<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

MTRセントラル駅コンコースのフリーPC

香港迷のブログ友達のみなさんの中で、
訪港されるかたがおられる時には、
そのかたが、香港からリアルタイムで記事をUPしてくださったり、
そこへコメントさせていただいたりすることが、とても楽しみです。

行けるものならば、
いつでも、何度でも、行きたい香港ですが、
当然なかなかそうはいきません。
でも、
日本の中で日常生活をしていながらにして、
まさに「今」香港を楽しんでおられるかたの
ライブUPの記事で、楽しませていただける。
読ませていただいているだけで、
まるでご一緒させていただけているかのようなワクワク感を味わえます。

そんなわけで、
訪港時にPCを携えて行ってくださる方々には、
いつもとても感謝しています。
最近だと、やすこさんの記事が、そうだったかな。

・・・なのに、自分はというと、
「かさばるし、重いしなあ。」
「夜に弱い自分には、使いこなせないんじゃないかなあ。」
という我ままで、PCを持って行っていません。

他の人のは、すごく楽しみにしているのに、
自分ではリアルタイムでのUPは、出来ないまま。
横着者ですよね。(笑)

そんな横着者でも、
免費のフリーPCが設置されているホテルに泊まったり、
街中のパシフィックコーヒーのフリーPCが空いていたりすると、
けっこうこまめに、記事やコメントやメールをチェックしています。

ブログ記事にコメントをいただけることは、
やっぱり、嬉しかったり励みに感じたりしますから。。。



e0248743_618156.jpg


e0248743_6182646.jpg


e0248743_6184327.jpg




昨年5月の訪港時には、
公共の場でのフリーPCが、自分にとって何度か活躍してくれました。

中環(セントラル)のMTR駅のコンコースには、
いつの頃からなのでしょうか、
こんなふうに人通りの多い場所に、
誰でも自由に使えるフリーPCが何台か設置してあります。

自分が使う前に眺めている範囲では、
地元のみなさんがパッと寄って来て、ササッとググッて離れて行くという具合でした。
画面上には、制約時間までの目安となる使用時間が、赤字で表示されます。



e0248743_6232383.jpg


e0248743_6233731.jpg




近いうちに、
日本語ソフトも完備したフリーPCが増えるといいなあ・・・と思っています。
でも、スマホが爆発的に普及してしまっている昨今では、
香港でのこうしたサーヴィスも、陰っていってしまうのかなあ。。。


039.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
よろしくお願いします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-29 06:29 | 香港ふうけい | Comments(20)

毎朝かよって収集したセブンイレブンのシール ~パディントンベアとお姉さんの記憶~

訪港したその期間、
香港のセブンイレブン(七仔)では、
たびたび展開されるプレゼントキャンペーンの期間中でした。

この時のキャンペーンは、パディントンベアが集められるというもの。

印花収集咭という、シールを貼る応募用紙に、
20$のお買い上げごとに1枚(40$なら3枚)もらえるシールを貼っていき、
シールが14枚集まると、
パディントンベアが1つ入った袋を1個その場でもらえるというキャンペーン。



e0248743_726068.jpg


e0248743_7261761.jpg




ベアは全部で9種類用意されています。
1つ1つ袋に入っていて、外からは中身が見えない仕組みなので、
どんなベアが手元に来るか分かりませんし、
同じ種類のベアが重複することもあり得ました。

それでもとにかく手に入れたかった、このパディントンベア。
「いい大人が・・・」と思われても平気なくらい、いい顔をした可愛いベアだったのです。

ホテル近くのセブンイレブンに、滞在中は毎朝のようにかよいましたから、
店の店員のお姉さんに、すっかり顔を覚えられちゃいました。
「ベアめあてに、いつも維他奶vitasoyと咖啡とパンを買って行く日本人のおじさん。」
そんなふうに、インプットされてしまったのでしょう。(笑)
12日間の滞在の中で、
すっかり朝の常連客になってしまった僕。



e0248743_7334857.jpg


e0248743_7335824.jpg




ベアの入った袋をもらうと、いつもその場で袋を破って中身のベアを確認する僕。
店員さんも、「今日はどんなベアが出て来たの?」と、興味があるご様子。

以前出てきたベアと異なるタイプのベアが袋から出てくるのを見ると、
一緒になって微笑んで喜んでくれましたし、
人気のあるアジアシリーズのベアが手に入ると、
満面の笑顔で拍手をしてくれました。
僕がお金を支払ったあと、
ベアの袋をたくさんストックしてある棚の中から、お姉さんが1つ取り出してくれる時には、
おめあての新しいタイプのベアが当たるように・・・と、
おまじないをしてくれるようにもなりました。

滞在も最終日に近くなったある日の朝、
「今日はここに来れるラストの日なんです。今日まで毎日ありがとう。」
と、お礼のあいさつをしました。
「さみしいわ。いつも来てくれて、沢山のベアを手に入れてくれて、ありがとう。」
と、お姉さんは英語で言い、
握手をして、お別れをしました。



e0248743_742491.jpg


e0248743_7431538.jpg




今でもウチの部屋の棚に飾ってあるパディントンベアたちには、
こんなふうにしてお店にかよった思い出と、
お姉さんとコミュニケーションを交わした記憶とが、込められています。

次の訪港時も、何かいいものがもらえるキャンペーンをしているといいなあ・・・
そして、
またあのセブンイレブン石塘咀店で、
お姉さんと笑顔でコミュニケーション出来るといいなあ・・・
と、
そんなことを思いながら、香港行きを探っています。



006.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-25 07:52 | 香港ざっか | Comments(24)

銅鑼灣の太興で おやつ

銅鑼灣のHMVとNIKEに寄ったあと、
あまりの人ごみに、やや疲れてしまって、
ちょっと休憩してどこかで座ろう・・・ということに。

どこがいいか・・・ということに加えて、
冷たいものを飲みたいな・・・という気持ちで、
お店を思案しつつ、カチカチカチという歩行者信号の音を聞いていました。

あれこれ迷いつつ、
人ごみにあたってしまったのに、人ごみの中をクルクル。(笑)
茶餐廳も良いけれど、
そういえば、氷で薄まったりすることが無い凍奶茶があったんだ!!
ということを思い出しました。

“薄まらない凍奶茶”で思いつくのは、やっぱり2軒。
でも、
ここ銅鑼灣から、
疲れている今、灣仔の金鳳茶餐廳まで歩くのは、ちょっとしんどかったので、
銅鑼灣の太興へ。
ここも、氷で薄まったりせずに、
カップの外側から凍奶茶を冷やしてくれているお店でしたものね。



e0248743_749302.jpg


e0248743_750261.jpg


e0248743_7501980.jpg




お昼時をちょっとはずしたつもりだったのに、
なぜか、お店の中も人ごみ。(笑)
でも、太太とは別行動中の一人だったので、
相席でテーブルにつけました。

凍奶茶をオーダーする前に、
向かいの席の香港人カップルが、美味しそうにご飯を食べていたので、
ついつい僕も、雙拼飯を。
そう、すぐにつられる、影響されやすいヒトなんです。。。



e0248743_7541852.jpg


e0248743_7543018.jpg




凍奶茶とのセットにして、
蜜汁叉焼と焼肉の雙拼飯で。
待つほども無く、あっけなく運ばれてきたワンプレート。

のっけご飯は、
たいがいどこで食べてもあまりハズレがなく、それなりに美味しく感じますが、
この日の太興は、
焼肉の方のあぶった表皮の皮が、
なんとなくしなっとしてて、今ひとつだったかも。
お箸で持ち上げると、
表皮が肉部分から外れそうになってしまう焼肉でした。



e0248743_7582424.jpg


e0248743_7585789.jpg


e0248743_7594017.jpg




それでも、それはそれとして、
この「おやつ」を美味しく完食。
叉焼のほうは、とても美味しくいただけましたし。
あっという間に平らげて、
まわりを氷で囲まれた凍奶茶も飲み干して、
店の外へ。

降っていた雨も、おやつの間にやんでいて、
元気を取り戻した僕は、灣仔方面に向けて、また歩き始めたのでした。
おやつといえども、
やっぱり飯モノを食べると、
元気になれます。
・・・でも、これで50H$のおやつは、
ちょっとお高いですよね。
日本で食べることを考えたら、
じゅうぶんに安価なのでしょうけれども。。。(笑)


011.gif

いらして下さって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-22 08:09 | 香港たべもの | Comments(16)

街も香港 村も香港 ~屏山でささやかなミニ遠足~

香港は香港でも、ときには気分を変えて。
都市部の街歩きや、人の波にもまれるようなところでは無く、
空が広くて空気がきれいなところへも、ときどき向かいます。

この日は、新界の北西の果てに近い、屏山(ぴんしゃん)へ。
3度目・・・かな?
のどかな町(村?)で、目と心にやさしい風景を味わいに向かいました。

街から西鐵線(West Rail Line)でスマートにビュンッと行く手もありますが、
そこはそれ、路線バスの好きな二人ですので、バスで。

「今日は遠足として史跡めぐりの日!!」ということで、
外賈してきた朝食をホテルの部屋で多めに摂り、
香港島は西環の皇后街干諾道西から、バスに乗ります。
969番のシティーバス(城巴)でした。

このバス、
ほとんど停車しないというエクスプレスバスで、
乗車した皇后街を出発したら、西トンネルにすぐに入って、
なんと、たった三つめの停留所が、目指す屏山のさらに少し北にある天水圍なのです。

2階最前列というお約束のシートに身を預けたら、
刻々と風景が街から町へ、町から村へと変わっていく様子を眺めながらのバス旅でした。



e0248743_7183622.jpg


e0248743_7185352.jpg




1時間と少しくらいかなあ、ずいぶん走って、やっと停まった三つ目のバス停。
降車して歩くと、すぐに仏塔(パゴダ)がそびえ立っています。
600年以上の歴史があるという、六角形の香港で唯一の仏塔。
学問や天文の神さまが、祀られています。
昔から観光地図にも、ここだけは必ず載っているこの仏塔が、遠足のスタート地点。

天水圍のこのスタート地点から、小さな小さな歩道をゆっくりと歩きつつ、
坑頭村や坑尾村を抜けて、屏山の軽鐵(LRT)駅まで、遠足を楽しみました。
緑豊かな小道に沿って、古廟や書室や文物館が建っています。



e0248743_7265070.jpg


e0248743_727562.jpg


e0248743_7272875.jpg


e0248743_7274879.jpg


e0248743_728978.jpg


e0248743_7283189.jpg


e0248743_730330.jpg


e0248743_7305750.jpg




16~19世紀前後に造られた建物が点在する屏山文物径は、
1㎞ほどの散歩道。
かつては若者が集う学問所だった愈喬二公祠には、
趣きのある中庭が二つもあったり、
科挙(官僚登用試験)に行く人々が宿泊していたという清暑軒をはじめとする建物には、
色鮮やかで細やかな木彫りや装飾が、あちこちに施されていたり。

お参りをしたり、建物見学をしつつのんびり歩いたら、
意外なほどに、あっという間に、けっこうな距離も歩いて行けちゃいます。
所要時間は、1~2時間といったところでしょうか。



e0248743_739256.jpg


e0248743_7393589.jpg


e0248743_7401251.jpg


e0248743_7402552.jpg


e0248743_741888.jpg


e0248743_7411712.jpg


e0248743_7415137.jpg




ただし、
雨降りの日に行くと、多少濡れますけれど。(笑)
2度目に行った時は、あいにくの小雨でしたが、
それでも、それはそれで風情が感じられて、
雨音だけが耳に入るような静けさで、
悪いものではありませんでしたよ。



e0248743_7463459.jpg




都会の日常に少し疲れたら、
屏山の史跡めぐりもいいものです。
街も香港。
でも、
高層ビルなんかに囲まれていない、緑豊かでのどかな村も、また香港。

史跡めぐりに加えて、
出会う村人や、小路に佇む猫や犬に出会えるのも、
小さな遠足ならでは・・・の楽しみかもしれません。

ちなみに、
この屏山でのささやかな遠足の後は、
元朗まで軽鐵(LRT)で行き、
元朗でお昼を食べた後に、
さらに思いつきでバスに乗って大埔まで行き、
大埔マーケットでの散策を充分に楽しんだ後に、
またバスに乗って、上環まで戻って来たのでした。

香港の郊外での町・村を楽しむ散歩。
こうした田舎の史跡たちは、
都会の建物のように、立ち退きや改築などで無くなってしまうことはありません。
いつまでもいつまでも、
年月を刻みながら、私たちを待っていてくれます。
・・・いつか機会があったら、味わわれてはいかがでしょうか。


028.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-19 07:56 | 香港ふうけい | Comments(24)

再会したいニャンコたち ~みんな愛されているんですね~

乾物屋さんの看板ニャンコ。
まるで保護色のようになって、
商品の中に埋もれて暮らしておりました。
どこに居るか、すぐお分かりになりますか?



e0248743_70173.jpg


e0248743_702468.jpg




身軽でちっこくて、身体が柔らかいって、いいですね。
こんなところで、居場所をちゃんと見つけて、まどろんでいられる。








こちらも、乾物を扱っているお店の看板ニャンコ。
珍しい「尾まき猫」ですね。
巻き尾になっていて、
いつも尻尾がくるくると収納された状態です。



e0248743_73813.jpg


e0248743_732888.jpg




この子は、店先に立って、身づくろいをしていました。
お店の出入口にすくっと立っている、文字通りの看板ニャンコ状態です。








この子は、まだ幼そう。・・・と言っても、前はまだまだ赤ちゃんでした。
しゃがんで声をかけたら、ミイィ~っと挨拶をしてくれました。
ときどき首輪から紐が繋がれています。



e0248743_76356.jpg


e0248743_765172.jpg




銅鑼灣と灣仔の間の細道の問屋街で、
人見知りせずに、道行く人を和ませていました。








最後に登場のこの子は、
郊外の街、元朗の街市の近くの公園に居る三毛猫くん。



e0248743_794071.jpg


e0248743_795783.jpg




天気のいい日には、
かなりの確率で会うことが出来ます。

誰かにかまってもらってない時には、
こうして寄って来て、ゴロニャンと身体をすりつけて来てくれます。



こうして登場している4匹のニャンコ達は、
訪港するといつも会いに行く“おなじみさん”のメンバーたち。

特にその地域に用事が無くても、
ニャンコに再会するためだけに訪れることもあり。
幸いなことに再会できた時には、
「元気でいた?」と、日本語で語りかけてしまいます。

昔の香港って、
ペットと暮らす人も少なそうでしたし、
街の外猫を見かけると、
皆やせ細っていて、
猫には厳しい土地なんだろうなっていう印象でした。

いつのまにか、
やさしいご主人や街行く人々に、うんと愛されるようになりつつあるのでしょうね。
でも、
外猫はまだまだ多い状態。
1匹でも多くの外猫が、人間からなんらかの手を差し伸べてもらえるように祈っています。


014.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-16 07:24 | 香港ふうけい | Comments(10)

太太は西へ 僕は東へ ~「ひとりお楽しみ時間」~

「今朝の早餐セットは、何にしようかねえ。」

散歩も兼ねて歩いてきたホテルからちょっと遠めの茶餐廳で、
席に着いてから、相談します。

茶葉蛋と焼売のセットは、もう何度も味わったし・・・
炒麵と豆漿のセットは、今日の気分ではないし・・・
燒臘飯が売り物のこのお店も、まだ米飯を出してくれる時間ではないし・・・。

ということで、
フィッシュフライのセットを。

軽くバターが塗ってあるトーストとオムレツとフィッシュフライが、
「おいしい」のお皿にのっけられて供されます。



e0248743_735312.jpg


e0248743_735495.jpg


e0248743_736654.jpg




お腹が空いていたので、
奶茶を待つのももどかしく、
さっそく三文治(サンドイッチ)をこしらえて、
きちんとあたたかなフィッシュフライサンドをいただきま~す。

見た目どおりの味なのですけれど、
空腹のお腹に流れ落ちて行く朝食を 美味しくいただきました。

奶茶がなみなみと注がれたカップに口をつけつつ、
今日これからの大まかな予定を。
「今日は、このあとどうする?」
「どうしようかねえ・・・」

すぐに答えなんか出てこない、あいまいなこんなひとときの心地よさ。

どういうふうにでもできる休日の日々っていうのは、嬉しいものですよね。
日常では、なかなか実現させにくいもの。

この日、まずは、どちら方面に行こうか・・・ということで、
太太の希望としては、なんとなく、堅尼地城に行って散歩して、
お馴染みの家品舗が開いてたら、
小皿やら茶器やらを物色してみようかな・・・という気分らしい。

いっぽう、僕としては、
灣仔の茶餐廳(檀島か金鳳か瑞士)で、もうひと休憩してから、
銅鑼灣まで歩いて、とあるお店を覗いてみたい気分。

お互いが、西營盤のこの茶餐廳から、西と東へ別々の希望をもっているということで、
それぞれに「ひとりお楽しみ時間」を味わうということになりました。

滞在中に、何度もする「ひとりお楽しみ時間」。

「どのくらいの時間で、どのあたりで待ち合わせる?」
「どうしたい?」
「どうしよう・・・。」
「お昼の時間の後に、一緒に昼ご飯にすればいいよね。」

・・・のんびり相談した結果、
6時間半後くらいののちに、銅鑼灣で落ち合うことに。
「ならば、筲箕灣も含めて、行って来ようかな・・・」
「こっちは、中環までいったん戻るかもしれない・・・」
それぞれが、ゆっくり好きなことをしましょう。



e0248743_752427.jpg


e0248743_7522251.jpg


e0248743_7523965.jpg


e0248743_88138.jpg




心おきなく過ごせるように、
待ち合わせ時間と場所とを手にメモ。
太太はちゃんと手首に書くので、途中のどこかで手を洗うことがあっても、消えません。
それに対して、
僕はと言えば掌に書く癖があるので、途中の手洗いなんかで消えちゃう傾向があります。(笑)

お互い、腕時計の時刻が合っていることを確認して、
「それじゃあね。」と、
トラムの別々の乗り場に向かうのでした。
さ、
「ひとりお楽しみ時間」の始まりです~。

そうそう、この時は、
茶餐廳を出る時のお会計で、
お釣りのコインの中に、
集めている「1997年の限定絵柄コイン」の2ドルコインがコロンと渡されたので、
なかなか幸先のいいスタートだったんです。(笑)
お店の前で、二人で「やった~っ!!」と声をあげて喜びつつ、
トラム站に向かいました。


029.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-13 07:59 | 香港たべもの | Comments(18)

香港ならではの「音」 ~スターフェリーが紡ぐ一連の音色~





香港に居ると、香港ならではの「音」に、いくつも出会えますよね。

街中に居ても、
トラムに乗っても、
信号を渡る時にも、
MTRで移動する時にも・・・
香港ならではの「音」に、いくつも出会えます。

大好きなスターフェリーも、そうかな。
スターフェリーにも、音の世界がいっぱい。

まずは、乗り込む前に、
ピアの待ち合い所の入場ゲートが開く音。
同時に、乗船開始の音。
両面着座可能なベンチ椅子を倒す音。
出航の証を告げる笛の音。
エンジンが動力いっぱいまでパワフルに動き始める音。
船体が波をかき分けたり、船体に波が当たったりする音。

さまざまな匂いと共に、こうした「音」に包まれながら、
6~7分間の情緒いっぱいのミニクルーズを全身で楽しみます。



e0248743_5113512.jpg


e0248743_5115398.jpg




そして、スターフェリーの締めくくりの音で、大好きな音があります。

それは、
対岸のフェリーピアに近づき、エンジンの逆回転の音がする時に、
太く編み込まれた縄が、碼頭側に投げ渡された直後。
船体と碼頭とをたった1~2本の縄でつながれた、その縄が、
これ以上に無いほどにビーンと張り詰める時の音。

ギギギギギ~ッ ミシミシミシ~ッ。
縄が、ここぞとばかりに大活躍する時に、
存在感をいっぱい醸し出し、踏ん張る音です。

冒頭のYouTubeの映像でも、
4分50秒のところで、
この縄の踏ん張る音が、響いています。



e0248743_522722.jpg




縄の張り詰める音が最高潮に達し、
その音が徐々に弱くなって静まった時に、
フェリーが無事にひと仕事終えて停止したことを実感します。

香港ならではの「音」。
こうして、スターフェリーには、一連の連動した音色が紡がれているんですね。
あぁ、スターフェリーに乗りたいなあ。

香港に居て出会える、香港ならではの「音」。
あなたにとって印象的なのは、どんな場面の「音」でしょうか。


038.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-09 05:26 | 香港のりもの | Comments(16)

菠蘿飽(パイナップルパン)の4店舗食べ比べ

香港の麵飽餅店(パン屋)に入ると、
朝食用に外賈するときに、
かなりの確率で買い求めてくるのが、菠蘿飽です。

きっとお好きなかたも、多いでしょうね。
パン生地の上にクッキー生地をのせて焼いてあるパンです。
あ、
お好みによっては、
「菠蘿飽にバターを挟みこんだ菠蘿油のほうが好み」
というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

パイナップルが入っているわけでもないのに、
なぜか、パイナップルパンと呼ばれるコチラのお品。
日本で“メロンが入っていないのにメロンパン”と呼ばれるソレと似ているかもしれません。

半分こしようとしてナイフを入れようものなら、
ホロホロと容赦なく崩れていってしまう、香ばしくて美味しい表皮。
じゅうぶんに分厚くて、もっちりフカフカなバンズの中身。
甘いです。
この、サクサク感ともっちり感とのとりこです。(笑)



e0248743_6251042.jpg


e0248743_6252994.jpg




帰国しなければならない、とある日の朝、
飛行機が午後便だったことが幸いして、
太太が朝の散歩がてら、一人で出掛けて、
菠蘿飽をそれぞれの麵飽餅店で、4種類も買い求めて来てくれました。
上の写真(↑)、ホテルのテーブルに並べてみたのですが、
4店舗の4種類、こうして見ると、大きさや色もそれぞれ違いますでしょう?

歩いて回って、ホテル近辺の(といっても、片道10分以上もかかる遠い店も)、
4軒の麵飽餅店で、菠蘿飽ばかりを4つ。
(2枚目の写真には、1個だけ小豆入りの菠蘿飽が混じっていますが。)
聖羅蘭と、法國と、華爾登と、生命物との4種類のお店のもの。

彼女は、とても楽しみながら散歩をしつつ回ってくれたのですが、
僕がのんびり朝のシャワーを浴びている間のお買いもの。
「店ごとの食べ比べをしてみたら、おもしろかろう」・・・との心遣いが、嬉しかったです。



e0248743_6344099.jpg


e0248743_6345820.jpg




日本から持参しているタッパーに詰めて日本に持ち帰り、
あくる日の朝食で食べ比べをしてみました。・・・ええ、4つとも1度に。・・・それがなにか?
インスタント奶茶を淹れて、
オーブントースターで軽く温めて、いただきました。

同じ菠蘿飽でも、
お店によって、やっぱり明らかに異なりましたよ。
表皮のクッキー生地のパリパリ感や甘さや面積も異なるし、
バンズの中身のもっちり感の歯応えや、ほのかな甘さも異なります。

好きな食べものだったら、
こんなふうに、同一商品をお店ごとに食べ比べてみるのも、一興ですね。

今回は、すべて西環地区内のお店ばかりだったので、
次の機会には、他地域のものも加えて食べ比べてみたいと思っています。


009.gif

お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、とても嬉しいです。お願いします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-05 06:48 | 香港たべもの | Comments(20)

大好きなRTHKのライヴFMラジオ放送 ~日本に居ながら香港を楽しみませんか~

新年快樂。
2013年、今年も Made in HongKong を どうぞよろしくお願いします。
仲良くしていただけると、嬉しいです。

お正月は、テレビで特番がたくさん組まれていますね。
お決まりの番組も良いけれど、
ドキュメンタリーや旅行ものの番組って、おもしろさを特に感じます。
今朝も、NHKのBSで、朝一番から、「世界ネコ歩き」を観てしまいました。
明日の朝も、あるようですね。観たいな。
岩合さんの「いい子だね~」は、大好き。(笑)

でも、
「おせちもいいけど、カレーもね。」・・・のごとく、
「テレビもいいけど、ラジオもね。」・・・ということで、
ラジオについて。

僕は中学生の頃から、ラジオっ子でした。
テレビよりもラジオと一緒に過ごした時間の方の記憶が濃いような。

テレビって、ほら、家の居間なんかにデンと置いてあって、
自分だけじゃなくて、みんなで一緒に観ることが多いもの。

ラジオはといえば、
とてもとてもパーソナルな空間の中で、
ひとりでいつまででも楽しめるもの。
そんな印象がありました。



e0248743_942072.jpg




中学~高校への受験勉強の時も、
高校~大学へのそれの時も、
自分の机の上のラジカセからは、いつもラジオ放送が流れていた印象です。
「ながら勉強」ばっかりで、耳はしょっちゅうDJの声や、流れる音楽に行っちゃってて。(笑)

ラジカセは、いつからか鳴らなくなってしまって、手放してしまったけれど、
今でも、
家の自分の部屋に居る時は、ずうっと香港のラジオがつけてあります。

PCからの経由で、いつでも手にとるようにライヴ放送が聴けるラジオ。
今のこの時代だからこそ楽しめる、ネットラジオ。
PCの設定をクリックするだけで、
いともたやすく香港のFMラジオ放送が聴けてしまえる便利な世の中。



e0248743_94836.jpg




ラジオのライヴ放送って、
その場の空気感をそのまま伝えてくれます。
それはかつてのラジカセであっても今のPCであっても、変わらぬ魅力。
遠く離れた香港で、まさに今、放送されている番組を聴けるシアワセ。

いつも聴いているのは、RTHK。( Radio Television HongKong )

香港ポップスの気分ならば、チャンネルを第二台に合わせますし、
戯曲・広東オペラなどの古典の気分ならば、チャンネルは第五台に合わせます。
最近は、第五台を聴いていることの方が、多いかな。

 ●戯曲天地  ●月星爭輝
 ●戯曲之夜  ●有你同行
 ●好歌安哥  ●中國旋律
 ●長進課程  ●香江暖流
                  ・・・その他に、潮劇・京劇・越劇などなど。。。

香港ならではの「匂い」が、むわぁ~っと部屋を包んでくれます。
よろしければ、PCでクリックしてみてくださいね。

リンクは、こちら

リンク先のRTHKのページは、
かつて何年か前に、naokoさんが教えてくださったものです。
naokoさん、ほんとうにありがとう~。
今でも、これを書いている現在でも、ばりばり活躍中です。(笑)



e0248743_1021388.jpg




そうそう、香港の街を歩いていたり、茶餐廳に居たりする時に、
このRTHKや、30分ごとに流れるニュースのテーマミュージック、
タラララ~タラララ~タラララ~タ~タ・タンッ!!っていうのが聞こえてくると、
逆に、日本の自分の部屋で聴いている日常を思い浮かべます。
日本と本場との逆転ですね。それほど、聴いちゃっています。(笑)

空気感をそのまま伝えてくれるラジオ放送って、
遠く離れた土地を一瞬で繋いでくれるツールでもあるような気がします。
香港と日本。
「空」は、こうして、ラジオの電波ひとつとっても、繋がっているんですよね。


060.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-02 10:34 | 香港ふうけい | Comments(26)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

おはようございます。瞬間..
by きら at 08:04
♫ きらさん 飛んで来..
by hongkonggaffe at 18:04
ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27
♫ 6日23:36の鍵コ..
by hongkonggaffe at 10:34
♫ 6日9:22の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 19:59
♫ 6日7:13の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 15:14

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ