<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コメント欄は “ それぞれの自分の香港 ” を持ち寄れる場  ~ 里帰りしてきます ~

旅行中に記事をUPしたり、香港滞在中にウチのブログにいらして下さる皆さんの
ライブ中継のような記事や、滞在中の大切な時間に来てくれて書いて下さるコメント、
いつも とても楽しく嬉しく拝見しています。

誰かの訪港って、うらやましさ以上に「良い今日に、良い明日になりますように。」って、
なんだか自分のことのように嬉しいものなんだよねぇ。
滞在中に記事UPやコメ記入かぁ・・・これ、やってみたいんだけどなぁ、ダメだ(笑)。



e0248743_11563780.jpg




PC持って行かないし、スマホさえ持っていないウチ、
新記事UPはまったく無理だけど、ずっと以前に香港から返コメしたことが1度だけあって。
ただ、日本語入力が候補に設定されてないPCで、いろいろ試しても切り替えられず、
滞在中に貰えたコメに、とんでもなく読み辛い返コメしか出来ませんでした。

【 ARIGATOU GOZAIMASU KYOUHA ZUTTO AMEGAFUTTEITE・・・・・・】
【 KOMENNTODE OSHIETEMORATTA MISEHE IKIMASHITA・・・・・・】
【 ASHITA NIHONNHE MODORIMASU・・・・・・】

こんな調子で返事コメントを打つしかなくて。
電報か? いや 暗号か?
ほんと、ひどかった・・・フツーの人には笑い話にもならない状態、だけど事実(笑)。

けっして「返コメしなきゃ」と思ってるわけじゃなくて、打ちたくて打ってるんだけど、
読む側にとっては、絶対に迷惑な文章(もはや文章でもない)。
「しかたないなぁ~」と読もうとトライしてくれた方々は、
冒頭部分で読むことを放棄したか、途中で面倒になって放置したに違いない。。。

日本語入力設定をあきらめたり、ログインする危険を避けたりということで、
訪港中の記事UPや返コメからは、すっかり遠ざかっています。



e0248743_1253873.jpg




だけど、
留守中のこのブログに頂いたコメントは、
今でも滞在中に毎日チェックしてるんですよ(弁解にも自慢にもならないけど:笑)。

公共のPCからブラウザを選んで、英文字だから助かるこのブログ名を入力して。
【 MADE IN HONGKONG 】 とさえ打てば、
幸いトップに表示してくれることが多いので、閲覧可能(・・・情けない・・・)。
留守中に頂けたコメントを 毎日嬉しく拝見しています。



e0248743_130280.jpg




留守の間のブログに来てもらえたり コメントを入れてもらえたりすることは、
やっぱり嬉しいもんです。
これは日本に居る時の日常と同じで、励みになるし、単純に嬉しいし。

だけど、一番思うのは、
コメント欄は 【 “ それぞれの自分の香港 ” を持ち寄れる場】 だということ。
・・・これ、自分のブログでは そう思い続けてきてることだから、
   今迄にも何度も書き過ぎてるかもしれない。(笑)

自分なりの香港・・・・・・きっと誰にもあるでしょう?
TVや雑誌やブログで見たこと聞いたこと とか 自分が体験したこと とか。
   ★1度も行ったことはないけど、なんとなくこんなイメージ、、、も、
   ★行ったことがあって、こんなことした こんなもの食べた、、、も、
   ★何度か行ってるけど、これが良かった こんなこともアリ、、、も、
どれも自分なりの香港であって、経験回数や情報量に関係なく持ち寄れる。

香港に初めて興味を持った人も、訪れる予定の人も、リピーターさんも、
きっと持ってるにちがいない 自分なりの香港。
だから 【 “ それぞれの自分の香港 ” を持ち寄れる場】 のコメント欄は面白いんだろうな。
「好みの旅のカタチとはちょっと違うな」とか「少し似てるかも?」等々、楽しめますからね。

ずっとそんな想いでいるから、気軽に来てもらったり、こちらからも気軽にお邪魔したり。
そう、気軽に持ち寄れるのがいちばん。 (僕は長コメで迷惑かけてるけど。。。)
ブログ開設当初からコメ欄を閉じないのも、そういうのがあるからかも。
全然、小難しく考えてないし(笑)。



e0248743_13133960.jpg




だから、ふだんでも訪港中でも楽しみなコメ欄。
【 ARIGATOU GOZAIMASU ・・・・・・】とは申し訳なくて返せないので、
香港で嬉しく拝見して、帰国後に楽しく返コメ。

今回も、ホテルのPCか、MTR構内のPCか、パシフィックコーヒー(太平洋咖啡)のPCで、
ログインせずに ちょこちょこチェックしに来る予定です。
ガラパゴス島に住む人間なりの方法で(笑)。



e0248743_1322126.jpg




ということで、しばらく里帰りしてきます。

記事UPは 休息 ~ CLOSED ~ 。
ブログ開設4周年の10月2日は、まだ滞在中。
次の更新は、10月6日以降になると思います。

いつものように【Ah】 ( ) を頭の中で流しつつ、
いつものように【朝活】を繰り返しながら 245番ビールくん ( ) に挨拶して科記へ。



e0248743_13275050.jpg




中秋節の街とその前後の人々の様子 & ファイヤードラゴンダンス(火龍) を見届けに。
少しでも “ 暮らすような滞在 ” に 近づけるように。

行ってきます。

よろしかったらカエルくんのクリックをして頂けると嬉しいです。029.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-09-21 14:49 | ごあいさつ | Comments(56)

連絡通路や空中回廊を楽しみながら 自分だけのビューポイントを!!

コメント欄に来て下さるtaroトラベルさんが、記事で空中回廊の事を書いておられました。
「空中回廊を歩きながら回廊沿いの香港の景気を眺めるのが好き。」
そうおっしゃるtaroトラベルさん、
尖東の Hotel ICON から香港理工大学へ繋がる回廊の魅力を紹介してらっしゃって。
僕も回廊を歩くことが好きなので、興味深く&嬉しく 拝見しました。

建物から建物へ、建物から地上へ、歩いて移動する連絡通路や空中回廊。
“ 香港ウォッチング ” は いろんな場所での楽しみ方があるけれど、
連絡通路や空中回廊から外を眺めるのも、おもしろい楽しみ方じゃないかなぁ。



e0248743_6131296.jpg


e0248743_6133829.jpg




香港は狭い土地の中に建物と横断歩道のない大きな道路が詰め込まれているから、
横断したくても渡れない場所がけっこうあります。
道の向こう側へ移動したい・・・だけど横断歩道が無く交通量も多いから渡れない。
そういった場所では、
歩行者専用地下道(行人隧道)か連絡通路や空中回廊を使うしかありません。

よく利用され知られていた地下道だと、昔の中環フェリー碼頭から潜る道がありましたね。
ご存知の通り、今は埠頭からIFCや遮打大厦まで繋がる長い連絡通路になっています。
出来た頃はすっごく不評でした(今も?)けど、慣れちゃったんじゃないかな(笑)?

今も残っている地下道は 香港島にも九龍方面にもけっこうあるけれど、
連絡通路や空中回廊に比べると、あまり見かけない印象です。
建物が立て込んでる香港だから、
「いっそのこと建物同士を繋いだ方がいいよね」という結果が、連絡通路や回廊なのかも。



e0248743_6323018.jpg


e0248743_6325485.jpg




連絡通路や空中回廊を歩いてると、上から見下ろす楽しみが増えます。
地上にいると見えない、だけど高層ビルの上から見下ろすような遠さでもない、
高過ぎない場所から見下ろせる楽しみがあるような気がして。

こういう場所に立って、好んでトラムを見下ろすことも何度かします。
車体の屋根にトラムの車両番号が白く大きく記してあるのはご存知ですか?
架線とトロリー部分との接触の様子も近くで見られるんですよ(え?誰も見たくない?)。

中環の攊山大厦(手へん無し)と置地廣場をつなげる通路に居ると、
ひっきりなしにやって来るトラムを 大きなガラス越しに眺めていられる。
金鐘の金鐘廊と太古廣場をつなげる連絡通路や 銅鑼灣の円形歩道橋も、そう。
街なかにある連絡通路や空中回廊は 買い物ついでに利用できるので、
便利さと、トラムや2階建てバスを間近に見下ろす楽しさとの 両方を兼ねていて。



e0248743_6514718.jpg


e0248743_6521592.jpg


e0248743_15421927.jpg


e0248743_15425399.jpg




距離が長めの連絡通路や空中回廊だと、雰囲気の違う2つのエリアを結ぶことも。

中環のフェリー埠頭からIFCへ入る青い鉄骨の連絡通路からは、
昼も夜も 中環の高層ビル群や 刻々と変化していく湾岸エリアの様子を眺められる。
そのままIFCへ入ってハイブランドのモールを抜けると、西へ向かう空中回廊のスタート。
上環方面へ長く続く空中回廊(中區行人天橋)は、
洗練されたお洒落なエリアと 昔ながらのゴチャッとしたエリアとを結びます。
回廊の途中から中環側へ下りる通路が何本もあるので、好みのエリアへスマートに移動。

灣仔のフェリー埠頭から空中回廊を抜けて街なかに近い謝斐道へ下りるのも、そう。
のんびりぶらぶらと歩くだけで(もちろん足早にでもいいけど:笑)、
雰囲気の違うエリアをいとも簡単に結んでしまうって、香港ならではじゃないかなぁ。
人混みや歩行者信号待ちで進みにくい下の道を歩くより、速さと景色に恵まれた方法かも。



e0248743_773757.jpg


e0248743_7885.jpg


e0248743_783381.jpg




低過ぎず高過ぎもしない連絡通路や空中回廊から、下や遠くの景色まで眺める楽しみ。
しかも、通行人が多くないぶん、思う存分遊んでいられる場所。
ただの移動手段だけではなく、自分なりのビューポイントを持っていたら、
歩くことは苦にならないと思います。
というか、
ウチだと歩いて移動する時に「せっかくだからアソコを歩こう」と選ぶことが多い(ひまじん)。
それがいつのまにか、自分の定点観測場所になることも多いんですよ。

香港島側にも九龍側にも、そんな連絡通路や空中回廊が何ヶ所もある香港。
地図(香港街道地方指南や通用乗車地圖など)の中にはグレーの線で載っていますが、
都心部だけでなく 数多いので、関係しそうな場所を見て選んでみるのもいいかと。

自分が好む “ 少し上からのビューポイント ” を持っていると、
歩いての移動が 退屈になりませんよ。

よろしければ、帰って来たカエルくんを1クリックして下さい。006.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-09-16 07:51 | 香港ふうけい | Comments(24)

秋の匂い in おらが町  &  包まれたい匂い in 香港

晩夏があっという間に初秋に変わり、気づけば初秋も本格的な秋に。
栗・サツマイモ・カボチャ が旬の食べ物ですねぇ。
スーパーのパン&お菓子コーナーは茶色系のパッケージで染まってて、
栗・サツマイモ・カボチャの餡や風味を加えた商品がいっぱい。
食欲の秋!もう、どんどん片っぱしから食べてます。控えるという事なんてあり得ない。

魚だとサンマですね。
夕方になって秋刀魚を焼く匂いなんかが漂ってきたら いいんだけどな。
「秋刀魚を焼く匂いがしてきました~」だなんて、そんな都合よくブログに書けはしない(笑)。
祖母が健在だった頃は、いつも七輪で焼いてくれたんだけどな。



e0248743_15563413.jpg




ウチだと、まさに今の【秋の匂い】は “ 稲穂の匂い ” です。
夕方近くに 家の裏を歩いていたり帰宅したりすると、
もう、ほんと、稲の香ばしい匂いが漂ってて、「秋っ!!」という感じ。
ウチは田舎なので周りに田んぼが多く、秋になると こういう匂いは風物詩。

「夕方近く」と書いたけれど ( ↑ ) 、午後遅く~夕方で、風の穏やかな日だと良いんです。
天気が良いと午前中~午後にかけて太陽の光で稲穂が温められて(煎るような感じ)、
熱せられた稲穂が、ふだんよりも匂いを振りまくんですよ。

田んぼの横のアスファルトの道から覗きこんでても匂うけど、もっと近づいた方がいい。
田と田の間にある 細い土のあぜ道 まで降りて、稲穂に両側から挟まれるように立つと、
稲が風を受けてざわめく音と 香ばしい匂いと 懐かしい記憶 に、思いきり包まれます。

そのあぜ道にしゃがんで稲穂の間に身体をすっぽり入れてしまうと もっと良い。
ときどき通る帰宅途中の高校生に怪しまれて “ 危ないヒト ” になっちゃうので、
右見て左見て、高校生が来ないか確かめてしゃがむことが大事です。
まぁ、左右キョロキョロ見ながらしゃがんでること自体が すでにすごく怪しいんだけど。。。



e0248743_16123327.jpg


e0248743_16125618.jpg




頭の上でトンボが群舞する稲穂の中で吸い込む(食べる) 秋の匂い(旬のごちそう)。

もうしばらくすると 稲穂の頭が垂れるようになってきて、漂う匂いがまた変わる。
刈り入れのコンバインの音がやんだ後は、藁(わら)を干す匂いに。
さらに何日か経つと、干した藁や もみ殻 を燃やす匂いに。
匂いで季節が伝わる時だけは、「田舎に住んでて良かった」と思うかな。(「だけ」です:笑)



e0248743_16202196.jpg


e0248743_16204742.jpg




で、香港。
四季がほとんど無い香港だと、匂いで秋を感じることって 少ないかなぁ。
どうなんだろう?
乾物屋の店先で干してるハムユイ(咸魚)は けっこう強めの匂いで、晩秋~冬ならでは。
みかんの皮を干して作る陳皮は、よほど近付かないと匂わないかも。
屋台の 焼き芋&焼き栗 の匂いは、まさに食欲を直撃する罪な匂い。
こういうのは、香港の秋~冬の 季節便り だと思うなぁ。

でも、香港には 旬のものじゃなくても、1年中楽しめる魅力的な匂いがありますよね。

スターフェリー(天星小輪)の下層階に漂う エンジンオイルや床のワックスの匂い。
街市や乾物街に近付くだけで寄せてくる 肉・野菜・果物・魚・乾物が混ざった匂い。
スコールのような雨が上がった後に地面から立ちのぼる アスファルトや石の匂い。
廟(お寺)の近くや中に入った時に包んでもらえる ぐるぐる線香から生まれる匂い。



e0248743_16315441.jpg




香港の匂い・・・他にもありましたっけ・・・あぁ、ありそう・・・。
思い出せないけど、あれだけ何でもある香港だもの、まだきっとあるぞ。

包まれに行きたい。

香港の事よりも、おらが町のローカルな秋の匂いを延々と書いてしまった。
あまりにも個人的な(いつも個人的なマイナー内容で偏ってるやん)ブログだけど、
「旬のものは旬のうちにね」・・・ということで、まぁ良しとしましょう(してください:笑)。

今日は、旬の物に負けるカエルくん。
珍しく(初めてかも) 稲穂くん ですが クリックをよろしくお願いします。043.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-09-11 17:03 | 香港ふうけい | Comments(24)

足元で待っててくれる香港 と 記念撮影

香港に里帰りする時、靴は何を履いて行くといいだろう?
ドレスアップする靴じゃなくて、思う存分 街歩きを楽しむための靴。



e0248743_120221.jpg




滞在中に雨天続きのこともあるし、日に何度かスコールのような雨が降ることもあります。
雨の香港は決して嫌いなわけじゃなく、むしろ、それもいいなと思う事が多々あり。
降ったら降ったで情緒が倍増する場所があるし、
雨の日ならではの明かりや光のマジックを撮り残せるし。
楽しみかたはいろいろあると思っています。

だけど少しだけ気になるのは、雨天時の足元。
靴、どうしたって濡れますものねぇ。
冬の時期だったらまったく気にしないけれど、長雨の季節~台風シーズンに訪港予定だと、
「何を履いて行ったらええやろ?」と毎回迷って。



e0248743_126503.jpg


e0248743_127447.jpg


e0248743_16102928.jpg


e0248743_916577.jpg


e0248743_1282032.jpg


e0248743_1285480.jpg




混み合う街中や長めの距離を サンダル履きで歩くのは、ちょっと勇気が要る。
かといって、普通のスニーカーだと、雨に濡れた場合に乾きにくくて困ることも。
・・・ならば ということで、近年よく履いて行くのがメッシュ生地のスニーカー。
思いきり濡れてもホテルの部屋で一晩置いておけば朝には乾いているし、
暑くて湿気が多い日が続いても、通気性が良いから快適だし。
サンダルのように軽いのに サンダルよりも足を守ってくれるので、
6~10月の訪港だったら よく履いて行きます。

何度か使って個人的に良かったのは、NIKEのAirFly。
履いていることを忘れるくらいの軽さなので街歩きがしやすくて、
滞在中とにかく歩き倒すウチにとっては 軽さ&乾きやすさを兼ね備えている便利な1足。

そう、香港に出かけるなら、やっぱり歩いて楽しまなくちゃね。
歩いてると見えるものや、歩いてるから楽しめることって、香港にはたくさんありますもん。



e0248743_12591080.jpg


e0248743_16123585.jpg


e0248743_12594075.jpg


e0248743_130589.jpg


e0248743_1303495.jpg


e0248743_15224048.jpg




今月号のFRaUは、香港特集でかなりのページを割いて、充実度120% 。
ビギナーさんにもリピーターさんにも嬉しい内容が、てんこ盛りで詰め込まれています。
「こんな楽しみ方してみたいなぁ。やっぱり香港って行きたくなるよね。」
・・・と、ココロを揺さぶられてしまうテキスト&アイデア&写真の数々。
取材・編集に関わったスタッフさん達の香港愛が伝わるので、
“ 情報誌 ” だけに留まらない魅力に溢れているというか、
読み手の気持ちに触れてくるというか。

FRaU表紙に謳われている【あがる香港!】という、まさに あがるタイトル。
その第一章は【歩いてあがる香港!】。
冒頭のP38には、池上千恵さんのこんな言葉が載っています。
     【  「あれなに?」と思ったら見に行っちゃおう。
        いい匂いがしてきたら買い食いしちゃおう。
        香港の町は、歩くからこそできる+α がたくさん。
        シューズのひもをきゅっと締めて、さぁ歩け歩け!
  】
優しく大きな手のひらで背中を押してもらえる嬉しい4行(Web だと3行ですが:笑)。

次回の里帰りでも、この4行そのままで毎日過ごしていきたいな。
気に入ってるAirFlyには靴ひもが無いんだけど(笑)、サクッと履いて+αと出会いたい。



e0248743_13402866.jpg


e0248743_13412595.jpg


e0248743_13421968.jpg


e0248743_1343939.jpg




訪港中にけっこう写真を撮るけれど、なぜだか自分達を撮ることがありません。
代わりに・・・というのもヘンだけど、足元を撮ったスナップ写真が多い。
足元だけだったらどこでも出来ちゃうので、 “ 香港ならではの何か ” と一緒に。

乗り物や乗車記号と一緒に。
地下を伝う配線・配管の標示と一緒に。
道路名や地区名表示の文字と一緒に・・・etc。

足元で待っててくれる香港 と 記念撮影。



e0248743_14422225.jpg


e0248743_14425180.jpg


e0248743_16224454.jpg


e0248743_1614337.jpg


e0248743_14431714.jpg


e0248743_14433958.jpg


e0248743_1626487.jpg




顔の代わりに、足元を。 風景の代わりに、足元の香港らしい何かを。
レンズを向ける対象が少し違うだけで、やっぱり観光客ならではの記念写真。
“ 今ここに確かに居られること ” の嬉しさと、
この年この季節に どの靴と一緒だったかの覚え書きを兼ねての何枚か。
自分にはお約束のこの撮影も、なるほど歩いてなければ出来ませんね(意味が違う:笑)。

次の里帰りでは、どの靴と どこを歩こうか?
【 歩くからこそできる+α 】 が待っててくれる街町へ連れて行く靴を 楽しく選ぼう。
やっぱり、きゅっとしめられるひもがあるシューズがいいかな。

カエルくんをクリックしていただけると嬉しいです。060.gif070.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
   
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-09-07 16:30 | 香港ふうけい | Comments(24)

チョンキンマンション(重慶大厦)の カレー

香港にいくつもあるショッピングモールや、街市の熟食市場(市場内の食堂街)。
フードコートには、アジアを中心にして いろいろな国の店が。
日本のフードコートではお目にかかれない物があるし、
日本で食べるアジア料理のように口当たり良くアレンジされてないことも多いから、
容赦のない味に出会えることも時々あって、食べ甲斐があるんじゃないかな。

インディアンは、モールだったらほとんどのフードコートで見かけると思います。
どうしてだろう?・・・香港の経緯が関係してか、単に親しみやすいからか・・・。
北インド系も、南インド系も、足して2で割ったミックス型もなんでも許されてて(笑)、
カリーもお米も揚げ物類も お店によってそれぞれの味だから、楽しめます。



e0248743_15401324.jpg




とある年、「チョンキンマンション(重慶大厦)へカレーを食べに行こう。」という日、
何度か散策したGFや1階(日本で言う2階)ではなく、
上層階の店へ入ろうと決めて、エレベーターで上がりました。

待っててもなかなか来ない とか やっと乗れても定員いっぱいで窮屈 とか聞いていた通り。
乗ったら乗ったでインド系のお兄ちゃん達の視線を 痛いほど全身に感じて。
インド系&アラブ系の商店で調味料を買う時も、理由のない勇気が少し要るんです(笑)。
「え? なに? なに? 僕の顔、なんか付いてる?」みたいな気になる。



e0248743_15471988.jpg


e0248743_22174392.jpg


e0248743_22182346.jpg


e0248743_1548245.jpg




向こうの皆さん、目ヂカラ強く感じませんか?
大きな目をしてらっしゃって、目が合うと凝視されちゃってるような印象。
どう言うんだろう・・・、
日本人だったら、もう少し互いの距離を意識して遠慮がちに見るんじゃない?
という場面でも、おかまいなしの直球で視線が飛んでくるような。

濃い眉毛の下で開いてる目は、とっても優しくてきれいなんですよねぇ。
子どもの純真な瞳を そのまま大人が授かってるような。
だから邪念がなくて(邪念って:笑)直球で飛んでくる。
なあんて思ってても、“目ヂカラ光線”を浴びちゃうと「す・す・すみませんでした!」と降参。



e0248743_15594472.jpg




そんな中、スローエレベーターはすっごく面倒くさそうに上昇して、7階に到着。
のろのろ開いた扉を お兄ちゃんの一人が押さえてくれてて、廊下へ出ました。
「ありがとう。」 
「・・・・・・無言・・・・・・(見開いたままの目でニヤッ)・・・・・・。」

「おぉぉぉ~節電中かい?」みたいな、照明を抑えた店内に入ってのランチ。
太太が大好きな ひよこ豆のカレー をはじめ、何品かいただいて満足満足。
初めて入ったこのお店で、注文前にいきなり渡されたVIPゴールドカード!!(笑)
メニュー表示額から わずかに数ドルおまけしてもらえた価格で、お会計。
お店に入れば、黙っててもみんなに配られるステキなVIPカードです(笑)。
・・・というか、正確に言うと、
チョンキンマンション入口奥に常にザクザク置いてあって、勝手に取って行けるカード。



e0248743_16252742.jpg


e0248743_16255214.jpg




ギンギンに冷えた店内から廊下へ出て、すぐに包まれるのは生温かい空気と何かの匂い。
しばらくして乗れる状態でやって来たエレベーターに乗り、
狭い箱の中で、もわっとした空気と あの皆さんに囲まれて、ガガガと閉まる扉。
「ん、途中で止まってる?あ?動いてる?」みたいなスロースピードで、じらされつつ下降。
GFに到着して扉が開くと、どよ~んとした外気が溜まってるロビーに出られました。
うっすら何の汗?・・・カレーのせい?・・・ もわん → どよ~ん の空気のせい?・・・。

ドキドキした後のカレーはとても美味しいことが分かったし、
優しく穏やかな人々に囲まれて戻った後の ぬる~い外気は 懐かしいことが分かった。

そんなことを知ったチョンキンマンション上階のカレー体験。
VIPカードを 全種類 残さず取って来てる太太は、「また行きたい。」と。
だから僕も、「また行こう。」と。



e0248743_16403462.jpg




今日は★★回目の誕生日。
またひとつ歳をとることが出来た自分。
もしも自分らしく歳を重ねられるなら、それは誰でもきっと嬉しいこと。
いくつになっても、汗をかきながらカレーを食べられる自分でいたいです。

BirthdayポチでカエルくんをクリックしていただけるとHappyです。056.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-09-01 17:13 | 香港たべもの | Comments(28)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

♫ きらさん お疲れ様..
by hongkonggaffe at 20:53
今日は朝から電車に振り回..
by きら at 23:27
♫ きらさん 檸檬咖啡..
by hongkonggaffe at 18:12
おはようございます。瞬間..
by きら at 08:04
♫ きらさん 飛んで来..
by hongkonggaffe at 18:04
ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ