タグ:石塘咀 ( 20 ) タグの人気記事

お店の袋に惹かれたり 生命物のことが気になったり

ブログを通して仲良くさせていただいている 大の香港迷の たまさん が、
買い物をした際の “ 店の袋 ” のコレクションの一部を記事に載せていらっしゃいました。
そのコレクションが、もう、どれも素敵で。 ( こちら

ずっと一途に、香港と香港に暮らす人々に温かな想いを向け続けてらっしゃる たまさん。
持ち帰られている袋は、多岐にわたります。
G.O.D ・ 上海灘 ・ Citysuper ・ 蓮香樓 などなどはもとより、
國貨有限公司 ・ 甜品舗 ・ 書店 ・ 涼果舗 ・ 茶行 ・ 文具店 ・・・などなど、
「 うわぁ この袋ええなぁ 」 と、琴線に触れるものばかり。
ちょうどウチも年末掃除や片付けをして 貯めてた袋を整理したタイミングだったので、
「そう、こういう素敵な袋類って、捨てられないんだよねぇ~。」 と ただただ共感。
たまさんがお持ちの袋の魅力には届かないけど、整頓した袋の束を大事に仕舞いました。



e0248743_9253169.jpg


e0248743_9255930.jpg




「あぁ~この袋いいよねぇ~」って感じちゃうのは、やっぱり理屈なんて無いような。。。
どんなところが好みのツボに入るの?・・・と尋ねられても、自分じゃ上手く言えないなぁ。
魅力を感じるのだから、きっと何か目を引く部分があるからなんだろうけど。

「理屈なんて無いような」 ( ↑ ) と思いながらも あらためて見てみると、
惹かれるのは、そりゃぁやっぱり袋のデザイン。
絵や文字の色とか字体とかに くすぐられるのかなぁ。

色も字体も、ありそうで無い独特な柔らかさや可愛らしさ。
ましてや、そんな袋を手にした時のエピソードが印象深ければ、
魅力はますます大きくなっちゃって、とてもじゃないけど捨てられない(笑)。



e0248743_9451165.jpg


e0248743_9471628.jpg


e0248743_9473671.jpg


e0248743_9475763.jpg




店の袋にもいろんな種類があるけれど、
ウチはパン屋(麵飽餅店)で手に入れた小さなビニール袋も何枚かとってあります。
先日整理した時も、昔の百貨店の包装紙とパン屋の袋がいちばん多かったかも。
ツボにはまる包装紙を使ってた百貨店は どこも姿を消してしまったけど、
パン屋の多くは まだ現役で商っているのでコレクション進行中。

初めて入ったパン屋の袋は、朝食後に裏返して洗い、お持ち帰りしています。
近年は、未使用の同じ袋をもう1枚余分にもらう方法を考えついた(笑)ので、
“ 魅力度MAX ” の袋の場合は 未使用袋 &使用済み袋 の2枚を持ち帰って来たりも。

滞在している間の朝食は、ローカルパン屋で調達することが多いウチ。
朝が基本的にパン食で、ときどき 粢飯 ・ 盅飯 ・ 出前一丁 ・ 炒麺 で気分転換するだけ。
ローカルパン屋のビニール袋とは、切っても切れない縁があって(笑)。

コレクションのきっかけになったパン屋の名前は忘れてしまいましたが、
石塘咀の小さなパン屋 【 生命物麺飽西餅 】 の袋を持ち帰って以来、
パン屋の袋に描いてあるキャラクターや模様を意識するようになったような気がします。
パン屋の袋だと「色や字体がすごく良いから」・・・とまではいかないんだけど、
必ずプリントされてる キャラクター ・ 当て字 ・ 模様 が色々あるから面白くて。



e0248743_1065987.jpg


e0248743_1091891.jpg




上環のホテルに居ても石塘咀まで てくてく散歩しながら買いに行く生命物。
このたび移転することになったようです。

深い香港愛を持って かなりの回数で訪港し続けていらっしゃる 杏♪ さん、
いつも素敵な滞在の様子や旬な香港情報をブログに載せて下さっています。 ( こちら
杏♪さんがとても気に入ってて、すっかり贔屓のパン屋にしてらっしゃる生命物。
いつ どの時間帯 に覗いてみても客足が絶えない人気店だけど、
地価や店舗代の高騰から余儀なくされる閉店(結業)じゃなくて、移転でホッとひと安心。
杏♪さんが撮って来て下さった施工中の新店舗は、現店舗の7軒隣りという近さです。

ただ・・・。
すでにお目見えしてる部分を見る限りだと、
現店舗の魅力的な店名デザイン(色の配色)が変わっちゃってるかな?
年月を経て身に纏ってた店内外の使い込まれた味が無くなるのは仕方がないことだけど、
店名の看板が再現されなかったのは少し残念だなぁ(一介の旅行客の勝手な想い)。
で・・・ビニール袋のデザインも変わるのかなぁ。
新たな袋になるのかどうか、ちょっと気になるけれど、
まぁ、どちらになっても通い続けたい1軒に変わりはありません。



e0248743_11135475.jpg




・・・と、店舗や袋のデザインよりも肝心なのは、やっぱりお味。
そりゃあ、味は第一ですものね。

10月の訪港で、いつものように買い求めたエッグタルト(蛋撻)。
今までずっと食べ続けてきたフィリングの味が、変わったような気が。。。
フィリング部分の厚みも薄くなった気がして、
そのぶん受け皿のクッキー生地も高さが低くなったような。。。

僕より味覚がちゃんとしてる太太も同じことを言っていたから、
食い意地が張ってる自分だからそう思っただけ・・・でも無いような気がするんだけどなぁ。
焼き手や厨房の機械や経費のかけ方など、どれか一つで変わるでしょうし。



e0248743_11342940.jpg


e0248743_11345334.jpg




新店舗になることで、きっと何かしら変化がある生命物。
今と変わらず 多くのお客に支持される小さなパン屋でありますように。
・・・・・・お店の袋のことから生命物の話に飛んでしまった・・・・・・。
とりとめのない話。。。ですが、カエルくんをクリックして頂けると励みになります。012.gif

にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-12-28 12:32 | 香港ざっか | Comments(10)

見慣れた場所に 見慣れない物を見つけた時  ~ 変わる街の光景 ~

上環が終点だったMTRが堅尼地城まで延長開通されて、早いもので1年が経ちます。
1年経つのに いまだになんだか違和感を感じちゃうのは、
ウチが日常をここで暮らす住人じゃなくて旅行者だから なんだろうな。
西區(上環よりも西の地区)にMTRが走ってること自体に、なんだか慣れない。

小さな事だけど、街のあちこちに駅の方向を示す表示板が立っている事も不思議な光景。
・・・乾物屋街(海味街)の中に表示板?(西營盤駅用)
・・・石塘咀の高架線の下にも表示板?(香港大学駅用)
・・・トラム終点の卑路乍街にも表示板?(堅尼地城駅用)
「 う~ん・・・ここにMTRマークかぁ・・・なんかヘンやなぁ・・・・」
ずっと見慣れてきた街並みの中に 見慣れない表示板がニョキッと立ってるのは、
いまだに違和感があって(笑)・・・頭のカタイ自分。



e0248743_9415320.jpg


e0248743_9423987.jpg




見慣れない物が出現するだけじゃなく、
そのために見慣れていた物が消えて無くなってるというのも、これまた不自然。
石塘咀街市の手前に建ってた古いアパートとカラフルアパートが、そう。
古いアパートが跡形もなく消えてて、カラフルアパートのまわりも変わってしまいました。

道のカーブはそのままだし、道路の黄色い停車禁止ラインもそのまま。
だけど、古いアパートが消えて大きく空いたままの空間。
人が出入りする気配なんてまるでなかった場所に、
人々が常に出入りしてる駅の出入り口があるのだから、
やっぱり見慣れない光景に不思議な感じがして。。。



e0248743_1002382.jpg

   ↓      ↓      ↓
e0248743_101577.jpg




色が印象的なカラフルアパートと言えば、とても好きな場所がもう1ヶ所あります。
そう、こちらはまだ残っててくれて「あります」だから、「ありました」の過去形ではなくて。
それはホテルLBPの真ん前、皇后大道西と荷李活道が繋がる場所。
乾物屋が仲良く並んでる古いアパートです。
ふだん店を開けて商ってる時間帯は何も感じないのだけれど、
この店たちがシャッターを閉めていると カラフルな色が並ぶのです。



e0248743_1083492.jpg


e0248743_1085837.jpg


e0248743_1091960.jpg


e0248743_1094327.jpg




このアパート、1棟のアパートじゃなくて、
まるでそれぞれが別々に建てられて寄せ集められたように でこぼこしてます。
古いアパートって、壁は灰色一色のことが多いけど、
こちらのアパートは、1棟1棟の壁の色が微妙に違う。
薄いピンク ・ ミントグリーン ・ グレー ・ オフホワイト ・ ベージュ など、いろいろ。

寄せ集めのパッチワークのような壁を足元で引き締めているのが、シャッターと間口の色。
ブラウン ・ オレンジ ・ イエロー ・ グレー ・ ホワイト ・・・
さらに、シャッターの造りとデザインが違うから、開け閉めの方法もそれぞれ。

そうしたこれら全体の美しさは シャッターが閉じられた時に映えるので、
朝~開店時間までや 定休日の日曜が、いちばんの観賞タイム。
LBPに滞在してた時にこのパッチワークに気付いて以来、
早朝散歩を終えてホテルに戻る時、これを観賞するのが楽しみのひとつになりました。

アパートには、それぞれの部屋ごとに、人の暮らしがある。
色と形が違うように、その数ぶんだけ別々の家庭が違う日常を営んでいる。
だから、どれも同じ色同じ造りにされてしまったアパートよりも、こちらの方が味わいがある。
なのに、けっしてバラバラじゃなくて、個を持ちながらも互いに肩寄せあって建っている。
・・・そんな古いアパート ( だろうなと思って惹かれる:笑 ) 。



e0248743_1043121.jpg




ここを通りかかると、観賞タイムが楽しみなこのアパート、
先日見に行ってみた時は、竹で組まれた足場とネットに覆われていました。
あらら、どうしたんだい?どうかなっちゃうのか?

ネットには垂れ幕がかかってて、 “ 樓宇維修綜合支援計劃 ” の文字が。。。
文章を正しく理解できない僕、推測しかできないけど、
“ 建物の修理 ・ 手入れなどに関わる面で、行政側が援助していくプロジェクト ” なの?
正しく理解できないから、あかんね~。

もしそうだとしたら、住人にとって何よりの事だといいな・・・と思います。
それぞれの色形のように違う、それぞれの暮らしが守られると良いな・・・と。
で、
できることなら、
その象徴のようなこのパッチワークの味も、何らかの方法で残ってて欲しいな・・・とも。
勝手なことを想いつつ、ネットの向こう側にあるパッチワークを目に焼き付けてきました。



e0248743_10574832.jpg


e0248743_10582252.jpg




MTRの表示板と駅の出入り口、手入れが始められている古いアパート。
建物が変わり、街の光景が変わる。
見慣れた物が消え、見慣れない物が出現した時、
そこに暮らす人々にとって、より良いものになっていれば なによりですよね。
だったら、
「う~ん・・・なんかヘンやなぁ・・・。」
なんて思ってちゃぁおかしいよね、、、と思いつつの散歩でした。

カエルくんをリックして頂けると嬉しいです。039.gif

にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-12-06 11:20 | 香港ふうけい | Comments(10)

香港でニコニコお仕事中の くまモン宣伝本部長

察して下さっている方もいらっしゃるかもしれないけれど、
ここ数回、冬の香港に触れる記事が続いてて。
おらが町でも暖かい日々が多くなってきたので、書き残せるのも そろそろおしまい。
冬が旬の食べ物(食べ物に偏るあたりが自分だけど)をいくつか書いてきました。
屋台の焼きイモ → 蕃薯苗の豆苗 → 坤記や四季での煲仔飯。
気付いてみれば、おやつ → 副菜 → 主食・主菜 という感じになってました。
となると、次に出るのは・・・・・・デザート。

石塘咀は、香港島の上環よりもずっと西の街。
上環のホテルに滞在している間は、石塘咀のパン屋(麵飽餅店)へも たびたび行きます。
上環からトラムに乗れば、駅6ヶ所ぶんほど。
そう思っちゃうと距離がずいぶん長いように感じるけれど(たしかに短くはない)、
楽しくキョロキョロしつつ向かっていると、退屈せずに歩いて行けちゃう街。
トラムに乗る代わりに1本山側の皇后大道西をトコトコ西へ歩けば、
美味しいローカルパンを売ってくれる生命物麺飽西餅が。



e0248743_742391.jpg


e0248743_745399.jpg




いつも賑わう生命物、
味や食感も、香港の朝ならではの店内の忙しなさも、店の袋 (これ) も気に入ってて。
ここで朝食用のパンを買い求めてホテルへ戻ったり、
向かいの歩道左手にあるベンチで、人々やバスを眺めながら食べたり。
ウチにとっては、お腹もココロも満たされる朝 を提供してくれるパン屋です。

その生命物の真向かい(つまりベンチの西側)に石塘咀街市(市場)があるのですが、
入口に、ほぼ露店状態になってる果物屋が1軒。
朝7時くらいになると、ご夫婦らしきおじいちゃんとおばあちゃんが台車を押して現れて、
果物が山と積まれたその台車を歩道に停め、荷解きしずに そのまま立ち去ります。



e0248743_713474.jpg




歩道の真ん中に、当たり前のように放置された台車。
こういう部分って、じつに香港ですね。
こんな状態、国によっては台車の果物を持ち去ってしまう輩もいるだろうに、
何の心配もなく、何の心配もされず、台車ごとそのまま置かれてて。

朝活(夜明け前後の早朝散歩)をしていると、
開店前に配送された食品や新聞がシャッターの前に積まれているのをあちこちで見ます。
朝活エリアだけでなく、他の街に早々と出掛けて歩いてても、よく見る光景。
まだ閉まってる花屋のシャッター前に、花々が山となって積まれてたことがありますが、
色鮮やかな花たちが灰色のシャッターを彩ってる様子が、その街の印象になったことも。

果物屋の台車も3~40分ほど放置されてて、
その後に現れる若いご夫婦(お子さん夫妻?)が荷を下ろして、開店準備を始めます。



e0248743_7321117.jpg




アジア各国の果物が入った段ボールには、国名と品名が。
その中に、日本からやってきたイチゴを見かけることもありました。
日本産のイチゴは、ことのほか甘く瑞々しく人気(人気=高級品)があるようです。
なのにやっぱり歩道に放置で大丈夫なんだね?(笑)
「香港ってやっぱり良いね」って、なんだかニコニコしちゃう事実。

ニコニコしていると言えば、この前出会ったのは イチゴを大々的に売り出してた くまモン。
蕃薯苗で「今年の豆苗入荷しました!」の 貼り紙 を見かけた後に、
数軒隣りのケーキ屋で「熊本県産のイチゴのケーキだよ~!」と、ニコニコお仕事中でした。



e0248743_8184832.jpg


e0248743_819113.jpg




苺とよく似た字の「莓」、ケーキを表す「蛋糕」、最初の「瀛」は海を意味する文字だそう。
漢字に挟まれている「の」は、きっと意味は無く、香港ではよく見かける「の」。
日本を連想させるためにキャッチフレーズや品名・店名に使われることが多い1文字です。
「の」が入ってることで「日本の物(or日本が関連してる物)=安心&高級品」みたいな。
この1文字だけ、左右の字と なぜか字体が違うのも、どこでも共通するお決まり。(笑)
日本産だったり日本を連想させたりする品は、香港で今でも人気があるようですね。

北角の繁華街で営業活動中だった くまモン。
くまモンというキャラクターをすでに知ってる香港人だったら、イチゴとの関係を知り、
イチゴが好きな香港人だったら、くまモンというキャラクターを知り、
イメージってそんな繋がり方をしていくんでしょう。
くまモンとイチゴの関係を香港人が知る横で、くまモンの仕事ぶりを知る日本人(僕)。
「はるばる日本から海外出張に来て、しっかり仕事してるんだね。お疲れ様。」と。

ちなみに、くまモンが宣伝本部長になってアピールしている熊本県産のイチゴ、
このイチゴを使っているらしきケーキは、他のよりも少々お高い価格でしたよ。
くまモンの出演料と出張旅費も入ってる価格だろうけど、手厚くもてなされているようです。

香港の冬の旬シリーズ、 “ おやつ → 副菜 → 主食 → デザート ” と続きました。
イチゴが旬の果物かどうかは・・・う~ん・・・ちょっと微妙なところだけど、
焼きイモ ・豆苗 ・ 煲仔飯 と並んで日本のイチゴが定着したら、なんだか嬉しいな。
香港で日本人が歓迎してもらえるような昨今の流れに 重なり合うようにさえ見えました。
くまモンとの距離が一気に縮まったこえだに、カエルくんのクリックを頂けると嬉しいです。016.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2015-03-22 09:39 | 香港たべもの | Comments(8)

石塘咀のホテルの窓辺で

外賣した朝食を部屋で摂り終えて、
食後のジュースを。

このところ、ジュースと言えば、
ハマっているのは、パック入りのブラックカラントジュース。
身体にも良さげですし、甘いのですけれども、スッキリしています。
コンビニの棚にもありますが、
毎朝のように好んで飲むので、
超級市場(スーパーマーケット)の中で、まとめてパック買いして、
部屋で小分けして、冷蔵庫に何本か入れて冷やしてあります。
ホテルの部屋で外の景色を見ながら、ゆっくり味わいます。



e0248743_7325552.jpg




部屋と言えば、
一般的には「ハーバービューの部屋」が人気だったりしますよね。
たしかに昼間、ホテルの部屋から眺め楽しむ分には、
開放的だったり、海行く船などの様子を楽しめます。
ただ、
夜になると、対岸にイルミネーションでもない限り、一層真っ暗になってしまうので、
やや面白みがないかも・・・。

ウチは、朝部屋を出たら、夜まで帰って来ないので、
ハーバービューよりもシティービュー(?)の方が好みです。
近くにある民家の様子も身近に感じられて味わいがありますし、
道行く人々やクルマの様子が見られて。

この日の朝、ブラックカラントジュースを飲みながら眺めていたのは、
唐樓やマンション群などの間を縫うように走る高架線。
自動車専用道路をクルマたちが駆け抜けていきます。

香港島の中腹辺りから、海岸近くに向かって、
下ってくるように伸びてきている自動車道は、
けっこうな角度で坂道を作っていました。



e0248743_7405592.jpg


e0248743_741881.jpg


e0248743_7412212.jpg




一車線のみのその坂道をタクシーやミニバスが疾走してきます。
眺めていたら、それらのクルマに混じって、2階建ての路線バスも。

路線バスのコースになっているようで、次々と走ってくるのですが、
バスなのにかなりのスピードで下り道のカーブを曲がってきます。
小ぶりなタクシーやミニバスとそんなに変わらないスピード。

日本のバスのゆったりさとは大きく異なる香港バスは、
まるでジェットコースターのごとく坂道を曲がっていくのでした。
香港の乗り物って、ゆっくりしていても、早さがあっても、
どれも楽しくて、遊園地のアトラクションのように感じますよね。(笑)
この路線のバスも、けっこうな楽しさ・・・いや、楽しいというよりも怖い。
・・・やっぱり、香港の道路や乗り物は、ちょっとしたアトラクションのようです。
乗っているというよりも、眺めているだけの方が心臓には良さそうなアトラクション。(笑)

005.gif

カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-10-11 07:48 | 香港ふうけい | Comments(16)

アーカイブ・・・ムーヴィング イルミネーション

b0201935_19204541.jpg




カイタック空港が1998年7月に閉鎖され、
チェクラプコク新空港が開港されて以降、
香港島の巨大なネオンサインやイルミネーションたちが、
一斉に動くようになったね。
動かなかった時の方が、なんだか、威厳を感じたけれど。(笑)

都会の煌びやかな灯りたちは、
街に施された、賑やかなお化粧だろうけれど、
昔から変わることなく、動きまたたく灯りといえば、
バスやクルマたちの、ウインカーやヘッドランプ・テールランプ。
相当な数だし。

ことのほか、
車内を明るくしたまま走り切る香港のバスは、
その台数や、多様な路線などを想像すると、
ビルのネオンサインやイルミネーションたちにも劣らない存在感だよね。



b0201935_19293449.jpg



072.gif


いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-04-20 16:15 | 香港のりもの | Comments(2)

アーカイブ・・・食事する…とはオーダーしていないうちに

b0201935_20581021.jpg




ふぅ~、ねえ、とってもおなかが空いたね。
今夜の夕食は、さて、どこで何にしようかね。
7時を過ぎると、混み合って来るだろうしね。

今回見つけたお気に入りの店で、
早めに何か食べて、夜をゆっくり過ごそうか、
・・・ということで、入った茶餐廳。

ドアを開けて入る時から、
すでにおなかぺこぺこの状態が、
二人の仕草や表情に表れていたのかな。

壁のメニュー書きや、
卓上の表を見るより早く、
すぐさまテーブルにポーンと置かれた、スプーンとフォーク。

はいはい(笑)、それでは、
スプーンとフォークを使って食べるものでもオーダーしましょうか。
サーヴィス迅速過ぎの茶餐廳でした。(笑)


                                                           005.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-04-05 21:10 | 香港ご商売 | Comments(4)

アーカイブ・・・お初にお目にかかりました

b0201935_2049232.jpg




ふだん使うスニーカーは、
毎訪港のたびに、香港で買い求めます。
だから、
滞在中は、2足のスニーカーを交互に使います。

突然の雨だと、すぐに濡れてしまうけれど、
もう1足があるし、
メッシュのエア・フライだと、
一晩、ホテルの部屋に脱いでおけば、
朝までには、キッチリ乾いてくれます。

怖いもの知らずで、使い倒して来ていますが、
信号待ちで、初めての路面表示とご対面。

「小心地滑」ならば、よく出会うし、自宅にもあるのですが、
「小心路滑」には、初遭遇~。
英語表記も異なっていて、
「Caution Wet Floor」ならぬ「Caution Surfuce Slippery」とな。。。

香港出身のスニーカーも、
里帰りをした先で、
香港ならではの表示とご対面で、嬉しそう(?)でした。


                                                          071.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-04-05 20:59 | 香港ふうけい | Comments(0)

毎朝かよって収集したセブンイレブンのシール ~パディントンベアとお姉さんの記憶~

訪港したその期間、
香港のセブンイレブン(七仔)では、
たびたび展開されるプレゼントキャンペーンの期間中でした。

この時のキャンペーンは、パディントンベアが集められるというもの。

印花収集咭という、シールを貼る応募用紙に、
20$のお買い上げごとに1枚(40$なら3枚)もらえるシールを貼っていき、
シールが14枚集まると、
パディントンベアが1つ入った袋を1個その場でもらえるというキャンペーン。



e0248743_726068.jpg


e0248743_7261761.jpg




ベアは全部で9種類用意されています。
1つ1つ袋に入っていて、外からは中身が見えない仕組みなので、
どんなベアが手元に来るか分かりませんし、
同じ種類のベアが重複することもあり得ました。

それでもとにかく手に入れたかった、このパディントンベア。
「いい大人が・・・」と思われても平気なくらい、いい顔をした可愛いベアだったのです。

ホテル近くのセブンイレブンに、滞在中は毎朝のようにかよいましたから、
店の店員のお姉さんに、すっかり顔を覚えられちゃいました。
「ベアめあてに、いつも維他奶vitasoyと咖啡とパンを買って行く日本人のおじさん。」
そんなふうに、インプットされてしまったのでしょう。(笑)
12日間の滞在の中で、
すっかり朝の常連客になってしまった僕。



e0248743_7334857.jpg


e0248743_7335824.jpg




ベアの入った袋をもらうと、いつもその場で袋を破って中身のベアを確認する僕。
店員さんも、「今日はどんなベアが出て来たの?」と、興味があるご様子。

以前出てきたベアと異なるタイプのベアが袋から出てくるのを見ると、
一緒になって微笑んで喜んでくれましたし、
人気のあるアジアシリーズのベアが手に入ると、
満面の笑顔で拍手をしてくれました。
僕がお金を支払ったあと、
ベアの袋をたくさんストックしてある棚の中から、お姉さんが1つ取り出してくれる時には、
おめあての新しいタイプのベアが当たるように・・・と、
おまじないをしてくれるようにもなりました。

滞在も最終日に近くなったある日の朝、
「今日はここに来れるラストの日なんです。今日まで毎日ありがとう。」
と、お礼のあいさつをしました。
「さみしいわ。いつも来てくれて、沢山のベアを手に入れてくれて、ありがとう。」
と、お姉さんは英語で言い、
握手をして、お別れをしました。



e0248743_742491.jpg


e0248743_7431538.jpg




今でもウチの部屋の棚に飾ってあるパディントンベアたちには、
こんなふうにしてお店にかよった思い出と、
お姉さんとコミュニケーションを交わした記憶とが、込められています。

次の訪港時も、何かいいものがもらえるキャンペーンをしているといいなあ・・・
そして、
またあのセブンイレブン石塘咀店で、
お姉さんと笑顔でコミュニケーション出来るといいなあ・・・
と、
そんなことを思いながら、香港行きを探っています。



006.gif

いらしてくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2013-01-25 07:52 | 香港ざっか | Comments(24)

アーカイブ・・・どうぞ想像してみてください(笑)

b0201935_19134994.jpg




今夜の夕食は、ホテルの部屋で…。
…この気分になること、多々あり。(笑)

今回のホテル近くで、
ご贔屓にしている3軒のお店で、
それぞれアツアツを外賈にしたよ。

僕は、盅飯の北菇雞飯と、時菜の空心菜を。
太太は、カニカマ入りの練りもの入り米線を。
途中で見かけた八方雲集で、二人で分け合える餃子も。

器の中身を想像して味わってみたい方は、
次の写真をご覧になるのをご遠慮くださいね。(笑)




あ、見ちゃってよろしいですか?
なんでもない、質素な外賈の晩ご飯ですよ~。





b0201935_1920734.jpg




おそまつさまでした。。。


028.gif

カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-09-09 11:17 | 香港たべもの | Comments(2)

アーカイブ・・・バトンタッチから生まれる歩道上の露天

b0201935_20505225.jpg




雨の日も、曇りの日も、
早朝、
上半身裸のおじいちゃんと、裸足につっかけのおばあちゃんとが、
でっかい台車に、
二人の姿が見えなくなるほどの段ボール箱を山積みにして、
運び押してくる。

街市の真ん前の歩道までやってくると、
歩道のど真ん中に、山のような台車をそのまま置いて、
どこかへ消えていく。
きっと、朝食をとりにでも、いったん家路につくのだろうね。

さまざまな言語で表記された段ボール箱に入っているのは、
ありとあらゆる果物類。
南国特有の果物のみならず、
日本の文字が入った箱の中には、
柿や梨なども、ぎっしりと詰まっている。

箱詰めされた果物の入っている段ボールの山が、台車ごと。
お二人が、重そうに押してきた台車に積まれた荷は、
けっこう人通りが多い街市の正面の歩道に、でんと据え置かれたまま、
威圧感を伴って佇んでいる。

歩道を通り行く人々は、
誰も台車や箱を見ないし、見とがめもしない。
積み荷の果物たちは、何一つ動かされないし、無くなりもしない。
毎朝の日常の光景らしい。



b0201935_2112082.jpg




小1時間あたりを散歩して、再び街市の前まで来ると、
今度は、またまた歩道を占拠して、
若いご夫婦が、果物かごを手際よく制作している真っ最中。

さきほどの、おじいちゃん・おばあちゃんの子ども夫婦なのかな。
もう、
台車も、山のような積み荷も、あとかたも無く消えていて、
代わりに、果物かごが次々に生まれている。

雨が降ってくると、
街市の入り口のお店のタープを借りて伸ばして、商品を囲う。
忙しくとも逞しいご商売の一端が、毎朝垣間見える街市前の歩道。


                                        023.gif

カエルくんをクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by hongkonggaffe | 2012-08-28 11:33 | 香港ご商売 | Comments(2)


「暮らすように滞在していたい」 と思いながら里帰りする香港の日々。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ここまでに。
at 2016-04-19 16:50
香港で創ろう  ~ Made..
at 2016-04-19 04:28
敬う場所に飾り付けられた 美..
at 2016-04-15 22:50
渦巻き線香と廟の中の男性 の..
at 2016-04-10 22:15
信仰の場所に寄り添う樹木たち..
at 2016-04-06 22:37
「今日の食事はちょっと屋外で..
at 2016-04-03 22:17
里帰りから戻る時は 新聞に遊..
at 2016-03-29 22:21
亀ゼリーの食べ方ひとつを い..
at 2016-03-25 23:09
時を越えて 海を越えて 元朗..
at 2016-03-20 17:43
トラムは走る広告塔 ときどき..
at 2016-03-16 18:35
「サジュネン!!」 ぶんの 誇り
at 2016-03-10 21:11
乗り物で海に近付き 歩いてビ..
at 2016-03-01 13:55
“ ならでは ” のものがき..
at 2016-02-24 21:50
「 洗濯物はクリーニング店に..
at 2016-02-20 22:19
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-16 03:05
緊急時に駆けつけるお仕事 そ..
at 2016-02-12 07:24
里帰りのカバン
at 2016-02-08 06:15
旧正月(春節)の香港は どん..
at 2016-02-03 18:21
店舗や街灯の上に広がる 暗く..
at 2016-01-30 18:18
街角で聴ける楽器の音色  ~..
at 2016-01-26 19:05

エキブロ以外のお仲間さんブログ

こえだガッフェ
香港ビエン子☆鼻煙壺
chintauはなぜか香港に魅かれます
太太の香港☆宝箱
kobe_buuのブログ
叉焼飯飯店
こぶたの休息
たまさんの旅行記
keipandaさんの旅行記
taroトラベルさんの旅行記
風のように唄い 水面に漂うように遊ぶ
i-Styleの花仕事日記
La table de Starferry
家常便飯日記
Beautiful Life
ちゅうから大好き♪
1007系でGo!
香港之旅
4週間の公屋生活
Beautiful Life 2
☆毎日がスタートライン☆
A Trip to World
食いしん坊猫~私の大切な香港のお気に入りたち~
Always Love Hong Kong
我好鍾意香港2
Shangri-la's Note
親愛的朋友Part2
ゆらゆらと・・
香港ライフファイル
香港から親愛的朋友!!
香港のおいしい食卓

香港
♫・・・トリップアドバイザーさんのお薦めブロガーにご紹介頂きました。 ♫・・・フォートラベルさんのホームページ右欄で、「香港のおすすめブログ」としてリンク掲載していただきました。 ★★★フォートラベル
香港旅行・ホテルのクチコミ
香港 旅行

フォロー中のブログ

台湾永住日誌&育児
いつの間にか20年
ONE DAY
別冊・Hachiの香港ニ...
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
おいしいおみやげ
クラルスの横浜・元町中華...
香港*芝麻緑豆
ちびこずだいありぃ
香港日々探検日記
HONGKONGLOG-...
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
菜譜子的香港家常 ~何も...
lei's nihong...
アジアな休日♪
koedagaffe分店...
コグマの気持ち
冬菇亭
マリコ・ポーロの東方見聞録
香港貧乏旅日記 時々レス...
デジカメ日誌
黄昏のHKから
香港人夫と香港ビビりロー...
カシタニだより in香港
終生学習日記  Beau...
HONGKONGLOG

最新のコメント

おはようございます。瞬間..
by きら at 08:04
♫ きらさん 飛んで来..
by hongkonggaffe at 18:04
ありゃ、分かりにくい所で..
by きら at 08:58
♫ きらさん さすがで..
by hongkonggaffe at 23:01
滾水蛋(クァンスィガイ..
by きら at 11:44
♫ 10月31日15;1..
by hongkonggaffe at 22:51
♫ 9月17日3:24の..
by hongkonggaffe at 17:32
♫ 7月22日17:44..
by hongkonggaffe at 10:17
♫ 7月10日9:07の..
by hongkonggaffe at 20:33
♫ 7月9日20:05の..
by hongkonggaffe at 18:34
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 07:02
♫ 29日22:14の鍵..
by hongkonggaffe at 23:26
♫ 6月29日20:11..
by hongkonggaffe at 21:48
♫ kironecoさん..
by hongkonggaffe at 17:20
♫ 6月19日18:39..
by hongkonggaffe at 17:11
こんばんは。 初めまし..
by kironeco at 22:50
♫ 5月24日06:00..
by hongkonggaffe at 11:27
♫ 6日23:36の鍵コ..
by hongkonggaffe at 10:34
♫ 6日9:22の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 19:59
♫ 6日7:13の鍵コメ..
by hongkonggaffe at 15:14

記事ランキング

タグ

(227)
(163)
(128)
(96)
(88)
(73)
(71)
(70)
(65)
(57)
(51)
(51)
(51)
(47)
(45)
(37)
(23)
(22)
(22)
(20)

カテゴリ

ごあいさつ
自宅で香港
香港のりもの
香港ふうけい
香港たべもの
香港のみもの
香港ご商売
香港ざっか
香港くうこう
香港シリーズ

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

画像一覧

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ