盤~石塘咀などの西環地区のホテルたちです。
西環地区、なんだか落ち着くし、交通の便も良いからかな。。。

前回行った時も、また新しいホテルが2~3軒プレオープンしていましたが、
上環から堅尼地城にかけて、これからもいくつかオープンするのでしょうか。
そのうちMTR(地下鉄)も延びていくでしょうし、人の流れも変わるのかな。

そうそう、
最近お世話になっていないのですが、
以前は北角の春秧街のまん真ん中にあるニュートン・イン・ノースポイントが、半ば常宿でした。
あの、モーゼの十戒状態の中をトラムが進み行く真っただ中のホテルでした。
そこも、もう1度宿泊してみたいホテルですが、
いかんせん、大陸からの団体さんが多すぎる・・・。
その面だけ、やや苦手なんです。(笑)

・・・はてはて、みなさんはどんな滞在先がお好みですか?
「ホテル」に限らないかもしれませんね。

香港迷のオフ会を香港で行うっていうのもいいなあ。。。
夢みたいなお話。
けっして広くない香港、交通網も発達していますから、
九龍側エリアに居ても、香港島エリアに居ても、離島に居ても、
どちらの「仮の宿」に居たとしても、
「はい!集合~!!」の声ひとつで、ササッと集まれそうな気がします。(笑)


037.gif

お越しくださってありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-15 11:01 | 香港ご商売 | Comments(18)

朝食の定番 ~やさしいお味と食感の蛋ファミリーたち~



ああ~、
店の奥から出て来たばかりの、
鉄板の上にのっけられたままのパンたち。

ホカホカのを選んで、
持って帰りたいなあ~。



香港の朝いちばんで稼働し始める麵飽餅店(パン屋)さん。
日本にも昔からある「♫朝一番早いのは~パン屋~の おじさんっ♫」
香港でも、この歌のとおりなんでしょうね。

そんな麵飽餅店の棚を彩る商品の中でも、
とても素朴でベーシックなこれらの品々。
早朝から、人々の出勤時間に至るまで、
次から次へとお客が立ち寄って買い求めて行かれます。



e0248743_1221844.jpg


e0248743_122564.jpg


e0248743_1233034.jpg




お味も食感も、とてもやさしい各種蛋ケーキたち。
写真上から順に、紙包蛋糕に、巻糕に、三角蛋糕と四方蛋糕。。。
「蛋(たまご)」という1文字が共通しているこのファミリーは、
だいたいどの麵飽餅店でも、仲良く近くに寄せられて並んでいますよね。

その形状からそれぞれに名付けられた、1つ1つのネーミング。
お味はとても似ているのですが、
ついつい全てを順にいただきたくなっちゃいます。

自分が日本人だからか、
やっぱりパサパサした蛋糕よりも、
多少なりともしっとりした生地のものの方が、好みかなあ。
日本のカステラのように。

すっきりしてて淡白な味わいの紙包蛋糕を こうして眺めてたら、
スキンのヘッダー写真に持ってきたくなっちゃいました。
・・・ということで、蛋撻に替わって、ヘッダーは紙包蛋糕です。(笑)
 ↓
 ↓
しかし、
なんですね、
こうして ManyMany紙包蛋糕 を見ていると、
この上に大の字になって寝そべりたくなるような、
この上でトランポリンのように跳ねたくなるような。(笑)



e0248743_12334112.jpg


e0248743_12342369.jpg


e0248743_1235057.jpg




こうしたお店で、
スタンダードな紙包蛋糕と蛋撻や、
香蕉糕(ひょんちうごう=バナナオイルを加えたぎゅうひロール)と、
糯米糍(ろーまいちぃ=ココナッツ風味のお団子)などを買い求め、
その帰り道に、
目星をつけておいた別のお店(粢飯をこしらえるお店)で、
豆漿(だうじょん=豆乳)を追加購入。

この写真 ↑ でもそうですけれど、
ウチって、
朝食にするパン屋さん系での外賈では、
甘いものと、もっちりモチモチした食感のものを食べ合わせることが、
どうも、好きみたいです。
だいたいが、この組み合わせパターンですもん。(笑)

・・・さて、
まだじゅうぶんにあたたかな搾りたての豆漿が冷めないうちに部屋へ戻り、
朝食の時間。
ペットボトルに満タンに注入されている豆漿を
トクトクトクトクっとカップに入れて、ひと口。
あたたかで香り高い液体が、
口の中を 喉を 食道を 流れて行きます。

そのあと、
さあて、
何から食べようかな。。。

香港早晨(グッドモーニングホンコン)にチャンネルを固定して、
部屋を満たし潤してくれる広東語とBGMに包まれながら、
画面を眺めつつ、今日の行動計画をぼんやりと考え始めるのでした。

こういうひとときって、なんでもないのですけれど、けっこうシアワセですよね。

063.gif060.gif

カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。クリックいただけるかた、ありがとうございます~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-12 12:48 | 香港たべもの | Comments(10)

燒臘(焼き物)とBEERで ゆっくり・ゆったり・ゆるり

部屋でゆっくりしたい夜や、
香港滞在最後の夜などは、
ホテルでの“部屋食”が好みです。

チェックインしてから以降、何日かを過ごし、使い慣れ、落ち着けた部屋で、
自分たち二人だけのリラックス感とゆとりのある時間の流れの中で、
ゆっくり・ゆったり・ゆるりとしたひとときを過ごしつつ食べられる晩餐。

焼き物と啤酒(BEER)を買い込んで来て、
ホテルの自室で、自分たちのペースで過ごしましょう。



e0248743_16345374.jpg


e0248743_16351943.jpg




街の燒臘店に、いそいそとお出掛け。
店先に吊り下げられた焼肉や叉焼に目がクギ付けになります。

いつもいつも思うのですけれども、
こんなお店が日本の家の近所にでもあったならば、
毎日でもかよっちゃって、
お店の焼き物を端から順に全部制覇していくのになあ。(笑)

・・・そんな儚い夢を妄想しつつ、
ガラス越しの燒臘を恨めしげに眺め、お店の中に突入です。

「・・・今日、お肉を切り分けてくれるおじちゃんは、どのタイプの人だろう?・・・」
「・・・適度に脂が入った柔らかい部位を選んで、ちゃんと売ってくれるかな・・・」
「・・・フェイゲ~・ムゴ~イとは言えたけれど、羗葱油ってどう言うんだっけ・・・」
などなど、
いろいろな葛藤をしつつ、期待を込めてお買い上げ。
♫ストトトトンッ♫と見事な早業で切り分けてくれた燒臘を手に入れたら、
内心ニコニコしつつ、ホテルへUターン。

部屋のテーブルに新聞紙を敷いて(お肉の脂が染みる場合がありますから)、
その上に、いつものバンダナを敷いて、
冷蔵庫に冷やしておいた啤酒とグラスを持って来て、
いただきま~す。



e0248743_1648365.jpg


e0248743_16485548.jpg


e0248743_16493121.jpg




日本では味わえないお味たち。
ローカルTVを観ながら、香港らしさをゆっくりと味わったら、
さて、
帰国の為の荷作りの最終工程。

今回の訪港も、
忘れがたい魅力的な日々を過ごさせてくれた香港に・太太に・友人に感謝しつつ、
ゆるりゆるりと過ごしましょう。

あ、
荷作り再開の前に、
外賈してきた燒臘の容器や箸などは、
階下まで降りて行って、街の歩道のゴミ箱に捨てて来なくちゃね。

そう、外賈して部屋食した際には、
いつもその後に、すぐに容器類を処分しに降りて行くのです。
・・・なぜなのか、ご想像がつきますか~?(笑)


037.gif

カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします~。クリックいただけるかた、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-08 16:59 | 香港たべもの | Comments(16)

移ろい 塗り替えられていくものだからこそ ~粤華と金玉満堂~

以前も記したことがありますが、
20代の頃から、アジアの民族楽器・民族音楽に興味があり、
東南アジアを中心に、いろいろな国々へ楽器を買い付けに出ていました。

初めて香港を訪れることになったきっかけも、
やはり楽器がらみです。

香港で出会えて手に入るのは、やはり中華圏の民族楽器たちですが、
その構造・奏法・音色・日本との共通点や相違点などなど、
興味深い事実が満載された楽器たち。



e0248743_12155551.jpg




今はもう結業(閉店)してしまったお店もありますが、
この粤華楽器行さんには、何年も通い続けています。

お店の歴史や、歩み営まれてきた年月と共に、
お店の看板も年輪が刻まれ、良い味を醸し出すようになりますよね。
古くなり年季の入った看板になってしまっても、
夕刻にはネオンが煌煌と灯り、老舗ならではの存在感を浮かび上がらせます。



e0248743_12211153.jpg




こちらの酒家(レストラン)の古い看板も、うんと年季が入っています。
でも残念ながら、このレストランは、もう跡かたもなくなってしまい、
「金玉満堂」という、おめでたいネオンは、見られなくなっちゃいました。
金玉満堂=きんぎょくまんどう・・・財宝に恵まれるという、ありがたいお言葉です。

九龍側のとある路地の中で見かけて記録したこの写真、
もう何年も何年も以前のことでした。

ありし日のこの看板を こうして撮影できたその時に、
レストランの建物の全景や一部分でも、撮り残しておけばよかったなあ。。。
無くなってしまったものには、もう近づけないですし、
その体験は、取り戻すことが出来ないものですものね。



e0248743_12301153.jpg




大好きだった「金玉満堂」の看板が消えてしまって以降、
このおめでたい4文字がプリントされた小物やお札(おふだ)たちを見かけると、
ついつい手に取り、買い求めて来てしまいます。(笑)

こうして訪港している現在も、
もちろん何年・何十年かのちには、
なつかしく貴重な過去に移り変わっていくのですね。

移ろい、塗り替えられていくものたち。

だから、
訪港するたびに見かけた素敵なものは、
目や心に焼き付けておきたいし、
体験して味わった気持ちは、
カタチの無い財産として大切にあたためておきたい・・・
・・・そう思うのでした。


056.gif

カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします~。いつもクリックしていただけるかた、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-05 12:37 | 香港ふうけい | Comments(14)

「これがMAX」は 無いのでしょうね ~新たな演奏とのさらなる出会い~

今日11月1日から、スキンのヘッダー写真も、衣替え。
食欲の秋深まる・・・ということで、蛋撻(エッグタルト)に。
麵飽餅店(パン屋)さんの店頭の鉄板に並ぶアツアツの蛋撻。
ハフハフといただきたいですよね~。

食欲の秋ではありますが、
秋と言えば、
芸術の秋でもありますね。
じゃあ、そんなお話を少しだけ。



「・・・こんな素敵な作品、これを超える物にはもう出会えないだろうなあ・・・」
思わずそんな気持ちになってしまう作品に出会うことって、ありませんか?
映画で…書籍で…番組で…美術で…演劇で……。

音楽にも、そういうことが言えるような気がします。

その音色なり演奏なりに出会えて、
思わずググッと胸に響くものや琴線に触れる感覚に陥って、
心を揺り動かされる体験をしてしまえること。

そんな体験を味わいながらも、
その一方で、
その体験や感動と、同じだったりそれ以上だったりする音楽に出会える事実も、
生きていて味わえる歓びなんでしょうね。



e0248743_8311223.jpg




先日、いつものように、部屋でRTHK(香港のFM局放送)をPCから聴いていたら、
“この曲”が流れて来ました。

“この曲”との最初の出会いは、
数年前の荃灣の駅ちかくで、
ひとりの女性がストリートパフォーマーとして二胡を弾いていた光景からでした。
聴きながら音を書きとめて、
その滞在中に中環のHMVでキーボードを弾いたり、CDを探したり、検索したり・・・。

その懐かしい“この曲”が、
先日のRTHKでは、別の奏者によってアレンジが加えられ、流れました。

同じ曲なのに、また異なる新鮮な演奏。
以前よりもさらに揺り動かされる心。
「こんなに素敵な作品、これを超えるものには、もう出会えないだろうなあ・・・」は、
いともたやすく消し去られ、
また新たな感動を味わいました。

これからも、
たとえ同じ曲であっても、
こうして新たな想いを味わえたり、
より素敵な音楽に出会えたりするんでしょうね。

魅力的な作品との出会いに、MAXはあり得ない。
上限は、無い。
そんな気持ちになりました。



e0248743_8423285.jpg




あ、
以前、どんな経緯で“この曲”に出会えて、
“この曲”とはどのような曲だったのか。。。

それについては、 コチラ に書いています。
このブログを始める前に綴っていたブログ「こえだガッフェ」の中での記事です。
“この曲”(女人花)の演奏もYouTubeで貼りつけてあります。
ご覧いただけると、幸いです。


カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします~。いつもクリックしてくださるかた、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-11-01 08:48 | 香港ふうけい | Comments(10)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

♫ きらさん お疲れ様..
by hongkonggaffe at 20:53
今日は朝から電車に振り回..
by きら at 23:27
♫ きらさん 檸檬咖啡..
by hongkonggaffe at 18:12
おはようございます。瞬間..
by きら at 08:04
♫ きらさん 飛んで来..
by hongkonggaffe at 18:04
ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ