<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

愛すべき「角の丸いビル」たち

築何年くらいなのでしょう・・・。
香港ならではの唐樓。古いアパートたち。

美しくペイントされているわけでもなく
現代的で斬新なデザインビルでもない、
下町や、古い町並みが残っている地区ならば、
どこにでもある昔ながらの建物。
でも、
「どこにでもある」とは、だんだん言えなくなってきていて、
街の再開発や重建計画などによって、
近年は、どんどん取り壊されていってしまって、
その数も、減りつつあります。

こういう唐樓たちの中でも、
丸みを帯びていて、角地に建っている建物のことを
個人的に「角の丸いビル」と呼んでいます。



e0248743_764389.jpg


e0248743_765790.jpg


e0248743_771084.jpg


e0248743_772126.jpg


e0248743_773654.jpg




角地に建っているから「角の丸いビル」なのかもしれませんが、
ビルそのもののデザインが丸みを帯びたカーブを描いているから、
「角の丸いビル」とも言えます。

昔は日本の中でも、昭和以前に建てられた建物の中に、
石造りなどで趣きよく建てられた「角の丸いビル」がありましたよね。
日本のそうしたビルたちも、意識的な保存がされていない場合には、
次々と新しい近代的な建物に建て替えられてしまっています。

ここ香港の「角の丸いビル」も、例に漏れず少なくなってきました。
実際にアパートとして、今そこに住むとなったら、
そのデザインの良さよりも、
住む面での不便さや安全性などを心配してしまうものなのかもしれません。
でも、
香港では実際に空き家になっているものばかりではなく、
今もそこに住み暮らしておられる日常があります。
中をリノベーションして、住居としているケースも、いくつかあるのでしょうね。



e0248743_7142093.jpg


e0248743_714388.jpg


e0248743_7145261.jpg


e0248743_715423.jpg


e0248743_7151758.jpg




「角の丸いビル」には、窓ガラス面が多く、
そのガラス窓の窓枠のありかたも、素敵なデザインが見られます。
そして、
地階(日本でいう1階)には、
お約束のように、肉屋や八百屋などの商店が入っている場合が多いです。

やさしいカーブを描いて今も残されている「角の丸いビル」。
その内部は、YouTubeで見たことはありますが、
1度でいいから、中に実際に入ってみたいなあって思っています。

どんどん消えゆく建物だから、
その機会は得られないのですけれど。。。

暮らしの安定や快適さ、街の発展のためには、
建て替えや再開発は、必要になってきます。
そうした変化と、古いものとの保存や共存が両立するって、難しいことですよね。

039.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-30 07:23 | 香港ふうけい | Comments(20)

変わらないスターフェリー 変わりゆく中環側

尖沙咀と中環を結ぶ天星小輪(スターフェリー)。
夏は暑すぎる・・・という声もあるかもしれませんが、
いやいや、やっぱり、
潮風に吹かれながらのミニ航海は、
とても趣きがあり、好きです。

都会と自然との共存をとても身近に感じられる、
香港ならではの公共交通機関ですよね。



e0248743_715265.jpg


e0248743_72530.jpg


e0248743_722249.jpg




6~7分の船旅。
その間にいろんなことを想うのも、このスターフェリーならでは。
エンジンオイルの焦げた香りと、波を分ける音で、しばしリラックス。
無になれるひと時。

尖沙咀側から揺られてきて、中環側に着いて下船し、
街に向けて、長めの歩道を歩みます。



e0248743_76413.jpg


e0248743_761923.jpg




もう、何年こうして工事を続けているのでしょうね。
以前は湾だった部分に、陸地が醸成されて、
車道や歩道や公園のような部分も出来上がりつつありますが、
今でもまだまだ工事中。

かつては湾だったところに、さも当たり前に出現する道路。
これまた当然と言わんばかりに、未だに続行される大掛かりな工事。



e0248743_79767.jpg




年中どこかで工事を施しているような印象のある香港ですが、
ここでの埋め立て工事も、もう何年も。
でも、遅めながら、着々と進行しています。

毎年決まった位置からの定点観測を楽しみながら、
中環の街中へと歩く・・・
・・・ここの光景も、10年ほどのちには確実に変化しているのでしょうね。

現在がいずれは必ず過去になるという、当たり前なことの不思議。
だから、この情景も、
ここを通るたびに、今しっかりと目に焼き付けておきたいと思うのでした。

009.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-26 07:15 | 香港ふうけい | Comments(22)

露店床屋のおじちゃんに会いに

香港の中心部から、
路線バスでビュンッと数十分走ってたどり着く街の元朗。

この街の幹線道路から数本中に入った、
大きな樹が目印の路地の中で、
テントを張って商いをしている床屋さん。

楽器も奏でてくれるこの床屋さんでの
露店丸刈り体験は、本記事の下の方にコピーした通りです。
(今日は、リンク機能が働かなかったので)

元朗に行くたびに、様子をうかがいにお邪魔していますが、
今回も例に漏れず、
おじちゃんの姿を拝みに行ってきました。

お元気でした。

いつもと変わらず、シャツに半ズボン姿。
これまた変わらぬシートをかけて、板壁の鏡にお客の顔を映しつつ、
そよ吹く風と木々の葉の揺らぐ青空の下で、
挟みの音を心地よく響かせながら、お仕事に専念しておられました。



e0248743_711355.jpg


e0248743_711176.jpg


e0248743_7113111.jpg




店舗代や家賃の値上げなどの心配も、どうやら無さそうな、この露店床屋。
おじちゃんのこのお店に、屋号はあるのだろうか・・・?と、
初めて、そんなことを思いつつ、お別れしてきました。

一昨年だったかの、露店床屋での爽快体験は、こちらです。
( ただ今 2013年8月、リンク機能が故障中なので、以前の記事を貼り付けました。)

  ↓  ↓  ↓  ↓

  ↓  ↓  ↓  ↓


25H$で二胡の演奏付き ~露店床屋での爽快体験~

この時の訪港では、
前回の元朗散策で出会えた「露天床屋」を訪れることが、
ある意味、旅行最大の目的の一つでした。
下見をしておいた前回の記事はコチラです。

そんなわけで、訪港翌日に、さっそく路線バスで、香港島から元朗へ。
天候にも恵まれ、ひと安心。
なにしろ、タープを張った屋根とトタンのひさしがあるだけの露店床屋さんですから、
雨風がひどかったりすると、休業しちゃわないかなと気になってて。(笑)

おぼろげな記憶を頼りに、前回と同じコースを辿りつつ路地を歩み進めたら、
やっぱり今日も、路地裏から楽器の音色が。
「あ、こっちだ。営業中だ~!」
お馴染みのクルクル回転する床屋マークではなく、
音色の有無で営業中かどうかが分かる、今の時代の中では珍しい床屋さんなんです。(笑)

大きな樹木が立っている路地裏に向かって、ニコニコしつつ歩みます。



b0201935_611515.jpg


b0201935_61448.jpg




見覚えのある、短パン姿でショートカットのおじちゃん。
店主は今日は、二胡ではなく、蛇皮邊租(蛇皮を張った4弦中国ギター)を弾き奏でておられました。
壁には、ヴァイオリンも。
弦楽器が堪能なかたなのですね。

撮影してもらえるように太太にカメラを手渡して“店”の中に歩み寄ると、
奏でる手を止めたおじちゃんは、一瞬だけ、僕の様子をうかがうかのような表情。

「演奏中にごめんなさい。髪を切って欲しいんです。」と、キャップを脱いで、
頭を差し出して、頭全体を人差し指でクルクル指し示すと、
おじちゃん、なにか言っておられます。。。
『…◎▼◇*〇%△■~』

ここで、すかさずメモを取り出し手渡して、読んでもらいます。
「我想剪到大約只剩下2~3毫米的長度,請用電推剪來剪,謝謝。」
…お友達の一美さんに教わった文章を書き写して来たメモ。
そんなに長い文章ではないと思いますが、
ずいぶん時間をかけてメモに見入っていたおじちゃん。
『あいよ~。わかったよ~。まかせとき~。▼◇〇*■◎▲。』
客用の理容イスの埃を軽く払い、腰かけるように促してくれました。

さきほどまで流暢に奏でられていた蛇皮邊租の音色にとって代わって、
すぐさま鳴り始めるバリカンの音。
“バリカンで2~3ミリに刈り上げてね。”のオーダーは、きちんと通じているようです。
ガシッと頭を遠慮なく掴まれて、ウィーンウィーン。
この日のために伸ばし気味にしておいた毛髪が、どんどん地面に散っていきます。

おじちゃんの手慣れた手際の良いバリカン運びの前には、きっと香港人も日本人も無いのでしょう。
早い早い。あっというまに、路地を吹き抜ける心地よい風が、頭皮を直接撫でていく状態に達しました。
ズイズイ分け入って来る遠慮の無いバリカンにて、坊主頭一丁出来上がり。
丸裸にされた羊の気分なり。



b0201935_6211151.jpg


b0201935_6213377.jpg


b0201935_6215813.jpg


b0201935_62382.jpg




あ、なになに?
こんどは、なにしてくれるん?
…刃を研ぐ音。
…もしかして、髭そりとかしてくれるん?
日本の床屋のように、刃物などを熱湯消毒してる気配なんて皆無だけど…アイヤ~。
…まあ、いいやね。お任せお任せ。

もみあげ、頬を ゾリゾリ~ッ。
香港訪問に向けて伸ばして来ておいた口髭もあご髭も、容赦なくゾリゾリ~ッ。…アイヤアイヤ…。
はいはい。お任せったらお任せ。

“店”のすぐ脇の木々からずっと漏れ聞こえている小鳥たちのさえずりが、
バリカンの時よりも、よりいっそう鮮明に聴こえて。
木々から伝わって来る緑の香りや、近くの茶餐廳や士多からもれ漂って来る良い香りも。
そんな中で、
太太がカメラであちこちから写真を撮り続けていて、ちょっとしたモデル気分の自分とおじちゃん。
うっすら汚れた壁の鏡に目を移すと、おじちゃんは真剣だけど、僕は終始ニコニコ。
気づくと、なんだか、まわりには、地元のじいちゃんたちのギャラリーがいつのまにか見物中。
…こんなトコロでこんなコトしてるヤップンヤンが珍しいのか、
もしかして、おじちゃんが仕事をしていること自体が珍しいからなのか…。(笑)

え?もっと下を向けって?
はいはい、仰せのままに。うなじや首まわりも、念入りにゾリゾリ~。
こんどは上を向くの?
…もしかして?…と思ったら、案の定、眉毛も?やっぱり?
ここ何年も剃らずに伸ばしてきてた眉毛の下部分も、何の躊躇もなくゾリゾリゾリ~ッ。
アイヤアイヤアイヤ~。…おじちゃんありがと。。。

刃物、置いたよ。
終わり?
ん?ハサミ持ったよ。
なんなん?
ああ、鼻毛のカットね。ちゃんと手入れしてあるから、おじちゃんの手がめずらしくカラ振りしてる。

もう終わりでしょうと思いきや、
最後は耳掃除で、優しくケア。
バリカンと頭を掴むチカラの大胆さからは想像しかねる繊細な耳掃除。
軽く肩揉みをしてくれて、どうやら終了。
『ほほ~い、終わったよ~。◎▲◇@*▽■%~。』
気分良くイスに座ったままの僕の横で、
地面に散った髪の毛をレレレのおじさんのように長ぼうきで掃除し始めるおじちゃん。
きれい好きでいらっしゃるのでしょうか。

ああ~いい時間だった。ありがとう。訪港目的の半分以上はこれで達成。(笑)

お代をお渡しして、
「そうそう…」とひとつお願いを。

「二胡、弾いていただけませんか?ぜひ、聴かせていただきたいのですけれど。」
『おうおう、弾けるよ。聴いてくれるんかい?いいよいいよ。そこで聴いてて。▼◇*%◎▲◇。』
この時が、この日はじめて見る、おじちゃんの満面の笑顔。

背中をピシッと伸ばして、二胡を奏でてくださる。
わずかな身体の揺れと、ダイナミックなボウイング。
思い切りのいい緩急の付いた音色が、風にのって路地に響き渡る。

太太からカメラを受け取り、おじちゃんや二胡にレンズを向ける。
どの方向から撮っても、
レンズを向けるとおじちゃんはキッチリとカメラ目線。
ときどき瞳を閉じながら、吹き抜ける風の中で、気持ち良さ気に数曲ほど弾いてくださった。

ありがとうございます。素敵な音色をじかに聴かせていただけて嬉しいです。また来させてもらいます。
…二胡のお礼を10H$お渡しすると、
ニコニコしつつ手を合わせて受け取られたのでした。
「次回も切ってもらいに来ます。ありがとう。」
『◎▲◇*@&%●◆▽~!!』
爽やかな風と小鳥のさえずりの中で、握手をしてお別れをしてきました。

香港の街・町・村の中には、
ビルの階下に店を構える一般的な床屋は、じつにたくさんあります。
荃灣の一角には、それこそ「床屋ストリート」とでも呼べそうな密集地帯も。
お店の新旧の在りようも、店構えの造り込み方も、お値段も、それぞれでしたが、
こうして露店床屋ならではの音・香り・感触に身を任せることができたのは、贅沢なひとときでした。

できることならば、この髪の毛、
伸びないでいてくれるといいんだけどなあ。。。(笑)



b0201935_70525.jpg


b0201935_702837.jpg


おじちゃんが、これからも、
この気持ちの良い場所で、理髪と演奏の腕を
日々披露してくださっていることを願わずにはおられません。
また、行こう。

029.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-23 07:19 | 香港ご商売 | Comments(30)

いつでも活躍してくれる プラスティックのカトラリーたち

飛行機内への持ち込みの手荷物が、
世界的に厳しい規制になって以降、
機内食で使うカトラリーも変わりましたね。

いや、
経費節減のため材質を下げたということもあるのでしょうけれど、
昔は、機内食のカトラリー類たちは、金属製だったような記憶があります。

今は、エコノミー席では、プラスティック製のフォークやナイフやスプーン。
ビジネスクラス以上がどうなのかは、よく知りません。(笑)

このプラスティックのカトラリー類、
ウチは二人して持ち帰ってきます。



e0248743_71102.jpg


e0248743_7111330.jpg


e0248743_7112675.jpg


e0248743_7113939.jpg


e0248743_7115457.jpg




使い捨てなのだろうから、たった1回使われただけで処分されてしまうのは、
なんだか可哀想なような、勿体ないような気がしてならなくて。
で、
持ち帰って、訪港中のホテルの部屋で外賣してきた朝食や夕食、
または、
香港街歩きの途中に、街の公園などに入って何かをつまむとき、
機内食時に出されたカトラリー類を使っています。

プラスティック製で半透明のフォーク・ナイフ・スプーンたち。
航空会社のロゴも控えめに入っていて、
そのデザインも、見かけによらず丈夫なところも、気に入っているんですよね。



e0248743_7165128.jpg


e0248743_717669.jpg




太太は、お手製のカトラリー入れを作って持っていて、
ホテルの部屋はもちろん、
外出時にも、くるくると丸めた状態で、バッグの中に忍ばせています。
軽量のものですから、持ち運びも苦にはならないようです。
でも、いつも持参してくれていることに感謝です。

この日の朝食は、
麵飽餅店(パン屋)で買い求めて来たあれこれ。
ホテルの部屋のテーブルに広げて、二人で半分ずつです。

プラスティックのナイフで半分に割り、
プラスティックのスプーンでコーヒーをかき混ぜて、
プラスティックのフォークでいただきま~す。



e0248743_721174.jpg


e0248743_7213112.jpg




食べ終えたら、
これまた少量持参の食器用洗剤で洗い、
部屋の片隅で乾かしつつ、そのまま外出。
カトラリー入れの束の中には、こうして今までに何度となく使ってきたものたちが、
予備として入れてありますから、
それを持参して、また外出。
あ、お箸もそうすることがありますね。

こうして我が家には、
使いまわしのカトラリーたちが、ザクザクたまっていってしまうのでした。(笑)

追記
読み返していて今はじめて自分ながら気づいたのですが、
太太お手製のこのカトラリー入れ、
上の写真と下の写真とでは、絵柄のデザインが違います。
えっ!?2種類あったの?・・・使っていながら気づいていませんでした。
太太ごめん。ありがとう~。

037.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-20 07:26 | 香港ざっか | Comments(20)

長めの散歩の後は 乳猪飯でエネルギー補給

その日の午前中も、よく歩きました。

上環のホテルを出て、
歩いて西營盤から石塘咀に至ります。

ウチは、トラム沿いの道より1本山側の道が好みなので、
いつも歩くところとは言え、十分にキョロキョロしながらの散歩。

上環~西營盤~石塘咀と歩いてくると、
そのまま歩いて堅尼地城まで行きたくなって。

やっぱり裏通りや商店の並ぶ道をブラブラ歩くのは、
おもしろいですね。

けっきょく、上環から堅尼地城までの散歩でした。
トラム站(駅)で言えば、およそ12站ぶんほど。
そこまでの途中の街は、
この先MTR(地下鉄)が伸びてくる予定もあるため、
新しいホテルなどが何軒もオープンしたり工事中だったり。
西區はあまり変化は無いのかも・・・と思っていたのは10年ほど前の話で、
やっぱり上環以西も、少しずつ変化していく街なのでしょうね。

堅尼地城では、お約束として、
祥香茶餐廳や超級市場(スーパーマーケット)や街市(市場)を覗き、
あてもなくトラムに乗って、東方面に戻ることに。
2階先頭部分の座席があいていたのにもかかわらず、
この日は、あえて右側の2人掛けの椅子に。



e0248743_7252379.jpg


e0248743_7264922.jpg


e0248743_727675.jpg




堅尼地城は始発駅ですから、確実に座って行けます。
トラムに揺られつつ、歩いた疲れをとりつつ、
お昼はどうしようかということに。
ゆったりゴトゴト揺られながら、トラムの中で行き先を決めるのも、いいものです。

朝がパン食だったので、お米が食べたい・・・
ということで、灣仔の強記飯店へ。
ちょうど12:00少し前なので、この時間なら確実に乳猪飯があるだろう・・・と。

この日の気分は、
叉焼飯ではなく、
燒肉飯でもなく、
焼鵞飯でもない、
乳猪飯。



e0248743_7305068.jpg


e0248743_731218.jpg


この写真の、箸で持ち上げている部分のパリンパリンの皮、伝わります~?(笑)
e0248743_7311338.jpg


e0248743_731264.jpg




香港の昼食タイムは、一般的には13:00から。
混み合う時間が始まる前に・・・ということで、入りました。

仔豚を使った贅沢な一品、乳猪飯。
表皮の皮部分は香ばしくてパリッとしていて、中のお肉は柔らかくジューシーです。
甘めの味噌醤につけていただきます。
飲み物付きで54H$≒700円ほど。
乳猪って少々お高いのですが、
人気は高いので、午後をまわるとなくなっちゃうことも多いんですよね。

念願の乳猪飯を美味しくいただいた後は、
午前中のロング散歩の分のエネルギーを補ったので、
灣仔から銅鑼灣~天后方面へと、
さらにまた歩く二人でした。

011.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-17 07:38 | 香港たべもの | Comments(22)

乱雑さに耐えて活躍するカップたち ~自宅で香港 5 ~

(今までの「自宅で香港」の各シリーズは、ブログ右欄のカテゴリの中に入っています。)



香港ならではの、
メニューに何でもアリな茶餐廳。

そんな茶餐廳で、
店員さんたちがガチャガチャと、けっこう乱雑(笑)に扱うのが、
おいしい料理や飲み物を入れてくれる「器」たち。

ゆえに、カップ&ソーサー、はては皿やどんぶりまで、
ふちが大胆に欠けたものを供されるのは、日常茶飯事ですよね。

あの欠けた器で、旨いものたちが登場してくることこそ、
「ああ~!ここは大好きな香港!!」って実感できる所以かもしれません。

使い終えると、
ガシャガシャ~っと、ポリバケツなんかに乱雑に放り込まれる器たち。
少々欠けると言っても、
そこはそれ、やっぱり丈夫なものを基本として器にしているのでしょう。
どの器もが、欠けながらも、その任務をまっとうしています。(笑)

少々乱雑な取り扱いかたでは割れはしない・・・という点から、
メラミン食器も大活躍していますが、
やっぱり昔からお馴染みなのは、
厚みがあって重さもけっこうある、ボーンチャイナの器たち。
茶餐廳ならではのこのカップ&ソーサーも、そのひとつです。



e0248743_603841.jpg


e0248743_605022.jpg


e0248743_61290.jpg




近年は、
旅行客にも人気があるブラック&ホワイト(黑白淡奶)のカップや、
あのチェーン店の翠華が使っているカップなどを多く見かけますが、
ひところ前までの茶餐廳では、
この、白地に朱色の2本線が入ったカップ&ソーサーが、一般的でした。
今はもう、家品舗(雑貨店)を捜し歩いても、
なかなか出会えないモデルになりつつあります。

ウチにいまある香港カップは、
ブログを通じて仲良くさせて頂いているpeuさんから譲って頂けた、
貴重な「リプトンの黄色マグ」と、
家品舗で購入してきた、この白に朱色2本のカップ&ソーサー2脚。
ぽってりと厚みのあるふちに口を付けて自家製の奶茶(笑)などを楽しめば、
なんとなく香港の茶餐廳気分です。



e0248743_681388.jpg


e0248743_683057.jpg




同じく、最近めっきり見かけなくなった、赤色の模様入りの皿などに、
三文治(サンドイッチ)や西多士(フレンチトースト)をのっけて共に味わえば、
やや苦しいながらも、自宅で茶餐廳ごっこ。
廣東燒味餐廳や翠華餐廳を利用した時にこっそり貰って来た紙ナフキンを横に添えれば、
自宅で香港気分。(笑)

そうそう、
白のボーンチャイナのコーヒーカップは2種類あって、
裏面に「中国製造」と朱印されているものの方が、気分です。
もしも家品舗で見かけることがあれば、
それは一時代を担って役目を終えつつあるカップだということを感じてくださいね。

063.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-14 06:17 | 自宅で香港 | Comments(22)

ささやかに手を加えて「よりよく」すればいい

滞在したホテルは、とても快適でした。
スタッフの皆さんの笑顔での親切な対応も、
ホテル自体の清潔さや、利便性・立地の在り方も、
ウチが望むすべてのものを網羅してくれていました。

そんななか、
唯一残念だった点が二つ。
・・・唯一じゃなくて、唯二ですね。(笑)

でも、そんな点も、
残念だったなんて書いたり思ったりしなくてもいい程のことで、
自分たちしだいで、どうにでもなること。
ホテルとして改善して欲しいこと・・・なんて仰々しく感じなくても、
旅の工夫や知恵で、なんとでもできること。

そんなわけで、
11日間の滞在中、けっきょく不便さを味わうことなく済みました。

唯一ではなく、唯二が何だったのか、ここでは少し書いておきます。

ひとつは、部屋にコンセントが2ヵ所しかなかったこと。
これは、日本に居るときに、事前にこのホテルを使用した方のとあるレビューを見ていて、
前もって分かっていたことでもありました。

部屋のコンセントは、
たぶんハウスキーパーさんが掃除機を使う際に利用するであろう部屋の隅の、
ベッドの足元にひとつ。
そして、備え付けのライティングデスクの脇にひとつ。
合計二つです。

デジモノをほとんど持って行かないウチですが、
持参する簡易湯沸かしスティックと、デジカメの充電とで、
コンセントの穴は、ふさがってしまいました。



e0248743_795758.jpg


e0248743_7101098.jpg




だから、チェックインしてすぐに、
街の家品舗(雑貨屋)で、コンセントの二又を手に入れてきました。
二又・三又・・・などなど、種類は多様ですが、
二又の25H$のものをひとつ。
このタップひとつで、不自由さはなくなりました。

もうひとつは、部屋にデスクはあれど、テーブルが無いこと。
ウチは外で外賣(テイクアウト)をして食べ物・飲み物を部屋に持ち込むので、
二人で使えるテーブルは、必要です。

よって、無いならこしらえようということで、
割れ物保護のために鞄の中に折りたたんで持参している小さめの段ボール箱。
これを2つ重ね合わせて高さを確保し、
旅にいつも欠かせない赤いバンダナを敷いて、即席テーブルを。

「ビンボーくさ~い!」と見られても否めませんが、
何でもあるものは活用すればいいだけの話です。(笑)
この上にホテル備品のトレーを置いて、夜は日々外賣三昧でした。



e0248743_7175398.jpg


e0248743_718790.jpg


e0248743_7181986.jpg


e0248743_7183392.jpg




どんなホテルでも、
気に入った点があれば、「こうなってるとよりいいな。」という点も、見つかるものです。
だから、
「よりいいな。」の部分にささやかに手を加えて「よりよく」すればいい。
そんなふうに思います。

与えられた条件の中に、自分たちならではの“ひと手間”が加われば、
たいていの場合、そこが仮の家にできて、
滞在するのに不自由な思いは味わわずにいられるのかもしれません。
・・・そんなことをいつもしているものだから、
ウチは「あのホテルは、ダメだった。」みたいな気持ちを残さない、
オメデタイ二人なのかなあ。(笑)

019.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-11 07:27 | 香港ふうけい | Comments(19)

1日の〆として 貴重な一食として やっぱり少々勿体なかったかなあ(笑)

「・・・なにも香港にまで来て、マックでもあるまい・・・」
という声も、自分自身の頭の中で聞こえてくるのですが、
ときどきムクムクと興味がわいて来て、魔がさしちゃうんです。。。
で、
食べてみました。
香港麥當勞(マクドナルド)で売り出し中のBOX飯セット。

そうですね~、
昔からアジアの国を旅していて、
それぞれの国のマクドナルドで、独自に商品化されているものに、
多少なりとも、興味があるのです。
ケンタッキーも同じですが。

他国のマックでだからこそ独自展開にされている商品。
そんなものたちをオモシロ半分で味わってみたり眺めてみたりするためには、
自国の今のマック商品展開を知っておかねばなるまい・・・
ということで、
今回の訪港前に、日本の地元のマックで、
現在の商品展開もちゃんと把握しての参戦でした。(笑)

参戦って。(笑)
うん、やっぱりハズれると痛いから、少しだけ覚悟はいるのです。

この日もさんざん外を遊び歩いて来て、
「さて、今夜の夕食は何にしようかねえ・・・。」と、
目的も無く、太太と二人で散歩しながらの夕刻。

ホテル近所にあったマックのガラス窓に、
お米を使った新商品のポスターを見つけました。



e0248743_654169.jpg


e0248743_66070.jpg




無言のうちに2人の中に同時に湧き上がる気持ちは、
「この“マズおいしそう”なもの、さて、試してみるかい?」
という興味。
カルビビーフとテリヤキチキンのそれぞれのBOX飯が、
飲み物付きで、各28H$というものです。

トルティーヤ風の巻き巻きご飯もありましたが、今回はBOX飯の方で。

28H$と言えば、
美味しい燒臘店の雙拼飯なんかで、
叉燒と乳猪の雙拼飯や、燒肉と叉焼の雙拼飯などが1杯食べられるお値段。

一瞬まよいましたが、興味が勝って、試すことにしてしまいました。



e0248743_6115495.jpg


e0248743_612991.jpg


e0248743_6122220.jpg


e0248743_6123745.jpg




試すことに「してしまいました」の記述の通り、
それなりの(それだけの)お味でした。(笑)

申し訳程度のブロッコリーと、さみしそうなコーンを混ぜた白飯の上に、
薄めのお肉が控えめにのっかっていて、紙のBOXに入ってきます。

これを1日の〆の夕食に選んだのは、少々かなしいものがありますが、
「異国マックならではのキャンペーンを試す」という試みは、
かろうじて満たされました。・・・これでミッション無事完了。
たしか、
午後遅めの時間帯からのみの販売なので、夕食にしか試せないのです。



e0248743_6185283.jpg


e0248743_619679.jpg




やっぱり、
こういうモノで、
香港滞在中の貴重な一食を賄ってしまうことは、
少々もったいないですね。
食べてみて現実を認識してそうは思うのですけれど、
ささやかな冒険もやめられない。。。

この一食の「半分OK。半分残念。」な気持ちを払しょくすべく、
マックから出た後は、
香港の夜らしい風景を味わいに、夜の街を徘徊する二人でした。。。

015.gif
いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-08 06:23 | 香港たべもの | Comments(20)

今回の備忘録 ~ポストカード重複あり~

自分が自分あてに投函したポストカード。
ポストカードに記載してある内容と重なるけれど、
カードには記しきれていない内容も多少あるので、
備忘録として出しておきましょう。

2013年7月11日(木)~21日(日)での訪港。
●Air:チャイナエアライン台北経由 税燃油代など込みで、ひとり往復¥51970。
 このあたりの代金で、求めやすい設定ということと、
 台北~香港間で供される軽食内容に興味があり、選択。往:午前便~復:午後便。
●Hotel:上環のホテルLBP(過去記事の通り)。ふたりで1泊¥9536。
 エクスペディアから予約。次回リピートするならば、直接予約も良し。
 水は毎日2本供給であったため、7月なのに滞在途中で買う必要なし。
●H$:1H$≒13円計算。いつものように香港CITI BANK普通預金口座から引き出し。
 前回分の残額のあったオクトパスカードに、途中200H$ずつチャージした。
 かなり余ったので、もしかすると100H$1回分で足りたのかもしれない。
●記録:Nikon P310。充電は1バッテリーで1日充分にもつ。とても使いやすい。



e0248743_7371281.jpg


e0248743_7372753.jpg




 日    行程   (    )は夕食
11日  ホテルに14:30過ぎ着~西營盤 (3種類選択弁当:外賣)
12日  銅鑼灣~灣仔~尖沙咀~中環~西營盤 (叉燒焼鵞飯:外賣)
13日  觀塘~將軍澳~藍田~中環 (香港一般家庭での家庭料理)
14日  元朗~上環~堅尼地城~中環  (麥當勞のBOX飯)
15日  深水埗~大埔~北角  (叉燒:外賣と太子の巻蛋にマカロン)
16日  中環~又一村~尖沙咀~中環~西營盤  (乳猪叉燒飯)
17日  金鐘~荃灣~灣仔~銅鑼灣  (五香牛肉飯:外賣)
18日  赤柱~筲箕灣~灣仔~上環~中環  (雲呑麵)
19日  中環~尖沙咀~石硤尾~九龍城~尖沙咀~中環  (タイ料理)
20日  石塘咀~北角~天后~5時間ほどひとり行動~銅鑼灣  (叉燒焼鴨飯:外賣)
21日  上環~10:00チェックアウト~台北経由  (機内食)

いずれの日も、起点と終点は上環。

MTR利用は、13日の觀塘までの1回のみ。他は路線バスかトラムか徒歩。
今回もいつもと変わらずだが、
雨でなかったら、上環~堅尼地城まで片道歩いて散歩をしてしまう調子なので、
オクトパスカードも、あまり減らない傾向かも。(笑)

途中に洗濯は、Tシャツ・ソックス・下着類を2~3回。(うろ覚え)
太太の負担を減らすべく、次回はもう少し衣類を減らして、洗濯回数を増やすかどうか。



e0248743_7544646.jpg


e0248743_755021.jpg




いただいた夕食の中で、最もおいしく、なおかつ印象深く残ったのは、
やっぱり言うまでも無く、香港一般家庭での家庭料理。
香港人のご主人とそのご両親および日本人の奥様とでの6人。
ほんとうに夢のようなひと時。
お母様の手料理の数々で、感謝と感激の、心づくしのあたたかな夕食。
その6人での朝飲茶も、ローカルな雰囲気満点のお店で、素敵な時間となった。

九龍城での4人でのタイ料理の夜も、忘れられない夕食だった。
牡蠣のオムレツも、南瓜と蟹と卵のカレーも、・・・その他たくさん!美味しかった~。
旅に潤いとスパイスを与えてくれる“気のおけない友人”が居てくれることは、
本当に嬉しい。・・・またの再会が楽しみ。

晴天あり曇りあり雨ありの11日間。
体調もすこぶる良かった。・・・出会えた皆さんにありがとうございます!!と言いたい。

前回の14日滞在では、少し長く感じ、疲れも自覚したので、
今回くらいが、これからはちょうどいいかもしれない。

023.gif055.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこでカエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-04 08:05 | 香港ふうけい | Comments(32)

なぜかいつもいつも太太が拾ってしまう硬貨

ウチの太太いわく、
「香港では、けっこう足元を見て歩いている。」
・・・そうです。

僕などは、上の方も横方向も下も、文字通り上下左右なのですが、
太太は、主に足元を見ることが多いとのこと。
理由は、ゴキちゃんの死骸や、今でもほんのたまにあるSpitのあとを踏みたくないから・・・と。

こんな太太、
香港滞在中に、ほんと~~~うに頻繁に、コインを拾います。



e0248743_8182240.jpg




日本ではそういうことは、1度もないのですが、
訪港中は、本当によく拾う。
訪港し始めた何年も前から、ずっと、そう。
こんなことを書くと彼女に叱られそうですが、太太の特技のひとつかもしれません。

あまりに拾うので、
もう、「あっ!!」なんて言いません。
ふと見ると、いつのまにか、なんでもないように拾って持っています。
もちろん、キレイとは言えないので、ティッシュの中に。
ホテルに戻ってから、硬貨は薬用石鹸できれいに洗ったりします。



e0248743_8214546.jpg




この年の訪港でも、よく拾いました。
写真の記録によると、合計7回も拾っています。(笑)
10セント硬貨、20セント硬貨、はては1H$硬貨や、大陸の硬貨まで・・・。
どうして、こうした小さいものたちが、歩いて目に入るのか、僕には一向に分かりません。

ウチは、コインは頻繁に使うので、たくさん持ち歩いているのですが、
彼女は、拾ったコインたちを財布とは別な場所に、ためています。

拾ったものだから、自分のものではない。

したがって、手放して、ささやかに役に立てるそうで、
いつも帰りの空港の募金箱の中へ、チャリンチャリンと、すべて投入して帰ります。

Small change to make a big defference.



e0248743_8265812.jpg


e0248743_8271134.jpg


e0248743_8272390.jpg




財布の中の使用用コインと、何度も拾って集まってしまったコイン。
同じコインでも、行き先が異なる。
今年の訪港でも、太太は、たくさん拾って、ほんのわずかですが寄付してきました。(笑)

065.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。香港旅行ランキングに参加しています。
そこで、カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-08-01 08:32 | 香港くうこう | Comments(20)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

♫ きらさん お疲れ様..
by hongkonggaffe at 20:53
今日は朝から電車に振り回..
by きら at 23:27
♫ きらさん 檸檬咖啡..
by hongkonggaffe at 18:12
おはようございます。瞬間..
by きら at 08:04
♫ きらさん 飛んで来..
by hongkonggaffe at 18:04
ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ